スポンサードリンク

お彼岸のお墓参りなどに役立つアイデア

2015年3月10日(火) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「もうすぐ 春のお彼岸」というテーマで、
お墓参りなどに行かれる人に役立つアイデアが紹介されました。
もうすぐ春のお彼岸です。
今年は来週の水曜日、3月18日が彼岸の入りだそうです。

@ 大源香
ロウが塗ってあり点火しやすいお線香 
お墓参りに行って、お線香に火をつけたいのに、
風でなかなか火がつかないときがあります。
そこで風が強くても火がつきやすいお線香の紹介でした。
先の方の色が少し濃くなっているのは、
火がつきやすいように先端にロウが塗ってあるからです。
さらに、お線香の束の真ん中が窪んでいるので、
中までしっかり燃やすことができます。

楽天 ⇒ 大源香
Amazon ⇒ 大源香

【問い合わせ先】 株式会社日本香堂 TEL:03−3973−7768 

A ポタリン(Potterin)
仏具がひとまとめになった一輪挿し
仏壇がなくても供養できるアイデアです。
普段は写真にお花を手向ける
一輪挿しとして使うことができます。
供養するときには、上の部分を外すと、
中に必要な仏具がセットになって入っています。
ロウソク、お線香立て、おりん、
おりんを鳴らす木の丸い枠、
これらが中にきちんと収納できます。
使わない時は、一輪挿しに戻してお花を飾れます。

楽天 ⇒ オールインワン仏具 ポタリン
Amazon ⇒ ちいさなオールインワン仏具 Sottoシリーズ ポタリン
カラーは、金色、銀色、ピンクゴールドの3色あります。

考えたのは、仏具の生産が盛んな富山県、
高岡市にある老舗のメーカーです。
仏壇をおかない家が増え、出荷が減少したため、
コンパクトな仏具を作れば、
きちんと供養ができるようになるのでは
と思いついたそうです。

【問い合わせ先】 瀬尾製作所株式会社 TEL:0766−63−5000 

B 法燈・法の明かり(おきりこみ麺)
般若心経が印刷された麺
ご先祖様の供養にお供えするものは、
地元産の野菜や果物と、白い御札。
この御札は、食べることができます。
般若心経が書かれた幅の広い麺で、
群馬県の郷土料理の「おっ切り込み」用の麺です。
麺に印刷された般若心経の文字は、
煮込んでも字が消えません。

群馬県の郷土料理店の社長のアイデアです。
幅の広い麺にお経を書いたら、
法事の会食や仏壇へのお供えものになるのではと考えたそうです。

インクは竹の炭とカラメル色素などを使って、
食べても安全なインクを開発しました。
煮込んでも溶けて消えてしまわないように工夫もしました。
手作業でお経の文字が欠けていないか、
1つ1つ確認して出荷しているとのことでした。

法燈・法の明かりの詳細・ご購入はこちら

【問い合わせ先】 株式会社新田乃庄 TEL:0276−37−4711 

お彼岸の供養の時に便利なアイデアグッズ

2011年 9月15日(木) 

今朝のNHKニュースおはよう日本で、谷崎潤一郎が1960年のノーベル文学賞の最終候補の1人に残っていたというニュースがありました。文学賞を選ぶのは、スウェーデンの学術団体「スウェーデン・アカデミー」ですが、昨日の14日に開示したことで明らかになったようです。最終選考の対象となる5人の作家の中に、日本の谷崎潤一郎が入っていたのですが、欧米の候補と比べると表現力が少しおちるということで選ばれなかったそうです。谷崎潤一郎は結局1965年に亡くなるまで、ノーベル賞を受賞できませんでした。日本人初の受賞者となったのは、川端康成でした。3年後のことでした。1960年には、谷崎潤一郎の他に英文学者の西脇順三郎も、この年の候補の中に入っていたそうです。
  

