スポンサードリンク

不思議なグラスやラーメンケーキなどパーティーを盛り上げるアイデア

2013年12月9日(月) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「パーティー盛り上げます」というテーマで、
クリスマスパーティーや忘年会のシーズンですが、
家でパーティーを盛り上げてくれるアイデアの紹介でした。
落としても割れないグラスや、花びらのようにパッと開くキャンドル、
デザートにラーメンとメンチカツ・・・?のケーキなど、
驚きのアイデアでパーティーがさらに盛り上がるアイデアグッズです。

@  shupua(シュプア)
シリコーンでできた柔らかくて割れない透明グラス 

普通のグラスに見えますが、シリコーン製のクラスなので曲がります。
柔らかいので、握って水割りを混ぜることができたり、
熱を通しにくいので、お湯割りでも熱くありません。
熱に強いので、電子レンジも使えます。
洗う時に傷がつきにくく、割れにいですし、
倒しても割れないグラスなので、アウトドアやお花見にも活躍します。
シリコーンは透明なまま固めるのは難しい素材で、
固めると、色が濁ってしうそうです。
専門のメーカーが苦労を重ねて研究した結果、
透明な輝きを保つグラスを作ることに成功しました。
まちかど情報室ではシリコーンはよく登場しますね。
シリコーンのグラス、手触りと飲み心地を試してみたいです。
by カエレバ

【問い合わせ先】 信越ポリマー株式会社 TEL:0120−711−867 

A  ドリームキャンドル デラックス
花火とクリスマスソングを奏でながら、花びらが開いて回転するキャンドル
花の形をしたキャンドルで、とがった先は花火です。
火をつけるときれいな火花とクリスマスソングを楽しめます。
中の8本の小さなローソクがパッと開いて
キャンドルの花が咲いたように回転します。
中央には雪だるまやサンタクロースが乗っています。
パッと開くのを楽しめるのは1回限りですが、
みんなで炎を吹き消し、最後はフォトスタンドとして使えます。
パーティーで撮った思い出の一枚を飾ておくといいですね。
開く瞬間のドキドキ感に、お子さんたちも大喜びです。
by カエレバ

【問い合わせ先】 株式会社田中務補(かねすけ)商店 TEL:078−681−4517 

B まちのくまさん“食堂シリーズ”ラーメンケーキ
ラーメンケーキ.JPG
本物のラーメンそっくりに作られたケーキです。

自宅で忘年会ということで、豪華な料理がたくさん並んでいました。
最後はデザートでシメということで、出てきたのは・・・、
ラーメンとメンチカツ、ジョッキに入ったビールでした。
実は全部お菓子でできていました。

ラーメンの透明なスープは紅茶ゼリー。
麺は、栗とかぼちゃのモンブラン。
メンマはりんごで、卵は杏仁豆腐です。

メンチカツは、衣がクッキーで中身はチーズケーキ。
ビールはりんごゼリーで、黒ビールは珈琲ゼリーです。

群馬県にあるケーキ屋の店長さんが、
朝ごはんにもラーメンという位ラーメン好きで、
試しにラーメンのケーキを作って店に置いたそうです。
それが人気となって、今では茶碗蒸しのケーキや
ざるそばのケーキまで、ショーウィンドウに並んでいます。
いったい何のお店やら・・・?
不思議なケーキ、私も見てみたいし食べてみたいです。

“まちのくまさん”の記事
“まちのくまさん”の紹介をしているサイト「ぐらんぼ」

【問い合わせ先】 手づくりお菓子 まちのくまさん  TEL:027−353−9035 

今年のイルミネーション情報

NHKニュースおはよう日本「けさの知りたい」のコーナーで、
全国のクリスマス イルミネーションを紹介していました。

全国で300箇所以上もイルミネーションは行われているそうです。
私の住む街でも毎年すごく綺麗なイルミネーションが見られます。
「アルプスあづみの公園」です。今年は11/3から、2013年1/6(日)まで。



●札幌

イルミネーションのさきがけとなったのは、
札幌市の「さっぽろホワイトイルミネーション」です。
昭和56年に1本のクリスマスツリーのイルミネーションを点灯、
雪とマッチして街並みが幻想的に彩られ、大評判だったそうです。
イルミネーションの始まりはたった1本のクリスマスツリーだったんですね。

今回で32回目を迎えた「さっぽろホワイトイルミネーション」
大通会場・・2012年11月22日(木)〜2012年12月25日(火)
駅前通り会場・・2012年11月22日(木)〜2013年2月11日(月・祝)
南一条通り会場・・2012年11月22日(木)〜2013年2月14日(木)

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンでは、2012年11月15日(木)から12月25日(火)まで、
クリスマス イベントを開催
広場一面が約28万個のLED照明で敷き詰められていて、
宇宙の広がりを作り出しているそうです。
スターライトガーデン 2012」の点灯時間は、17:00〜23:00

