スポンサードリンク

ワインが楽しくおいしく飲める便利グッズ

2010年 11月18日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、午前0時に解禁となったボージョレ・ヌーボーの販売店の様子を放送していました。ボージョレ・ヌーボーは、今年収穫されたブドウで作るフランス産のワインの新酒ですが、毎年11月の第3木曜日と販売日が決められていて、今年は今日、11月18日が解禁日です。日付が変わると待ちかねた人々が次々と買っていて、深夜0時にもかかわらず、大勢の人で賑わっていました。今年の特徴としては、消費者の節約志向に備え、500円のワンコインで買えるものが出ていました。ペットボトル入りで375ミリリットルのワインでした。輸入もののボージョレ・ヌーボーばかりに注目がいきますが、私もブドウの産地に住んでいますので、国産の新酒ワインもオススメしたいですね。


さて、今朝のまちかど情報室は「ワイン楽しくおいしく」というテーマで、ボージョレ・ヌーボー解禁日にさっそくワインの話題でした。ワインが楽しくおいしく飲める便利なグッズの紹介でした。

@ コルクポップスレガシー

ワンプッシュ1秒で、コルクが簡単に抜けるワンオープナー
ワインを開ける時、コルクがうまく抜けないことがありますが、コルクポップスレガシーならあっという間にコルクを抜くことができます。吾妻アナウンサーも使いましたが、一瞬で開きました。尖った針をコルクに刺してボトルの中に押し込んで使いますが、その針に秘密がありました。針の先端に穴が開いていて、ボトルの中にガスを入れ、その圧力でコルクを押し出すという仕組みでした。このガスには、味には影響がないものを使っているそうです。またホイルを切るための4つのローラー型カッターも付いているので、これ一つでワインが開封できます。「ほんとに早いですよね」と言いながら、吾妻アナウンサーが楽しそうにもコルクを開けていました。アメリカのメーカーが開発したものですが、力を入れずにコルクが簡単に抜けるので、女性やお年寄りに人気となっているそうです。ガスのカートリッジ1本で、80本抜けるとのことでした。
URL : http://www.m-share.com/

A ワインブラー フリーカップ

機能性と遊び心が詰まった、まわるワイングラス
グラスを揺らすとワインが空気に触れ香りが立つといいますが、ワインブラーはそれを見た目でも楽しんでしまおうというワイングラスです。友人とワインを飲むのが好きだという女性、最近愛用しているグラスは、テーブルの上でなんと斜めに傾いていました。軽く指で押すだけで、自然と回転するグラスで、動きのヒントになったのはコマだそうです。江戸時代の製法を受け継ぐガラス工房で一つ一つ手作りされていました。グラスの底に厚みを持たせて、重くすることで傾けても倒れにくいように工夫されています。付属の台座に立てておくこともできて、お洒落な感じのグラスです。「ちょっと押すだけで自分で回ってくれて、香りを楽しんで気軽にワインを楽しめるかなという感じです。」と女性がコメントされていました。このグラスは、江戸ガラスという伝統工芸の技術を持った工房で作られています。実はここの社長さんが大のワイン好きだということで、もっと気軽にワインを楽しんで欲しいと、こうしたユニークなグラスを思いついたそうです。
URL : http://www.tajimaglass.com/

B ワイン オートフレッシュ

ボトル内の空気を自動で抜いてワインを保管する、電動ワイン保存器具
一度にワインを飲みきれなかったときに便利です。
ワインが好きで毎晩少しずつ楽しんでいるというご夫妻ですが、「空気に触れて酸化すると、すっぱく香りがなくなってしまう。」と気になっていました。そこで使い始めたのが、ワインオートフレッシュというこの器具。ボトルの注ぎ口に取り付けると、電動で中にたまった空気を吸い出して、ワインの酸化を防いでくれる器具です。器具には空気圧の変化を感知するセンサーが付いていて、ボトルに空気が入ってしまっても大丈夫ということで、実験でボトルに小さな穴をあけ空気が入る状態を作ってみました。すると、スイッチが入って、自動で空気が抜けました。ご主人、「自分の感覚じゃなくて、機械がちゃんと確実にやってくれているところが非常に安心です。」とコメントされていました。URL : http://www.globalwine.co.jp/
鈴木奈穂子アナウンサーが、ちょっとだけ飲みたい人や、赤・白・ロゼとかいろんな種類を飲みたい人にとっても便利ですねと仰っていました。

