スポンサードリンク

犬や猫を飼う時や健康管理に役立つアイデア

2015年1月21日(水) まちかど情報室

まちかど情報室のテーマは、「ペットに役立ちます」でした。
そこで犬や猫を飼う時や、ペットの健康管理に役立つアイデアが紹介されました。
ちなみに鈴木アナウンサーは犬派、小山アナウンサーはネコ派、
お2人ともペットを飼ってはいませんが将来は飼いたいそうです。

@ OPPO オッポ フードボウル
底が丸くなっているえさの容器 
犬は食事の時間が嬉しくて、餌をパクパク食べて
そのまま塊で吐いてしまうことがあります。
そこでゆっくり食べさせるアイデア器の紹介でした。
容器の底を丸くして、食べずらくしてあります。
食べるとき容器がグラグラ動き、
容器の中もデコボコしているので、
餌を一度にほうばりにくくなっています。

楽天 ⇒ オッポ フードボウル

しっかりかんで食べさせようとこの形に開発されました。
容器の中の餌を探しながら楽しんで食べるので、
犬にもストレスはないようです。
【問い合わせ先】 株式会社テラモト TEL:047−399−8855 

A にゃん☆ハウス
段ボールでつくったねこの家
家の中で猫を飼っていると運動不足でちょっと太めだったりします。
そこで、家の中で少し運動ができる猫専用の家が紹介されました。
ダンボール数枚のセットで、
点線に沿って穴を開け組み立てます。
猫は、高い場所や狭い所を好むので、
上ったり歩き回ったりして遊べます。

Amazon ⇒ にゃん☆ハウス

40kg程の重さまで耐えられるので3〜4匹乗っても大丈夫。
組み立て方で遊びもだんだん発展させられますし、
片付けも簡単にできていいアイデアだと思いました。
【問い合わせ先】 都賀町商工会   Mail:tsuga@cc9.ne.jp 

B 歩行補助ハーネス LaLaWalk
犬の体を支えてくれるハーネス
年をとってくると犬の健康が心配で、
足腰も弱ってきてお散歩も大変になります。
大型犬だと重くて抱っこもできないですが、
そんな時に便利なハーネスが紹介されました。

大型犬用からダックス用や小型犬用までサイズもいろいろあり、
デザインやカラーも豊富です。
楽天でバリエーションを見る⇒ 歩行補助ハーネス LaLaWalk

装着も簡単で、マジックテープで首と胴体に巻き付けるだけ。
取っ手を持ち上げれば、大型犬でも
片手で楽に立ち上がらせることができます。
柔らかい布とベルトで、犬の体をバランスよく
支えるように取り付けて歩きやすくなっています。
体に食い込まないので犬も苦しくないようです。

【問い合わせ先】 株式会社トンボ TEL:086−232−0368 
学生服を作っているメーカーが、
丈夫な服を作る専門の技術を生かして商品開発したとのことでした。

犬のフンを立ったまま手を汚さずにつかむアイデアグッズ

2014年4月25日(金) まちかど情報室  「クリーンでいいね! ― その3」

わんくりーん
犬のフンを立ったまま手を汚さずにつかめるグッズ

今朝のまちかど情報室のテーマは、「クリーンでいいね!」、
ということで、愛犬の散歩で糞をクリーンに始末できる
アイデアグッズの紹介でした。

愛犬とのお散歩は楽しいのですが、
できれば糞に触りたくないものです。
そこで犬のフンをつかむグッズが紹介されました。

棒を伸ばして、先端の穴に袋を押し込んで取り付けます。
レバーを引いて先端を開き、フンをつかむだけ。
袋の上から丸めれば、糞に触らずに持ち帰ることができます。
かがまなくてもいいので、腰の悪い人にも便利に使えます。


わんくり〜ん(本体)ペット お散歩グッズ

軽くて操作しやすく、バラバラのフンもいっぺんに取れ、
立ったまま使えるので重宝します。

福島県のメーカーと、福島県内の高等専門学校の
教授と学生が一緒に考えて作ったそうです。
最初は釣竿にコロコロのフタを取り付けたものを作りました。
それがコンテストに入賞し、製品化したとのことでした。