2011年 9月15日(木) まちかど情報室


今朝のまちかど情報室は、「お彼岸 供養の時に」というテーマで、お墓参りのときや、お家で手を合わせるときに役立つグッズの紹介でした。お彼岸が近づいてきましたが、江崎史恵アナウンサーはお墓参り行く予定だそうです。今日紹介したお線香持って行かれるかもしれませんね。

@ 新香こうねん

火がつきやすいよう工夫された線香

お彼岸にはお墓参りを欠かせないというご夫妻、風が強いとお線香に火をつけるのが大変と、今回用意したのがこの“新香こうねん”というお線香です。束になった線香の先に紐がはさみこまれています。導火線が付いていたんです。この紐に火をつけると、ロウが塗られていて、ゆっくりと燃え続け、真ん中にある紐からお線香に満遍なく火が行き渡ります。火が着いた後は、この紐をはずして落とせばいいです。「少々の風でも簡単には消えません。」と奥様が、そしてご主人は、「いいもんができたなあと思っています。世の中、長生きせにゃいかんなと思いました。」とコメントされていました。

【問い合わせ先】 新香  TEL:0799−84−1900

A 安心のろうそく

お盆に 安心のろうそく...

お盆に 安心のろうそく...
価格:3,129円(税込、送料別)


火を使わない電子の炎で倒れても安心なLEDを使ったろうそく

毎朝仏壇に手を合わせているという母と娘さん親子、火を灯した後その場を離れると、火事になったりしないかとろうそくの火が心配でした。そこで使っていたのが、ろうそくの形をしたこの灯り、LEDを使った灯明でした。先端の炎の部分にあたる所を押すと、あかりが灯ります。消す時も同じ所を押すだけでワンタッチでした。中のLEDの色は、ろうそくを思わせる炎に近い温かみのある色で、単三電池2本で点灯させることができます。「ちょっとご先祖様に申し訳ないかなと思いましたけれど、使っていくうちにすごく便利で安心致します。」とお母様がコメントされていました。大阪のお寺の納骨堂でも、ご住職がいないとき限定で、安全のためにLEDを使った灯明を使っているそうです。

アマゾンは送料無料です。


【問い合わせ先】 旭電機化成 株式会社
TEL:06−6976−1371 http://www.smile-asahi.co.jp/

B 彩歌 はつしも&わかな

色合いが変えられる、家具調モダン仏壇

都内のマンションに暮らしている女性、和室の部屋が無いので、リビングにあうような仏壇を探していたそうです。そして見つけたのは、見た目は家具のように見えましたが、扉を開けるとモダンな仏壇でした。さらに工夫があって、扉や引き出しの所に模様のついた、色の異なるパネルが入っていて、裏返すとまったく違う雰囲気になりました。別で売られているパネルまで含めると色は6種類ありますので、家の雰囲気に合わせて変えることができます。季節毎に変えることもできますね。「これから秋に向けてまたブラウンに変えてみたりとか、そんなに大きくなくて、目立たなくて溶け込んだ感じで気に入っています。」と女性がコメントされていました。




【問い合わせ先】 株式会社 八木研
TEL:0120−596910 http://www.yagiken.co.jp/

お彼岸にお墓参り、便利グッズの紹介

2009年 9月14日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、雇用情勢が益々厳しさを増している中、仕事を求めている人たちに就活スーツを無料で貸し出している所があるというニュースを放送していました。
7月の完全失業率は、5.7%と過去最悪だったそうです。
また完全失業者も359万人に上っているそうです。
そんな中、面接に着て行くスーツを買うことができずに困っている人がかなりいるようです。
そういった人たちを支援する取り組みが始まり、
NPOの育て上げネットでは、無償で就活スーツを貸し出しています。
およそ3000着あるスーツは、企業からの寄付ではなく、全国の家庭から送られてきた物だそうです。スーツが買えなく、正社員を諦めている人もいました。
育て上げネットの理事長は、
「本人の能力、やる気とか、働きたい気持ちとは関係のない、スーツという物質的なところで、面接に通らない人がいるのは、社会にとって大きな損失ではないか?」お仰っていました。
スーツを借りたい人は、NPO「育て上げ」ネットへアクセスしてください。
スーツの寄付に関しては、保管場所が無くなったため、寄付の受付は見合わせているそうです。