我が家もワインが大好きで、信州産の美味しいワインを一升瓶で買ってきて飲んでいます。このワインオートフレッシュならいつまでも美味しいままで飲めるので、あると重宝しますね。

井筒ワイン 赤 2010年1.8L 無添加 新酒予約



鍋料理をもっと手軽に楽しむためのユニークグッズ

今朝のNHKニュースおはよう日本で、東北新幹線の新車両「はやぶさ」の最上級クラス「グランクラス」のシートやサービスを紹介していました。東北新幹線は、来月の12月4日に新青森駅まで延伸して全線開業しますが、はやぶさは、来年の3月5日から導入される新型車両です。そのはやぶさの最上級の座席「グランクラス」、シートは本革製で、普通車では1列に5席のところを、グランクラスでは3席に減らして、横幅を広げゆったりさせています。専属の担当者が付いて、軽食などのサービスが無料。まるで飛行機のファーストクラスのようです。料金は、東京-新青森間片道2万6360円で、普通車より1万円高いそうです。私も青森に友人がいますので、ちょっと贅沢にグランクラスでゆったりくつろいで会いに行けたらいいなって思いました。

さて、今朝のまちかど情報室は「鍋料理もっと便利に」というテーマで、寒くなってきて家で鍋をすることも増えると思いますが、鍋料理をもっと手軽に楽しむためのユニークな鍋やグッズの紹介でした。
 
@ さむらい鍋

上下をひっくり返して使えば、ふたでも調理できる土鍋
家族そろって鍋料理が大好きな一家が愛用しているこの土鍋、平らな形をした蓋に特徴がありました。特殊な鉱石を混ぜ合わせ、一般的な土鍋より耐熱性が高くできていて、ひっくり返すと蓋がフライパンのようにも使える便利な土鍋です。鍋のほうをかぶせて、蓋で焼き芋を作ったり、肉や魚も焼くことができますし、オーブンでパエリアなども作ることができます。「通常であれば、蒸し器があったり、フライパンがあったり、土鍋があったりですが、これだったら1台でその役割を兼ね備えてくれるのですごく便利です。」と女性がコメントされていました。蓋がフライパンのように使えるこの土鍋、京都にある土鍋専門のメーカーが作ったものです。土鍋は普通、冬場の鍋料理にしか使わないという家庭が多いので、炒め物とか蒸し物などにも活用できるようにと考え、5年かけて開発したのだそうです。URL : http://inthemood.co.jp/

A レードルクリップ

おしゃれで機能的なお玉置き!鍋の縁に取り付けるクリップ
鍋をするとき、お玉や菜箸の置き場所に困ることありますよね。鍋に入れたままにすると、お玉の持ち手が熱くなってしまい危険です。そんな時に便利なのが、このレードルクリップです。鍋の縁に挟んで、お玉などを引っ掛けることができます。丈夫なステンレス製で、持ち手の部分は熱に強いシリコーンで覆われています。鍋にしっかりと密着するように内側には丸い突起が付いています。お玉や灰汁取りだけでなく、柄が平らなヘラなど様々な形のものを安定して置くことができます。「これがあればお玉のやりばに困りませんね。」と吾妻アナウンサーがコメントしていました。URL : http://www.kinto.co.jp/