【問い合わせ先】 株式会社 ベストフレンド
 

ねこ寺 福井県越前市の御誕生寺の猫の動画

2012年 5月5日(金)こどもの日

NHKニュースおはよう日本で紹介していた”ねこ寺”のねこちゃんたちの動画をみつけました。

>>http://www.youtube.com/watch?v=q_P6Z7ieBJc

水曜日の放送で、猫好きの人に人気のお寺「御誕生寺」を知りました。
場所は福井県越前市、曹洞宗の寺院です。
御誕生寺(ごたんじょうじ)の住職さんが大の猫好きで、32匹もの猫がいて「猫寺」の愛称で知られています。

猫たちはとても人懐っこく、参拝客が”おいで”をすれば走ってくるし、すりすりして甘えるたりして、参拝者を癒やしてくれます。
23人の僧が日々修行に励んでいて、その読経が猫ちゃんの子守唄となっているようで、聞きながらスヤスヤ眠っていました。

寺で過ごす32匹の猫、実はお寺の前に捨てられていたり、事情により飼えなくなった猫を引き取ってお寺で飼っています。
最初は猫好きの住職さんが、お寺の前に捨てられていた4匹の子猫を飼い始めたのがきっかけだったそうです。
「次々と誰かが持ってきて、今30匹以上になっている。」と仰っていました。

修行僧たちが猫の世話をしています。境内の片隅にある猫の小屋も毎朝お掃除。
キャットフードを袋からエサの器に入れる時の、そのエサの音で一斉に集まってきます。
1日におよそ2キロのエサを食べるそうです。でも最近ちょっと太り気味だとか・・。

週末には多くの人が訪れ、お寺に命を助けられて穏やかに暮らせるようになったねこたちが、今は訪れた人に安らぎを与えています。

御誕生寺住職の板橋興宗(いたばし こうしゅう)さんが、
平成22年7月17日に行った講演を収録しCDがあります。
人間学講話1「いのち」はどこにある

ちなみに小山アナウンサー、猫大好きとおっしゃっていました。
私も大好きですが、まだ飼ったことはありません。
でも、我が家の犬たちは使ってくれませんでしたが、近所のねこちゃん、犬小屋が気に入ったようでよく中で寝ています。
我が家のウッドデッキにも毎日とっかえひっかえいろんな猫ちゃんたちが日向ぼっこにやってきます。

やっぱりネコって可愛いですね。癒されます。

【送料無料】しゃべるねこ、しおちゃんと僕

【送料無料】しゃべるねこ、しおちゃんと僕
価格:1,260円(税込、送料別)



ゲゲゲ記念切符と、愛犬の健康と頭の体操

2010年 9月10日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、水木しげるさんのキャラクターをデザインした“ゲゲゲ記念切符”についてのニュースがありました。NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」はますます面白くなってきましたが、ドラマの舞台の一つ、東京調布市を訪れる人の記念にしてもらおうと、漫画家の水木しげるさんのキャラクターをデザインした記念切符のセットが明日から発売されます。舞台の一つでもある調布市を通っている京王電鉄が発売しますが、市内にある5つの駅の入場券と、調布・つつじヶ丘の駅から、ドラマの撮影が行われた深大寺(じんだいじ)までのバス乗車券がセットになっています。鬼太郎やねずみ男などがすべてにデザインされていて、レトロな雰囲気の記念切符です。また、ドラマのロケ地などの地図も添えられているので、手に入れられた方はいい記念になると思います。“ゲゲゲ記念切符”は、9月11日から、京王電鉄の調布・つつじヶ丘・新宿駅で5000セット発売されます。

水木しげるの続・世界妖怪事典

さて今朝のまちかど情報室は、「愛犬の健康 保ちます」というテーマで、最近犬を飼う人が増えていますが、愛犬をけがや病気から守ったり、頭の体操にも役立つグッズの紹介でした。

@ GOODALL 滑り止めソックス・ペット用
犬用の滑り止め靴下です。犬はフローリングの床ではツルツルして滑ってしまいます。足を滑らせて捻挫や脱臼をする犬もいるそうです。でもこの犬専用の滑り止め靴下を履いていれば安心です。繊維メーカーが獣医師のアドバイスを受けて開発しましたが、素材は医療用の手袋などに使われている生地で、滑りにくいそうです。綿の靴下とこの靴下に、同じ量のコインを中に入れて比べるという実験をしていました。傾斜をつけた板の上で、綿の靴下はすぐに滑り落ちてしまいましたが、この靴下はビクともしませんでした。綿の2倍以上の摩擦力があるそうです。薄くて伸縮性があるので、犬も靴下をはくのにすぐに馴れたようでした。踏ん張りがきくので、犬が足を滑らすことが少なくなったと、飼い主の女性がコメントしたいましたが、犬も随分動きやすそうに見えました。お問い合わせ : KBセーレン株式会社 URL : http://www.kbseiren.com/
商品情報 http://www.kbseiren.com/kbs_products/goodall/

