スポンサードリンク

子供と一緒に楽しくクッキング

2009年 9月3日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、新型インフルエンザの予防法などについての動画の案内がありました。
政府は今日から「政府インターネットテレビ」で、正しい手洗いの方法などの予防策や、症状が出た場合、医療機関への受診の方法などを分かり易く解説した動画を公開しました。
動画は予防編と、受診と療養編の2種類   http://nettv.gov-online.go.jp

家族に新型インフルエンザの感染者が出た場合、家庭で感染を防ぐにはどうしたらよいか?
今朝は、実際に子供の感染を経験し、家庭内感染を経験した家族と、家庭での感染を防いだ家族の2家族を取材していました。

●新型インフルエンザの感染が家庭で広がった家族

8月19日、高校2年生の長男が頭痛や咳などの症状を訴え、翌日40度近くの熱が出た。
診察の結果、新型インフルエンザに感染したことが分かった。診療所でもらった薬を飲んだところ、次の日には熱が下がった。
母親は、重症化すると聞いていて心配だったが、熱もすぐ下がり、症状も激しく弱ったりしなかったので安心し、母親はその後長男と同じ部屋で食事を取ったり、テレビを見たりして過ごしていた。
しかし、長男の熱が下がった2日後に母親も感染した。「中高年にはかかりにくい」といううわさで、油断してマスクや手洗い、うがいなど何もしなかった。

●新型インフルエンザの感染が家庭で広がらなかった家族

8月9日、高校1年の息子さんが、ラグビー部の夏合宿から帰宅してから、鼻水くしゃみが出、翌日38度4分の熱が出て、新型インフルエンザと診断された。
息子さんは、水は結構飲んだが、ごはんが食べられず、起きていると辛いので、ゼリーを1、2個食べたらすぐ寝ていたそうです。
母親だけが息子さんの看病に当たり、部屋に入るときはマスクを付け、息子さんにもマスクさせていた。
息子さんを部屋の外になるべく出さないようにし、息子さんの部屋から出たら、手洗いとうがいをきっちりした。
手洗いとうがいは、外から帰って来た時も家族全員で徹底した。
3日後に熱も下がり家族には感染しなかった。

通常の季節性インフルエンザの家庭での感染率は20%余りだそうですが、
新型インフルエンザの感染力はさらに強いとみられています。

家庭内で感染を防ぐことが、世の中の流行の規模を小さくすることになるそうです。

●新型インフルエンザの感染者が出た家族の注意点・・・厚生労働省ホームページより

感染者を看病した後は、手をこまめに洗う。
可能なら、感染者と別の部屋で過ごす。
感染者がマスクをつけるだけでなく、感染者と接する時に家族もマスクを着用する。

熱が下がってから少なくとも2日目までは、外出を控えるように。

新型インフルエンザの感染者がますます増えています。
いつ自分の身に降りかかるか知れませんので、注意だけは怠らないようにしたいものです。


さて今日のまちかど情報室は、「親子でわいわい クッキング」というテーマで、夕食やお弁当のおかず、おやつなどが子供でも簡単につくれるというグッズの紹介でした。
子供たちも、自分でお手伝いすると喜んでいっぱい食べてくれそうですね。

@ 餃子メーカー くるりんパオ! ギョーザを包むキット

バンダイ 餃子メーカー くるりんパオ!

餃子の具を作り、容器に入れます。入れた容器には一回分のメモリーがついていますので、餃子の大きさがばらつかず、常に同じ大きさ、形がそろいます。
餃子の皮をローラーの上に置いて、具をのせます。ハンドルをまわすと、具が皮に包まれて綺麗に出来上がります。
仕組みは、具の入った部分がローラー隙間に巻き込まれたあと、ギザギザの歯が餃子の皮を閉じるようになっていました。
餃子を作る時間も短縮になり、子供にも簡単に出来ますので、楽しくお手伝いしてくれそうです。

A アメリカンドッグキット 簡単にアメリカンドッグが作れます

電子レンジで簡単おやつ 貝印 ちゅーぼーず アメリカンドッグキット

ロケットのような形の容器に、ホットケーキミックスの生地を入れ、串にさしたウインナーを入れます。電子レンジで1分間暖めると、ホットケーキミックスの生地が膨らんでウインナーを包み込みます。油を使わないので、こどもでも簡単にアメリカンドッグを作ることが出来ます。