B シリコンタジン鍋

フタを外してそのまま食卓へ!シリコンでできたタジン鍋
アフリカのモロッコで生まれた、独特な形をしたタジン鍋は、素材の水分だけで調理できるので、ヘルシーでうまみが逃げないと人気です。タジン風の料理を自宅でも簡単に楽しみたいと思っていた女性、愛用しているのが、熱に強いシリコーンでできた電子レンジ専用のシリコンタジン鍋でした。蓋に高さがあるので、一度でたくさんの蒸料理を作ることができますし、直火にかけて使う一般的なタジン鍋に比べて、調理時間が短くてすむそうです。「自分でも簡単に作れるところと、思いっきり温野菜が食べれるところが気に入っています。」と女性がコメントされていました。重さは500グラムで、使い終わったら厚さ5センチに折りたたむことができるので、収納も楽々です。URL : http://www.cb-j.com
タグ:鍋料理

台所仕事のわずらわしさを解消してくれるグッズ

2010年 10月29日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、魔よけの弓作りが最盛期を迎えているというニュースがありました。魔よけの弓は、男の子の健やかな成長を願って正月に飾る弓ですが、その魔よけの弓作りが、埼玉県越谷市で最盛期を迎えていました。この風習は、江戸時代から続いているそうですが、長い歴史があったんですね。魔よけの弓は、初めて正月を迎える男の子の健やかな成長を願って飾るのだそうですね。最近は住宅事情もあって、高さが50cmから70cm程度の小さめのものが人気だそうです。また、景気の影響で、華やかなものより、落ち着いたものの方が人気のようです。完成した魔よけの弓は、全国に向けて出荷されるということでした。
守り刀と魔よけの弓の2点飾り


さて、今朝のまちかど情報室は、セレクション「キッチンすっきり 悩みもすっきり」というテーマで、9月に放送して反響の多かったグッズの中から、台所仕事のわずらわしさを解消してくれるグッズの紹介で、2010年 9月13日(月)の再放送でした。一見、これって何に使うのかな?と思うようなものですが、キッチンも悩みもすっきりさせてくれる製品でした。

詳しい商品説明は、2010年 9月13日(月)の「キッチンをすっきりさせ、悩みも解消してくれるグッズ」をご覧ください。>>http://machikadojoho.sblo.jp/article/40690742.html