カレッタ汐留

ビルの壁をスクリーンに見立てて
クリスマスの映像が映し出されています。
メルヘンチックで可愛らしい演出です。
カレッタ汐留のクリスマスイルミネーション 
11月15日にも一度紹介しています。

ハウステンボス

最も多くの電球を使っているのが、長崎のハウステンボスだそうです。
ハウステンボス 光の王国では、
「クリスタルブルーウェーブ」と「レインボーフラワーガーデン」など
1000万個のイルミネーションで世界最大の光の祭典のようです。

輪島・白米千枚田あぜのきらめき

石川県能登半島では、1000枚の棚田をライトアップしているそうです。
田んぼのあぜに30000個のキャンドルを並べ、
幻想的な夜の千枚田を浮かび上がらせています。
開催期間は、2012年11月10日〜2013年2月17日

目黒川みんなのイルミネーション

春は桜の名所、東京の目黒川のイルミネーション
ピンクの桜のイルミネーションが可憐な花のように美しいです。
イルミネーションの桜並木、見ごたえあります。
点灯期間は、2012年11月16日(金)〜12月25日(火)17時〜22時 無料

なばなの里

珍しい「水上イルミネーション」、
幅5m、長さ120mの光の川のイルミネーションは日本最大級だそうです。
日の出を迎えた富士山のイルミネーション「朝焼けの富士山」や、
虹が動いていく7色のイルミネーション「希望の虹」など、大スケールです。
2012年11月3日 〜 2013年3月31日  21時まで

●仙台

SENDAI光のページェント
仙台市の希望の灯りとなっています。

昨年は、大震災でイルミネーションが流されてしまったそうですが、
「東京 表参道イルミネーション」や「大館市シャイニングストリート」など、
様々な団体から届いたイルミネーションで開催できたそうです。

今年は、
2012年12月7日(金)〜12月31日(月)まで。

・表参道イルミネーション 2012年11月1日(木)〜2012年12月25日(火)
・大館市シャイニングストリート 2012年12月1日(土)〜2013年1月14日(月)


以上、夜空を彩る華やかなイルミネーションの最新事情でした。


自宅の庭にも、カラフルなLEDのイルミネーション素敵に飾ってみたいですね。

手軽にクリスマスを華やかに彩るアイデアグッズ

2012年 11月29日(木) 

NHKニュースおはよう日本の今朝の紅葉は、奈良市の正暦寺(しょうりゃくじ)からの中継でした。
境内の3000本のかえでが色づき、「錦の里」と呼ばれるそうですが、紅葉が見ごろを迎えていました。正暦寺の紅葉を見るとっておきの場所も紹介していました。
福寿院です。客殿に上がることができ、そこから庭と山の紅葉を見ることが出来ます。
座敷から眺めると、山の紅葉を借景にした庭の風景は、まるで絵のようでした。

さて、今朝のまちかど情報室は、「すてきに飾ろう! クリスマス!」というテーマでした。
ハロウィンが終わると街はクリスマスに向けての準備が始まります。
鹿島アナウンサーのお宅でも、もうすでにクリスマスを飾っているそうです。
そこで、手軽にクリスマスを華やかに彩るアイデアグッズの紹介でした。

@ Lovi クリスマスツリー
フィンランドの白樺の木を使った組立て式のクリスマスツリー

【楽天】lovi(ロヴィ) 白樺のクリスマスツリー グリーン 30cm

木の形に切った板が6枚あります。
それを順にはめていくとツリーになります。
茂った木の感じが出ています。
素材は、サンタクロースの出身地フィンランド産の白樺です。
白樺の木は縁起が良いと言われているそうです。
ツリーに手作りオーナメントを飾れば、クリスマスツリーの完成です。
クリスマスが終わったら、また元の6枚に分解すれば平らに収納できます。

まちかど情報室では60cmのツリーを紹介していました。
Lovi (ロビ) / クリスマスツリー 60cm 16,800円
グリーンは30cmと60cmの2種類ですが、
ホワイトなら120cmの大きなツリーもあります。
価格は67,200円でした。
ホームページから購入できます。

【問い合わせ先】 株式会社アルコデザイン TEL:06−6448−5880

A paper wreath
特殊なフィルムでできたロマンチックなひいらぎのクリスマスリース

ヒイラギの葉が描かれている白くて丸いシート、
真ん中を山折りにして端をつなぐだけで、純白のリースができます。
素材はプラスチックから作られた特殊なフィルムなので、
折り曲げても、形が長持ちするそうです。
白も素敵なリースですが、色もつけられます。
水性絵の具や水性ペンで色を塗ればカラフルで綺麗です。
洗うこともできるので、来年も色付けをしたりして
毎年違った雰囲気に飾って楽むことができます。
使わないときには、シートに戻しておけるので収納も楽です。
色付けに失敗しても、消して塗りなおしがきくのもいいですね。