B おべんとう抜き型 たのしメール ひらがなの型抜きでメッセージや名前などができるキット

お弁当や料理にメッセージ「ひらがな」の抜き型 おべんとう抜き型 たのしメール

デコレーション弁当、略してデコ弁を作るときに便利なグッズです。
食材がひらがなの形に抜けるのは、珍しいそうです。
メーカーは字がばらばらにならないよう、2年かけてデザインを工夫しました。
ひらがなの「な」とか、「け」などが、ちゃんと繋がってうまくできていました。
綺麗にお弁当を工夫をすると子供も苦手なものを楽しんで食べてくれるそうです。

最近はデコ弁が流行っていますね。私の友人もすごく綺麗なお弁当を作って子供を喜ばせています。

このひらがなの型抜きの開発には、ひらがなを覚え始めた子供の勉強にもなるのではないかという保護者の声がメーカーに数多く寄せられたのが、きっかけとなったそうです。

ワインやビールが、いつでも冷たく頂けます。

2009年 8月6日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、昨日ローマから帰国した、競泳日本代表選手のインタビューが印象に残りました。
メダルを取られた3選手は、みなさん自信をつけて帰ってこられ、今後に期待できそうですね。
今回日本は、水泳の世界選手権で4つのメダルを獲得しましたね。

早大4年の古賀淳也さん(22)は2つのメダル獲得されました。
100メートル背泳ぎで金メダル、50メートル背泳ぎで銀メダル。
入江 陵介さん(19)は、200メートル背泳ぎで銀メダル。
入江 陵介さんは、世界選手権で初めてのメダルでした。
200メートルバタフライでは、北京五輪3位の松田丈志さん(25)が銅メダルでした。

今回の大会は世界記録ラッシュで、北京五輪の25個を上回って、43個の世界記録がでました。
中でも、個人種目で出た38個の世界記録の内、60%以上はラバーやポリウレンタン素材の水着、いわゆる高速水着だったようです。

高速水着と言われるのは、ラバーやポリウレンタン素材の水着は、身体を締め付け、抵抗を小さくすることができるからです。
また、水を通さないため、体が浮きやすくなる特徴もあるようです。
イタリアのメーカーが、新型のポリウレタンを使った水着を配布したところ、なんと400人もの選手が行列を成したそうですね。

国際水泳連盟は来年1月から基準を変更するそうです。
●素材はすべて織物に限るとして、ラバーやポリウレンタン素材を禁止。
●体を覆う部分は、男子は腰からひざまでで、女子は肩からひざまでとし、従来より体を覆う部分を狭くしました。

今回の世界記録ラッシュは、水着が高性能というのも大きな要因かも知れませんが、
マイケル・フェルプス選手は北京オリンピックの時と同じ水着で世界新記録を出されたんですよね。


さて今日のまちかど情報室は、「飲み物 冷えちゃいます」というテーマで、簡単に飲み物を冷やせる製品の紹介でした。

@ raviワインチラー  ワインを飲み頃の温度にしてくれるグッズ

NHK おはよう日本で放送された ラビ ワインセラー raviワインチラー

raviワインチラーを冷凍庫から取り出し、ボトルにさして、グラスに注ぐとワインの温度は18度になります。
raviワインチラーの中は、ステンレス製の螺旋状チューブで、その周りに保冷剤が詰めてあります。
チューブの長さおよそ50cmで、その中をワインが通ると、10度程温度が下がりますので、飲みたい分だけ冷やせます。
赤ワインは、15度〜20度くらいの温度で飲むのが最も美味しいと言われています。
常温がいいのですが、日本の夏は常温だと10度ほど高めになってしまいます。
そんな時にraviワインチラーで冷たくできますね。
またお土産などで差し入れに頂いたワインを、冷蔵庫で冷やすよりは、その場ですぐに飲みたいですよね。
raviワインチラーを使えば、ちょうど良い温度ですぐ飲むことができます。
raviワインチラーのチューブは、ステンレス製なので水で洗って、乾燥させれば衛生的に使えます。