A Doggles ILS

紫外線をカットして目を保護する犬用のゴーグル
男性が、愛犬と散歩をする時、犬にゴーグルをつけていました。アメリカのメーカーが開発したお洒落なサングラスですが、実は目を保護するために着けていました。愛犬が軽い白内障と診断されたので、症状の進行を抑えようと、紫外線をカットするゴーグルをつけるようになったそうです。これでしっかり紫外線から目を保護できます。フレームの裏は柔らかなクッションが付いていて、調節可能な2本のストラップで、あごと頭に固定するので、どんな犬にもフィットするそうです。犬も全然嫌がっていなかったし、とても似合っていて可愛らしかったです。 
URL : http://www.momochishoukai.com/

B ドッグツイスター

スライド板の下に隠したえさを、犬に探させるグッズ
飼い主の女性が、ちょっと変わった方法で愛犬にえさを与えていました。少し隙間のあいた7枚の板の間に、餌が入れられるようになっている器です。愛犬にえさのありかを探させるための容器です。板を動かすことを学習させて、脳に刺激を与えるのが目的に作られました。愛犬が慣れてくると、2本のピンをさして、より難しい設定にすることができます。ピンを2箇所に挿しすと、板が動かなくしてしまうのです。板を動かさないと餌が食べれません。犬が、1本ピンを抜きましたが、これだけではまだ板が動きません。しばらくすると2本目も抜いて、板を動かしてえさを食べることができました。丸だけでなく四角いものなど、難しさや仕組みの異なる種類がいろいろありました。「人間と同じで、頭を使えばいい刺激になり老化も防げると思う」と飼い主の女性がコメントしていました。犬はちょっとイライラしないかなと思いましたが、犬にとっても考えることは大事なことなのだそうです。スエーデンで考案されましたが、ヨーロッパでは動物病院や犬のリハビリ施設などに導入され、去年1年間で25万個以上が売れたヒット商品だそうです。
URL : http://www.globetails.jp/nina/

ペットのお留守番グッズと、蓮池薫さんの「半島へ、ふたたび」

2009年 8月28日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、北朝鮮拉致被害者の蓮池薫さんについてのニュースを報道していました。
蓮池薫さんは、昭和53年に北朝鮮に拉致されて、7年前の平成14年、日朝首脳会談の後に北朝鮮からの帰国を果したしました。
蓮池薫さんは、北朝鮮での体験を綴った手記を書いて、今年6月に出版されましたが、その本が優れたノンフィクション作品に贈られる、ドキュメント賞を受賞しました。
蓮池薫さんは、現在新潟県柏崎市の大学でハングルの講師を勤めながら、小説などの翻訳を手がけていらっしゃるそうです。
蓮池薫さんの書いた初めての手記、「半島へ、ふたたび」が優れたノンフィクション作品に贈られる新潮ドキュメント賞を受賞されました。
「半島へ、ふたたび」の内容は、北朝鮮での暮らしや、去年韓国を旅した際の体験を綴ったものだそうです。
昨夜は、都内で選考会が開かれたそうです。
そして、蓮池薫さんの「半島へ、ふたたび」は、するどい観察眼と表現力で、極東アジアがおかれている今の状況が、リアリティーを持って描かれていると、高い評価を受けたのだそうです。
本人もこの受賞にびっくりされていた様子でしたが、「早く次の人を帰してもらえるよう政府に頑張って欲しい」とおっしゃっていました。

北朝鮮拉致被害者の方々があと何人くらい北朝鮮に残っているのでしょうか?
一日も早く日本へ帰れるよう、私たちもできることは協力しなければとつくづく思いました。


さて今朝のまちかど情報室は、夏のセレクションと題してアンコール特集です。
今日の夏のセレクションは、「ペットの留守番 助けます」というテーマで、2009年5月21日(木)の再放送でした。

詳しい商品説明は、
2009年5月21日の記事
「ペットも安心して留守番ができます」をご覧ください。

@ LCD自動ペット給餌機(オートマチックペットフィーダー)