@ トトラ ディッシュラック
食器の形に応じて、ピンで自由に仕切りが変えられる水切りかご


お問い合わせ : 和平フレイズ株式会社  URL : http://www.wahei.co.jp/

詳しい商品説明は、2010年 9月13日の「キッチンをすっきりさせ、悩みも解消してくれるグッズ」をご覧ください。

A ペットボトル・袋干し
食品保存袋や、ペットボトル、牛乳パックなどを干す観葉植物のような台


お問い合わせ : 貝印株式会社  URL : http://www.kai-group.com/jp/

詳しい商品説明は、2010年 9月13日の「キッチンをすっきりさせ、悩みも解消してくれるグッズ」をご覧ください。

B キッチン腰楽
シンクの縁に引っかけて、もたれて楽々皿洗い、腰の負担を軽くするクッション


お問い合わせ : 株式会社アルファックス  URL : http://www.al-phax.co.jp/

詳しい商品説明は、2010年 9月13日の「キッチンをすっきりさせ、悩みも解消してくれるグッズ」をご覧ください。

蓋にひと工夫を施して、使い勝手をよくしたキッチンアイデアグッズ

2010年 10月18日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本「世界が注目!ネット動画」で、93歳のおばあちゃんの人生相談の動画が紹介されました。アメリカのロサンゼルスに住むバーバラ・クーパーさんは、世界中の若者の人生相談にのっています。動画に寄せられた相談を、孫娘がおばあちゃんに聞きます。すると、すかさずおばあちゃんが的確なアドバイスをしてくれます。そのおばあちゃんを撮影して、二人の孫娘が動画に投稿していました。おばあちゃんが人生相談をするようになったのは、おばあちゃんとおじいちゃんの結婚生活は今年で73年目となるそうですが、90歳を過ぎてなお、仲睦まじい夫婦の姿が動画サイトで人気となった事がきっかけだそうです。孫娘が、人生の大先輩であるおばあちゃんがいつも的確なアドバイスをくれるので、おばあちゃんの知識は宝物だと思い、おばあちゃんの知恵を動画に投稿することにしたのだそうです。おばあちゃんの温かいアドバイスを多くの人が頼りにしているようでした。バーバラさんのアドバイスは、聞いていてとてもためになりますし、懐の深さを感じました。
「なぜか、あれこれ悩んでしまう」がなくなる18の習慣

さて今朝のまちかど情報室は、「フタに秘密あり!」というテーマで、蓋にひと工夫を施して、使い勝手をよくしたグッズの紹介でした。

@ ワンタッチ密封小鉢

ラップはもういらない!密閉式のフタがついた瀬戸焼の小鉢
おかずが余ったらラップをかけて保存しますが、匂いや汁もれが気になりますよね。でもプラスチック製のふたが付いた瀬戸焼の小鉢“ワンタッチ密封小鉢”なら、料理を保存する時にとても重宝します。ポイントは蓋についてる赤いレバーですが、レバーを押すと蓋を持って持ち上げても小鉢が落ちません。レバーの下に穴が開いていて、蓋を押す時に中の空気が少し外に押し出されるので、空気圧が低くなってピタッと密閉されるのだそうです。レバーを上げれば、電子レンジにも使えます。穴から適度に蒸気が逃げるのでラップと同じような効果となるようです。そのままテーブルで器として出せるので、わざわざお皿に移し変える必要もありません。「移し変えないで冷蔵庫からそのまま温めて、そのまま食卓に出せるので、手間も少なくていいです。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.ar-nest.co.jp

A 渋くならずに最後までおいしく飲めるポット

美味しくまろやかさをキープ!好みの濃さでお茶を注げるポット
お茶を入れるとき、濃すぎたり薄すぎたりして、なかなか安定して美味しいお茶を入れることができませんが、そんな悩みを解消してくれるのが、茶漉しが付いたガラス製のこのポットです。よくあるタイプのように見えますが、お湯を注いでもお茶が落ちていきません。蓋についているボタンを押すとお茶が落ちてきました。ボタンを押したり離したりすると、栓が開閉する仕組みとなっていました。このポットは、お茶の色を目で見て、いつでも好みの濃さで注げるという優れものでした。吾妻アナウンサーが「蓋にひと工夫あるだけで、簡単においしいお茶が楽しめますね。」とコメントしていました。URL : http://www.yumetai.co.jp/

B 先入れ先出しキャニスター 調味料を底からも補充できる保存容器
お問い合わせ : 株式会社フェリシモ  URL : http://www.felissimo.co.jp/
塩や砂糖は容器に入れて保存していますが、容器の底の方が固まってしまい、スプーンなどでガリガリしないと取りづらくなりますよね。でもこの容器ならそんなことをしなくても大丈夫です。一見普通に見えますが、蓋に秘密がありました。容器をひっくり返すと、底にも蓋がついていました。容器を逆さにして、下から継ぎ足して塩や砂糖を補充できるので、下で固まることがなく古い調味料がいつでも上にくるようになります。「塩がなくなるまでけっこう時間がかかるので、古いものから使っていけるというが便利だと思います。」と女性がコメントされていました。
この“先入れ先出しキャニスター”は、佐賀県の主婦が、日頃感じている不便さをノートに書きためている中から浮かんだアイディアだそうです。生活雑貨のメーカーが開いているユニークな製品を選ぶコンテストでみごと優秀賞を受賞して製品化されることになったということでした。
この便利なキャにスターは、フェリシモの製品です。私も「はいせんす絵本」の時からずっとお世話になっていますが、こちらも可愛い雑貨がたくさん掲載されていて欲しいものがたくさんありました。