A シュン Can Cooler ビールなどの缶をすぐに冷やす容器

缶飲料をセットするだけで急速冷却 シュン Can Cooler

冷蔵庫に冷えたビール入っていない時って、お風呂上りとかに結構ショックですよね。
でもシュン Can Coolerがあれば缶ビールをすぐに冷たくできます。
使い方は、シュン Can Coolerに缶を置いて、周りに氷を入れスイッチを入れるだけです。底にあるゴムが付いた棒が電池で回るしくみで、缶の表面全体に氷が触れ、3分程でビールが冷えます。
ゆっくり回っていますので、すぐにプルトップを開けても、泡がたたないそうです。軽くて持ち運びがいいので、アウトドアにも最適なグッズですね。

B ワイヤー缶ホルダー 冷蔵庫の中に入れ、入れた順に缶を取り出せるホルダー

自動販売機のようにコロンコロンと順繰り出てくるワイヤーで作られた缶ホルダー

冷蔵庫から出したビールが、入れたばっかりで冷えてなくてがっかりしたことってありませんか?
ワイヤー缶ホルダーを冷蔵庫に入れておけば、ジュースやビールの350ml缶を7本収納でき、先に入れた一番冷えたものから取り出すことができるんですよ。
自動販売機にヒント得て開発されたもので、缶をホルダーの上に置くとコロコロ傾斜を転がって下で止まります。よく考えたアイデアホルダーですね。

暑さ知らず、エコな調理器具

2009年 8月03日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、とっても涼しげな「花氷」の紹介がありました。
今朝は鈴木健一アナが、東京品川の氷販売店の冷凍室 氷点下の世界からの中継をされていました。夏本番、氷販売店は一年で最も忙しい季節を迎えました。鈴木アナは、氷を見ていると、心まで涼んでくるような気がするとおっしゃっていましたが、見ていただけの私も涼しく感じました。

まずは氷点下5度の部屋、汗がす〜と引く心地よさだそうですが、この部屋の氷は配送を控えた飲食店用のものだそうです。でも、この不況で3割も売り上げが落ち込んでいるようです。

そこで次の部屋、こちらには今売れている氷の商品が保管されています。氷点下20度の部屋、耳が痛くなる凍えそうな寒さだそうです。飲食店向けの食べる氷もありましたが、今売れている見せる氷「花氷」がたくさんありました。花氷とは、中に花が入っていて、氷に封じ込めてあるものです。

花氷は、冷房を兼ねた装飾品として結婚式場などから注文があるそうです。氷の中の、バラやゆりなどのフラワーアレンジメントがとても綺麗でした。

変わった花氷もありました。子供向けのテーマパークからの注文の花氷は、氷の中に玩具が入っていました。屋外に出すと8時間ほどで氷が溶けるので、中のおもちゃは子供たちへのプレゼントとなるそうです。

動物園からの注文は、りんごの花氷でした。動物園のしろくまへの花氷だそうです。こうして工夫をこらした花氷の販路も広がり、売り上げが2倍になったそうでうす。

他にも氷でできたビールジョッキもありました。この氷のジョッキは、イベントがあると一日1000個の注文が入るそうです。この氷のジョッキは、一般家庭からの注文もあり、箱に4個1組で通信販売もされていました。


さて今日のまちかど情報室は、「夏でも快適!加熱クッキング」というテーマで、暑い夏でも快適に料理できるグッズの紹介でした。暑いこの時期は、キッチンで火を使うと、汗をぬぐいながらの調理になってしまいます。でもそんなに暑い思いをせずに効果的に加熱するグッズがありました。

@ ほっとクック という製品名で、鍋がすっぽり入り、保温をするカバーです。
5分ほど煮た鍋をほっとクックに入れておくと、まんべんなく熱が通ります。熱を反射するアルミフィルムや断熱効果の高いスポンジなどを使っているので、ほっとクックの中は2時間ほどの間、煮込みに最適な80度前後に保たれています。カレーならおよそ30分入れておけば出来上がり。火を使わなくても、じゃがいもや人参にしっかり味がしみ込みます。ほっとクックなら、火を使っていないので、ずーと鍋を見ていなくていいですし、鍋を中に入れたままほっておけばいいのでとっても便利です。また、帰宅が遅くなった家族のために、ほっとクックに鍋を入れておけば、暖め直ししなくてもいいので人気となっているそうです。ガス代の節約になりますし、鍋を焦がす心配もないので、私も欲しくなりました。