飼い主の録音した音声がエサの時間になると再生されます! エサを自動であげられる優れもの!オートマチックペットフィーダー

A てれeにゃんこ

留守番中のペット様子を撮った写真が、飼い主の携帯電話に送られてくるサービス

お問い合わせ : 株式会社テレインフォ
お電話 : 03-5283-9444
URL : http://www.teleinfo.jp/

B コンパニマル

母犬の心音とあたたかさを感じてリラックスできるコンパニマル


詳しい商品説明は、
2009年5月21日の記事「ペットも安心して留守番ができます」
をご覧ください。



ペットも安心して留守番ができます

2009年 5月21日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、今日から始まった裁判員制度について
詳しく説明していました。
関心の高い裁判員制度ですが、一般からも刑事裁判に参加することになりましたね。
3人の裁判官と一緒に、抽選で決まった6人の裁判員により、有罪か無罪の決定をしたり、
どんな刑を与えるのかを決めるのだそうです。
来月から裁判員の候補者に呼出状が届き、早ければ7月下旬にも裁判員が参加する
最初の裁判が行われるそうです。
私には絶対無理ですね。

さて今日のまちかど情報室は、「ペットの留守番 助けます」というテーマで、
ペットにお家で留守番をさせるときに役立つグッズやサービスの紹介でした。

@LCD自動ペット給餌機(オートマチックペットフィーダー)という商品で、飼い主の声も録音できる自動給餌機の紹介でした。

オートマチックペットフィーダーは、犬やネコのエサやおやつを4回分セットできます。そしてそれぞれ設定しておいた時間になると、一つずつ蓋が開いてペットがエサを食べる事ができます。


我が家もそうですが、留守番をさせる時どうしてもエサの時間に間に合わない時が有ります。
我が家では我慢させていましたが、自動でエサを与える事のできるすばらしい機械があったんですね。

オートマチックペットフィーダーは、あらかじめ録音しておいた飼い主の声が、蓋が開くと同時に再生されて、ペットにエサの時間を知らせます。ペットも声がするので飼い主がいると思っているようでした。
これならペットのストレスも少しは解消されているかもしれませんね。また飼い主もペットのご飯の時間を気にせずゆっくり遊んで?いられますね。


A留守番中のペットの写真を携帯電話に送信するサービスの紹介でした。
株式会社テレインフォが提供しているサービスで、「てれeにゃんこ」といいます。
( 問合せ先 電話 : 03-5283-9444    ホームページ : http://www.teleinfo.jp/ )

テーブルの上などにカメラが内臓された装置をセットしておきます。
ペットがこのカメラの前に現れると、自動的にシャッターが切られ、
その画像が飼い主の携帯に送られます。
留守番させていると、寂しがっているのでは?とか、いたずらしていないかなぁ?って心配したりすることがよくありますが、そんなペットの留守番している様子が携帯のカメラに届いたら、私もう嬉しくてしょうがないですね。
仕事どころじゃなくなっちゃいそうです。


Bコンパニマルという製品名で、犬やネコのぬいぐるみです。ただのぬいぐるみじゃないんですよ、“母のぬくもり”を与えてくれるぬいぐるみなんです。

テレビでは、仔犬がぬいぐるみと遊んでいましたが、そのぬいぐるみを取り上げると泣いて落ち着きがなくなってしまうんです。
ぬいぐるみを与えるようになってから、その仔犬は静かに留守番ができるようになったそうです。


今回は犬のぬいぐるみで、ブラウンドッグが画面に写っていましたが、犬やネコの種類が豊富にあります。カラーバリエーションも楽しめるぬいぐるみです。
ダルメシアンやゴールデンレトリバーやブルドッグなどがありました。うちの子はビーグルですがビーグルのコンパニマルは無いかもしれません。

コンパニマルのぬいぐるみに耳を近づけてみると、母犬の心臓の鼓動のような音が聞こえます。中にカイロが入れてありますので、ペットには母犬に抱かれているように安心感があるのだそうです。

犬によっては効果がでない犬もいるそうですが、我が家でも愛犬に試してみたいですね。
もうおじいちゃんなんですが、いつもお留守番は嫌いのようで、出かける時悲しい声で泣きます。
コンパニマルのぬいぐるみと一緒なら、もう寂しくないかもしれませんねぇ。






Ferretアクセス解析