新米の季節、お米を美味しく食べるためのグッズ

2010年 10月15日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、お年寄りの10人に1人が低栄養というニュースがありました。高齢者はお肉は食べないほうがいいとか、誤った知識から低栄養になっているようです。高齢者の食事が危ない!お年寄りが低栄養にならないためには、10品目を毎日バランスよく摂ることだそうです。10品目とは、肉類、魚介類、卵類、牛乳、大豆・豆類、緑黄色野菜、海藻類、芋類、果物、油脂類です。おはよう日本では、高齢者の1日あたりの食事例についても説明していました。1日3食で、●ごはん・・・普通盛りで、3杯程度●野菜類・・・サラダや煮物で5皿程度●肉・魚・豆・・・納豆や豆腐も含め、3皿程度●牛乳●果物を毎日摂るようにとのことでした。私もこんなにバランスよく食事を摂っていないので、低栄養かもしれません。気をつけなければと痛感しました。


さて今朝のまちかど情報室は、「おいしい新米いただきます」というテーマで、新米が美味しい季節となりましたが、お米を無駄にせず、美味しく食べるためのグッズの紹介でした。

@ 吸盤付 洗米ボール

お米をこぼさず、簡単に米とぎができ、とぎ汁だけを排水するボウル
お米のとぎ汁を流す時、米粒がこぼれないよう神経を使いますが、そんな悩みを解消してくれるボウルがありました。小さな穴がたくさんあいていて、お米をといだらボウルを少し回転させると、排水する穴が開いて、とぎ汁が流れ出る仕組みです。お米がこぼれることはありませんし、底には吸盤がついているので、流し台に固定させて安定して回すことができます。「ボウルを傾ける必要がないので、お米も流れませんし楽になりました。」と女性がコメントされていました。
URL : http://www.fujipacks.co.jp/

A 黒樂 かまどご飯釜

火加減の調整いらず、直火かまど蓄熱炊きで炊飯できるセラミックの土鍋
ここ数年、土鍋でご飯を炊くのが人気となっていますが、“黒樂 かまどご飯釜”は、お米をムラなくふっくらと炊き上げる土鍋です。一般的な土鍋では、火加減が難しく、吹きこぼれたり、焦げついたりしないように微妙な調整が必要です。でもこのセラミック製の鍋なら、難しい火加減が不要で、10分強火にかけたら、火を止めて20分待つだけです。二重構造になっていて、内側の鍋に加えて、外側の覆いが熱を蓄えます。、火を止めてからも余熱だけで、お米をまんべんなく炊いて蒸らすので、お米のうまみの成分がたくさん作り出されふっくらと炊きあがるのだそうです。「すごく甘くて、田舎のおばあちゃんの味です。勝手にお鍋が炊いてくれるし、早く炊けていいですよ。」と女性がコメントされていました。
“黒樂 かまどご飯釜”は、米処の新潟県のメーカーが開発しました。社長が小さい頃、釜戸でご飯を炊くのが役目だったということで、その時の味が忘れられず、まるでかまどで炊いたような土鍋を作れないかと、2年かけて製品化されたそうです。URL : http://www.oishii-wa.jp/

B GOPAN(ゴパン)

“お米”がそのままパンになるホームベーカリー、GOPAN(ゴパン)
ゴパンは、お米をそのまま入れればパンができるという画期的なホームベーカリーです。米を粉末にした米粉から、パンを作ることが流行っていますが、その米粉が必要ないというホームベーカリーです。秘密はケースの底に取り付ける部品。米を細かく砕くための刃がついていました。洗ったお米と材料を入れてスイッチオン。すると刃が1分間におよそ6300回という高速で回転して、水で柔らかくなった米を削ってペースト状にしていました。その後は小麦粉で作るのと同様で、生地をこねて発酵させます。およそ4時間待つと、お米のパンが一斤焼き上がりました。吾妻アナウンサーが焼きたてのパンを試食していましたが、「甘みが少ししておいしいです。お米のパンが、ご飯を炊くのとほぼ同じ感覚でできてしまうというのが手軽でいいです。」とコメントしていました。GOPAN(ゴパン)は、11月11日発売予定です。URL : http://jp.sanyo.com/