A スーパーレンジシェフ という製品名で、電子レンジで加熱できるプラスチック容器です。
煮物を調理するのに、スーパーレンジシェフというプラスチック容器を使ってらっしゃいました。煮物をするのに、鍋より使いやすいですね。スーパーレンジシェフに材料と調味料を入れて蓋をして、電子レンジで加熱するだけですから。しくみは、蓋に空気の調整口が付いていて、中の圧力を高めに保ちながら、蓋が飛ばないように、空気を少しずつ逃がすことによって、圧力鍋のように効率的に熱が通って、短時間で材料に味がしみ込むようになっていました。放送では、6品のおかず全部電子レンジで作ったそうです。枝豆 肉じゃが かぼちゃ など美味しそうでした。スーパーレンジシェフなら、簡単に連続して短い時間で調理ができるので、おかずの品数をたくさん作れます。


B ちょこっと電気なべ という製品名で、少ない分量の料理に適した電気鍋です。
キッチンではなくテーブルで涼しく調理できる便利な電気鍋です。作る料理によって、プレートを、鍋物、焼肉、炒め物、蒸し料理などに変えて調理します。小ぶりな鍋ですので、コンパクトに加熱でき、鍋の近くにいても暑さを感じないで済みそうです。ちょこっと電気なべは、一般的なホットプレートのおよそ半分の消費電力だそうです。



蒸し暑い夏に、食事作りであまり暑い思いをせず料理ができるなんてとてもいいですね。またガスや電気の消費を抑えられるので、省エネにもなりますね。

アイデア、お助けキッチングッズ

2009年 7月14日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、お祭りと展示会の話題に興味がわきました。

●竹の宵まつり・・・栃木県日光市の山間にある湯西川温泉で開かれています。
竹筒の灯篭、およそ2000本のゆらめく光が温泉街の夜を彩っていて幻想的でした。
湯西川温泉では日が沈んで暗くなりはじめると、温泉街の通りに竹の灯篭およそ2000本に火が灯されます。この竹の灯篭は、地元の人たちがおよそ500本の竹を切り出して作ったのだそうです。1メートルほどの竹に穴を開け、ろうそくや電球の灯りが灯されています。
温泉街に訪れている人たちは、竹で作った提灯を片手に、ゆらめく灯篭の火に見入っていました。竹で作られた、提灯と灯篭、とっても素敵でした。
竹の宵まつりは、来月2日まで毎晩行われています。

●ハワイ移住者の歴史絵巻展・・・横浜市の海外移住資料館で展示会開催中です。
会場には、横浜市出身の日本画家、北條楽只(ほうじょうらくし)さんが描いた620メートルにもなる絵巻の一部を展示しています。
明治18年に国が初めて送り出した移民団を描いた作品では、1000人近い人を乗せた蒸気船が大勢の人に見送られて、横浜港から出航していく様子が描かれています。
また日本から移住した人たちが、自ら開拓したサトウキビ畑で懸命に働く様子を描いた作品もあり、ハワイの日系人の歴史を紹介しています。
ハワイは楽しむ所でもありますが、祈りの島、孤独の島、そういう歴史を知ってほしいとの思いで歴史絵巻展を開いたそうです。
展示会は無料で、横浜市の海外移住資料館で今月26日まで開催しています。

さて今日のまちかど情報室は、「水切りしっかり キッチンすっきり」というテーマで、キッチン回りの水切りの話題でした。
水切りをしっかりしておかないと、ぬめりとかカビの原因にもなってしまいますが、そんな悩みを解消する水切りグッズが人気だそうです。

@ キッチンガーデン たためる水切り三角ポット という製品名で、衛生的に使える生ゴミ入れの紹介でした。
キッチンの生ゴミ入れは、こまめに洗っておかないと、ぬめりやかびが発生してしまいます。歯ブラシで磨いたり、漂白剤に浸け置きしたりと生ゴミ入れの手入れを怠ると不衛生で大変なことになってしまいます。このたためる水切り三角ポットは、くるっと丸めてフックをとめて、付属の吸盤で固定して使う生ごみ入れです。宙に浮いた状態で使うので、水もかかりにくく、水切りも早くできます。
口が広がっているので入れやすく使い勝手がいいですね。
生ゴミを処理した後は、広げて丸洗いできるので、ぬめり落としも簡単にできていつも清潔に保てられます。
たためる水切り三角ポットは、野菜のざる入れとして、またスポンジ入れとして使うこともでき、工夫次第でいろいろな使い方ができそうな便利グッズです。