ポリプロピレン製のフィルム素材ででたひいらぎのリース
価格は¥3,990(税込)でした。
ひいらぎの他、月桂樹、山ぶどう、雪のリースがあります。

【問い合わせ先】 伊藤千織デザイン事務所 TEL:011−531−1717

B スノードーム美術館 ワークショップ
世界でひとつだけのスノードーム(フォトドーム)の作り方が学べる教室

クリスマス飾りの定番でもあるスノードーム、
オリジナルのスノードームの作り方を教えてくれる教室の紹介でした。
何も入っていない空っぽのスノードームの底を開けてみると、
真ん中に空間があります。その空間に、好きな形に切った紙や布などに、
好きなフィルムやビーズとかを貼って重ねていきます。
何枚も重ねていきますが、ペタっとしてしまうと遠近感が出ないので、
少しずつ間を空けるようにするのがポイントだそうです。
そうするとドームの中に入れた時に立体的に見えるようになります。
中に入れてみると、飾りが大きく見えて綺麗でした。
このドームはクリスマス以外でも、それぞれの季節毎のイメージで作ることもできます。
夏の海のイメージ、旅行先の思い出の写真など、いろいろな楽しみ方ができます。
オールシーズン飾って楽しむことができるのがいいですね。

【問い合わせ先】 特定非営利活動法人 日本スノードーム協会  TEL:03−5433−0081

クリスマスの飾り付けを家族で楽しむグッズ

2009年 12月15日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、函館沿岸に自生するガゴメ昆布についてのニュースがありました。ガゴメ昆布は私は始めて聞きましたが、成分がすごいです。ガゴメ昆布の粘りの中に、お肌をしっとりさせたり、高血圧を予防する効果のある成分が豊富に含まれているそうです。ガゴメ昆布は、だしが出ないため、利用価値のない昆布とされていたそうです。しかし豊富な成分が含まれているのが分かり、ガゴメ昆布の製品は100種類以上も発売され、函館を代表する特産品になりました。ガゴメ昆布の研究は、北海道大学と函館市、そして地元企業が連携して6年前から製品の基礎となる研究をしてきました。その成果が認められ、5年間で15億円の補助金を、今年度から国から受けていましたが、政府の事業仕分けで廃止と判断されてしまったようです。補助金では、ガゴメ昆布の他、ヒジキの仲間のウガノモクなどの海藻の研究もし、メタボリックシンドロームに効果のある食品や医薬品を開発することになっていました。国の支援がなくなると、研究にブレーキがかかり、函館市の発展にも影響しそうでした。また廃止となると、47名の研究員の雇用問題も深刻化してきました。事業仕分けで、無駄をなくすのはとっても素晴らしい思っていますが、このようなニュースを聞くたびに心が痛みます。

ガゴメ昆布商品一覧

さて今朝のまちかど情報室は、「これでハッピー!ホーム クリスマス」というテーマで、クリスマスの飾り付けを家族で楽しむグッズの紹介でした。

@ マジックスノー

【とけない雪の魔法!楽しみ方色々!】不思議なマジックスノー
マジックスノーは、本物の雪にそっくりなパウダーです。吸水性の高い成分で作られた白い粉を、水に入れてかき混ぜると、およそ1分でフワフワした雪になります。ツリーにはもちろん、カラフルなライトに上にこの雪を盛り付けても綺麗でした。マジックスノーの雪は体に害はありませんが、口にはいれないようにとのことでした。

A ソーラーイルミネーションライト

【エコ商品】ソーラー充電・自動点灯・消灯★ソーラーイルミネーションライト/クリスマスライト...
ソーラーイルミネーションライトは、ライトアップしても、太陽光パネルで発電するので電気代がいりません。バッテリーに日中作られた電気が貯えられ、暗くなって発電量が減ると自動で点灯します。1セットに100個のLEDが付いていて、フル充電するとおよそ12時間も点灯しているそうです。クリスマスのイルミネーションはやってみたかったのですが、電気代の事を考えると今まで出来ずじまいでしたが、今年はソーラーイルミネーションライトで私も庭や玄関を飾ってみたくなりました。

B クリスマスツリー植林
もみの木に似た赤エゾ松でクリスマスツリーを飾って楽しみますが、このツリーは根がついたままなんです。クリスマスで使ったツリーを、北海道苫小牧市にある森に植林しようという取り組みが、去年から木材会社が始めました。「クリスマスツリー植林2009」は、伐採が進みさら地のまま放置された場所が目立つので、赤えぞ松は60年でおよそ20メートルに成長すると言われているので、植林して木を育てようというものです。ツリーは、クリスマスが済んだ12月26日に業者が回収して保存し、来年の6月に植林されるそうです。根がついているので、そのまま自宅の庭に植えてもいいそうです。

お問い合わせ : 物林株式会社
電話 : 0144-84-4156(イコロの森)
URL : http://www.ikor-no-mori.com/free/


Ferretアクセス解析