調理の手間を省いてくれるアイデアキッチングッズ

2010年 10月12日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、コンピューターと人間の将棋対決のニュースがありました。女流将棋界の第一人者、清水市代女流王将と最も強いとされている「あから」という名の将棋ソフトの特別対局は、昨日の体育の日に東京大学で行われました。コンピューターは、3年前にもプロの騎士に挑んで破れていいるそうですが、今回はコンピューターの勝ちだったようです。コンピュータの初勝利でした。電気通信大学と東京大学が共同で開発した「あから」は、打倒プロ棋士を目指して特別に作られたソフトです。プロ棋士の打ち方を学ばせ、覚えさせた対局は、5万局以上にのぼるそうです。また169台のコンピューターを使うことで、あからが1秒間に読む手数は、3年前の100倍以上に増えたそうです。国内トップの4ソフト「激指」「GPS将棋」「ボナンザ」「YSS」で構成され、迷った時は4つのソフトの多数決で指し手を決めるそうです。
コンピューターの多数決制とは、御見それしました。
激指 定跡道場2 優勝記念版
ボナンザvs勝負脳

さて今朝のまちかど情報室は、「一つで○役 調理グッズ」というテーマで、一つでいろいろな目的に使える、無駄をなくし調理の手間も省いてくれるキッチングッズの紹介でした。

@ KOS-0700
パンを焼きながら卵やベーコンなども一緒に焼けるオーブントースター

忙しい朝でもしっかり朝食を摂りたいですよね。そんな時にあると便利なオーブントースターです。サラダ作っていると、トーストが焼けましたが、さらに上の蓋をとったら目玉焼きもできていました。このオーブントースターは、パンを焼きながら簡単な加熱料理も一緒にできる優れものです。アルミ製のトレイの下は空洞になっていて、ヒーターの熱が直接伝わるようになっていました。目玉焼きをはじめ、ハムやベーコン、お餅などを焼くことができるそうです。フライパンを使う必要が無いので、ガスや電気の節約にもなります。「一品増えても手間が全然増えていないので、効率的でおいしい食事ができています。」と女性がコメントされていました。
この製品は、独身の人や単身赴任のお父さんに向けて開発されたそうです。トレーはフッ素樹脂加工されているので、油を使わずに調理できヘルシーだと人気を集めているそうです。 http://www.seiki.koizumi.co.jp/

A フェリオ(Felio)シリコントングセット
先端が付け替えでき、調理に応じて3つの使い方ができるシリコーン製のトング

カラフルな3色のトングは、黄色はパスタなどの麺類、緑は食材を裏返すフライ返し、赤はサラダなどを掴む時に使います。内側に突起がついていて滑りにくいそうです。素材はやわらかいシリコーンなので、鍋に傷がつかないそうです。またつまみを回すと、しっかり閉じるので引き出しにしまっても邪魔になりません。「一つ三役なのでいろいろな料理に使えて、収納も簡単。大変楽に使えています。」と女性がコメントされていました。 http://www.fujisho.jp

B さらだドライヤー
野菜の水切りができ、電子レンジで蒸し野菜も作れる容器

野菜料理をよく作るという主婦が愛用しているガラス製の容器は、サラダを食べるるときには、野菜を洗って水切りするのに使い、さらに、電子レンジで蒸し野菜も作れます。耐熱ガラスと熱に強い樹脂が使われているので、加熱しても大丈夫なのだそうです。数分で蒸し野菜もでき上がりました。付属の部品をセットして水を入れて使うと、にんじんやじゃがいもなどをしっかり蒸すことができます。「生野菜から温野菜まで、一つでできるのでとても便利です。片付けも楽なので、洗うものがかなり少なくなりました。」と女性がコメントされていました。 http://www.hario.com