さて今朝のまちかど情報室は、「お墓参り 手助けします」というテーマで、お墓参りに役に立ちそうなアイデア製品の紹介でした。
来週お彼岸で連休も重なりますので、お墓参りに行く人も多いかもしれませんね。

@ お墓洗浄器 ご供養さん お墓掃除専用の洗浄機

大容量ポータブル内圧洗浄器NEWご供養さん

先祖のご供養のお墓参り、でもお墓の掃除は、たわしではなかなか溝など細かい所まで綺麗にすることができないし、磨きにくくて、お困りではありませんか?
また水汲み場まで何度も水を汲みに行くのも一苦労ですよね。
でもご供養さんなら、タンクに7リットルの水を入れられ、お墓の隅々まで綺麗にすることができます。肩から下げられるので、持ち運びも楽そうでした。
ご供養さんのてっぺんに付いているハンドルを上下させて、圧力をかけ、手元のボタンを押すと水が勢いよく出てきます。
ブラシは細長くて柔らかい素材なので、溝の汚れをしっかり落とせます。また柔らかいので、墓石を傷つける心配がありません。お墓掃除が楽になったそうです。

A ご先祖まいり お線香専用の着火器

お線香を一束まるごと約20秒で着火 線香着火器「ご先祖まいり」

お墓参りで、お線香が風で着火しなかったり、均等に火が点かなかったりと、なかなか火が点けられなくて困った事ってありませんか?
ご先祖まいりなら、簡単に着火できます。
お線香を人束さして、スイッチを押すと満遍なく火を点けることができるんですよ。
燃料はガスで、中の網を熱するしくみとなっていましたので、線香が燃えすぎることもありません。

B 故人の好物シリーズ お供え物の形をしたロウソク

本物そっくりのワンカップ大関のローソク 故人の好物シリーズ

お墓参りに来たお嬢さん二人が、カップ酒とお団子をお供えしていました。
実はこのお供え物、本物そっくりにできたろうそくだったんです。
お墓が汚れなくてすむお供え物として、今年6月に発売されましたが、発売から3ヶ月で10万個以上売れている人気商品なんだそうです。
ビール好きの故人には、ジョッキに入った生ビール、お寿司やコーヒーなど7種類あるようです。
本物をお供えすると、カラスや猫などに荒らされるので、これならお墓も汚れなくていいですとお嬢さんが仰っていました。

こうした便利なグッズを使うことによって、面倒くさがらずにお墓参りができるようになるといいですね。私もお墓参りに是非持って行って、お墓も隅々まで綺麗に洗って、お線香も手間取らずにサッと点けて、好物のビールとお寿司をお供えしようかな。