A 2色ハンギングまな板 という製品名で、スダンドになるハンドルが付いているのでまな板を立てて水切りができます。
洗い終わったあとのまな板の置き場所ってどこでしょうか?蛇口の後ろに立てている人をよく見かけます。会社の食堂もそうでした。
でも水がかかって乾きにくいですよね。2色ハンギングまな板は、横にL字型の部品がついていますが、180度回転するハンドルなんです。
まな板を洗った後、ハンドルをスタンドにしてまな板を立てると、水切りも早くできます。またハンドルは持ち手として使うことができますので、まな板の上で切った野菜などの食材を、そのまま鍋やフライパンに移せますので、とても便利に使えますね。 


B 浜内千波のたためる水切り・場所とらず という製品名で、折り畳めて機能的に使える水切りカゴです。
この水切りカゴは2段になっていて、上段にボールやお皿など、下段にはコップや茶碗などと、大きさによって洗い物を分けて水切りすることができます。
洗った食器を片付けたら、コンパクトに折りたたむことができますし、そこにふきんを干すこともできます。
これ一つでさまざまな物を乾かすことができる、使い勝手のいい水切りかごです。
片づけが終わった後、たたんでキッチンがさっぱりします。水切れもよく、何より見た目以上にたくさん置けそうです。


水きりをしっかりして、キッチンを毎日スッキリ衛生的に保ちたいですね。

美味しくて楽しいオリジナルアイスやジュースが作れます

2009年 5月11日(月)

今朝のNHKおはよう日本で特に関心を持ったのは、ネット動画の特集です。
ネット動画ではいつも驚かされることばかりですが、今日は口や喉や鼻でさまざまな楽器の音を出すヒューマンビートボックス(HumanBeatBox)の話題でした。ヒューマンビートボックスは動画から人気が広がって、ヒューマンビートボックス世界選手権まで開催されます。ドイツベルリンで5月28日から6月1日まで開催されるそうです。

日本の若者も3人紹介されていました。その中のだいちさんの動画は世界中で見られているそうです。ネット動画を先生として、皆さん独学で、ネット動画を見ながら口の動きや喉の動きなどを研究したそうです。


ゴールデンウィークも終わり今日から待ちに待ったた「まちかど情報室」がまた始まりました。
私も会社に久しぶりに出勤しました。今日のテーマは飲み物や食べ物に一工夫して、
「いつもの味 もっと楽しく」でした。

まず始めは、「アイスマージェ」という製品で、様々な食べ物を混ぜて、一味違ったオリジナルのアイスクリームを作るものです。


テレビではアイスマージェの容器の中に市販のアイスを入れて、チョコパイを加えていました。オリジナルチョコアイスがとっても美味しそうでした。いちごとおせんべいを入れたりして、いろりろなアイスを作っているそうです。




次は、「エスプーマスパークリング(CO2エスプーマ)」と言って、炭酸入りの飲み物を簡単に作れるボトルでした。


番組では炭酸入りオレンジジュースを作っていました。作り方はオレンジ100%のジュースを入れ蓋を閉めます。炭酸ガスの詰まったカートリッジをセットします。シューと音がすると炭酸が入った証拠となります。そしたらボトルを良く振ってコップに注げば、はい、炭酸オレンジジュースの出来上がり。

まるで手品のようでした。
水を入れて炭酸水にしたり、ワインをスパークリングワインにしたりして楽しめます。
私はスパークリングワインが大好きですので、これ欲しいなぁって思いました。


最後は「流しそうめん そうめんや」と言う製品で、まるでおもちゃの滑り台のようでした。


製品名のとおり流しそうめんをご家庭でも楽しめるものです。水を入れてスイッチをオンにすると循環するしくみになっていました。お子さんたちが盛り上がるので、たのしいそうめんパーティーができますね。










Ferretアクセス解析