栗やかぼちゃなどを簡単にむいたり切ったりできるキッチングッズ

2010年 10月7日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、飲食店で始まった“魚のお取り寄せ”についてのリポートがありました。未利用魚と呼ばれる魚ですが、今までは地元で消費するか、捨てられていた魚や、漁獲量が少なく市場に流通しなかった魚、でも珍しくて美味しいという魚のお取り寄せが、飲食店などを中心に全国に広がっているそうです。エビス鯛、コトヒキ、ビンタ、ハチビキなど、聞きなれない魚を売りにしているという居酒屋も紹介していましたが、店長がインターネットの専用サイトで、各地の珍しい魚をみつけて仕入れているそうです。漁港から直接届くので、味も良く、“初体験の味だ”などと、お客様からの評判も上々でした。珍しい魚を求める飲食店があると知り、そこへ販売すればビジネスになると考えた大阪吹田の男性が、2年前に全国の水揚げ情報を提供する会社を立ち上げました。入会金10万円と魚の購入金額の10%を手数料として納めれば、全国80箇所の漁港からの魚を仕入れられます。老舗の蒲鉾店や大手スーパーなども含め、全国1400店舗が利用していて、会社の売上も急成長しているそうです。今まで馴染みのない魚が手に入るようになり、私たちの食卓も豊かになりそうですね。


さて今朝のまちかど情報室は、「するするスパスパ あら!便利」というテーマで、今が旬の栗やかぼちゃなどを簡単にむいたり切ったりでき、作業を楽にしてくれる便利なグッズの紹介でした。

@ 栗くり坊主

“栗くり坊主” 硬い栗の皮が、リンゴのように簡単にむけるはさみ
栗ごはんの美味しい季節となりましたが、生の栗は堅くて滑りやすいのでむくのが一苦労ですよね。そこで便利なのが、栗くり坊主というはさみです。りんごの皮をむくように、するすると簡単に栗の皮がむけます。その秘密は2枚の刃にあります。ぎざぎざの刃で皮を押さえ、剃刀のような薄い刃で外の皮と渋皮をいっしょにむいていきます。刃が下向きについているので、栗の実にすっと入り込みます。「包丁でむいているときは、手を切りそうになったりしますが、これだと恐怖感はあまりないので何倍も楽ですね。」と主婦の方がコメントされていました。 
URL : http://www.suwada.co.jp/

A ののじ かぼーちょう

“ののじ かぼーちょう” かぼちゃやさつまいもなどの硬い食材が、サクサク切れる包丁
かぼちゃも堅くて切るのが大変ですが、この包丁なら手の力が刃に伝わりやすく堅いかぼちゃもざくっと切ることができます。ポイントは柄の形にありました。楕円形で握りやすく、しかも滑りにくい素材が使われています。さらに、一般的な包丁に比べて柄の位置が高いので、上から押さえつけるように力を入れることができます
柄の所にセンサーを付けて、どのくらい加重がかかるのか、測定していました。普通の包丁はおよそ1.9キロ、この包丁はおよそ1.4キロと少ない力で済みます。「スパッと切れるので、その時の快感もあって、料理をするのが楽しくなります。」と主婦の方がコメントされていました。この包丁、サツマイモや皮付きの鶏肉なども楽に切れるとのことです。 URL : http://www.nonoji.jp