人生の最後を今から考えておきましょう

2009年 8月04日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本の 「暮らし最新事情」で、農家の女性達が工夫をこらした
野菜直売所を運営されていましたが、女性の力強さを感じて嬉しくなりました。
北海道函館市の郊外でのことですが、朝収穫したばかりの新鮮な野菜が並んでいる直売所には、試食用に野菜の料理が出されていました。 レシピまで作って配ってました。
この日のレシピは、ブロッコリーのナムルでしたが、ゆでたブロッコリーとすりおろしたにんにくをゴマ油であえたものでした。
この直売所は、近くの農家10件ほどが集まり運営しているそうですが、提案型直売所のアイデアを出した方は、4年前に埼玉県から嫁いで来られた女性でした。
無農薬、有機農法で栽培した、手間隙かけた野菜の美味しさを、消費者に知ってもらいたくていろいろ工夫されています。
野菜ソムリエを招き、それぞれの野菜の特徴や調理法、野菜が本来持っている栄養などの勉強会もしてました。
野菜ソムリエによると、スープが一番良いそうです。野菜をスープにすると、野菜から流れ出したビタミンが水に溶けているので栄養が詰まっているようです。
また、変わったところでは、にんじんの葉を使った料理でした。にんじんと、にんじんの葉を使って、てんぷらや、きんぴら、ツナ缶とマヨネーズであえたものなどの料理を試食に出していました。
もっと勉強して、お客様に提供できるといいっとおっしゃってましたが、私たち消費者も調理方法を教えてもらえて、試食もでき、レシピまでいただけるのはありがたい限りです。
料理の腕も上がりますし、にんじんの葉っぱのように普段捨ててしまうところも利用できて無駄なく野菜を食べることができますね。
こういう直売所という出会いの場を設けたことで、生産者と消費者の距離が縮まり、生産者にとっても消費者の生の声が聞きやすくなるので、双方にとってもいい取り組み方だと思いました。

さて今日のまちかど情報室は、「人生の最期に備えて」というテーマでしたが、生前に自分が世を去るときの準備をしておこうという人が増えているそうです。
映画 本木雅弘さん、広末涼子さんらの「おくりびと」の人気も後押ししているようで、さまざまなサービスが脚光をあびていました。

@ 装飾蒔絵ひつぎ
問い合わせ先 : 株式会社アリマツ
電話 : 099−255−6020

漆塗りで蒔絵の描かれた豪華な棺ですが、生前に自分の為の棺を購入する人からの注文が全国から結構あるそうです。
仏壇職人が丹念に装飾を仕上げていくこの装飾蒔絵ひつぎは、3種類の絵柄があり、値段は525,000円です。
テレビでは、還暦を迎え、人生の最後について考えるようになったという女性が、心の準備のために購入されていましたが、今は着物を入れる長持に使っていらっしゃいました。

A 死後の世界(著作者:高橋征宏さん)メッセージを伝えるフリーソフト
サイト名 : One Plus One(ワンプラスワン)
URL : http://www.yukibow.com/

家族に生前伝えられなかったことを、パソコンで伝えられるというものでした。
死後の世界のサイトからダウンロードできるフリーソフトで、まず家族などに伝えたい言葉を書き込みます。そして日数を入力。
その日数の間にパソコンが使われないと、死亡したとソフトが判断します。誰かが電源を入れるとメッセージが画面に表示されるというしくみでした。
いつ何があるか分からないですから、万が一の時が来ても、このサイトに家族や愛する人への思いを残しておくのも、とてもいいアイデアだと思いました。

B 葬儀生前予約「ありがとうを言うために」
問い合わせ先 : 帝都典禮(ていとてんれい)株式会社
電話 : 0120-191-002(24時間365日対応)
URL : http://www.39project.net/

生前に自分の葬儀を予約できるサービスです。
音楽葬、パーティー葬、自然葬など、自分で葬儀の打ち合わせをして、人生の最後を自分らしく終えたいと願う人が多いそうです。
式のスタイルや予算の見積りまで、本人の希望によって手配がされます。
子供たちに葬儀の手間をかけさせたくないとお考えの女性が、このサービスを利用して打ち合わせをしているところが放送されていました。
実際の葬儀の様子を、写真にして見せてもらっていました。この女性は 「最後の花道を自分で演出できるのか良い」とおっしゃっていましたが、
確かに自分でアイデアを凝らした、自分らしい葬儀を行えるのがいいと思いました。
このサ−ビスは、一度立てたプランの内容はいつでも変更できるそうですので、いろいろアイデアを考えだすのも楽しみの一つになりそうな気がしました。

団塊の世代の人々が還暦を迎え、第二の人生をスタートするにあたって、葬儀のことも考える風潮が高まっているそうです。


Ferretアクセス解析