B くるっと楽むきフルーツカッター

“くるっと楽むきフルーツカッター” グレープフルーツやオレンジを一口サイズにカットする器具
グレープフルーツを食べる時、うまくすくえず、きれいに食べられないことがありますよね。そこでとても便利なグッズがありました。半分に切ったグレープフルーツを押し込み、カバーをかぶせてくるっと一回転させると、果肉が一口サイズにカットされていました。中に六つのアーチがついていて、それぞれが刃のようになっています。そしてぎざぎざの刃が一枚ついていました。仕組みが分かるように固めたゼラチンで試していましたが、まず六つのアーチが縦にカットしました。そして回すと、刃が皮を残して果肉をくり貫いていました。残った皮はきれいにむけていました。「手が汚れず、時間もスピーディーにカットできるので、すごく便利です。」と女性がコメントされていました。この製品はオレンジにも使えます。また、蓋の上に押しつけると果汁が絞れて、ジューサーとしても使えるので、女性に人気となっているそうです。 URL : http://www.sun-family.co.jp

料理の手間が省けたり、ちょっとした煩わしさを解消してくれるグッズ

2010年 10月4日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、フィギュアスケートのメダリスト、高橋大輔さんや浅田真央さんが、今月22日に名古屋市で開催されるNHK杯への意気込みを語っていました。NHK杯は、世界の有力選手が出場するグランプリシリーズの初戦です。浅田真央さんのコメント「地元の方の応援をパワーに変えて頑張りたい。もう一度ジャンプを取り戻していい演技がしたい。」高橋大輔さんのコメント「前回表彰台に上がれなかったので、まずは表彰台に上がりたい。ショーを見に来たと思ってもらえるような演技をしたい。」そして、今年3月にジュニアの世界選手権で優勝した15歳、高校1年生の羽生結弦さんのコメント「NHKが初のシニア参戦なので緊張と不安を感じている。挑戦という気持ちを忘れずに自分の演技をしたい。」と、3人が今季のGPシリーズに向けて抱負を語っていました。新しく羽生結弦さんも加わって、ますますフィギュアスケートから目が離せなくなりました。


さて今朝のまちかど情報室は、「台所で食卓で もうイライラしません」というテーマで、料理の手間が省けたり、ちょっとした煩わしさを解消してくれるグッズの紹介でした。

@ oku 鍋のふたを立てかけるためのグッズ
お問い合わせ : 東洋アルミエコープロダクツ株式会社   TEL : 0120-123-701 
URL : http://www.toyoalumi-ekco.jp/katei/index.html
お料理している時、味見で鍋の蓋を取った後、置き場所に困る事ってありますよね。蓋を置いた時に触ってしまい、熱い!となることもあります。そこであると便利なものが、「oku」という鍋のふたを置くグッズです。凹んだ所にふたのつまみを引っ掛けます。斜めに置けるので、場所もとらず手も直接ふたに触れることがありません。素材は柔らかいゴムで、濡れた台所でも滑りにくくできていました。底の部分には磁石がついているので、使わないときは冷蔵庫にマグネットとして貼り付けておけます。「置くのも取り上げるのも楽にできて手も熱くないです。シュッと置けるから便利です。」と主婦がコメントされていました。 

A ガーリックズーム

にんにくのみじん切りが手を汚さず簡単にできる調理道具
にんにく料理が家族そろって大好きだと仰る主婦の方が、にんにくは小さいので、細かく刻むのにとても手間がかかり、まな板などに臭いがついてなかなか取れないのが悩みと仰っていました。確かにそうですよね、私もにんにくをすった後の手に付く臭いがいやです。でもこの「ガーリックズーム」というグッズなら、ニンニクを簡単にカットできるんです。一見おもちゃのようにも見え、ユニークな形ですが、にんにくを簡単にみじん切りにするグッズです。皮をむいたにんにくを中に入れ、前後に10回ほどゴロゴロと動かすだけです。みるみる細かくなって、みじん切りが出来上がります。中に4枚の歯があり、車輪の動きに合わせてこの歯が回転してにんにくを刻みます。手間もかからず簡単で手にも臭いがつきません。「にんにくがあっという間にみじん切りに小さくなっていくので、便利だと思います。小さいし飾っていてもかわいいと思います。」と主婦の方がコメントされていました。 URL : http://www.kai-group.com/jp/

B なっトング

納豆を軽くかきまぜて、早く粘りけを出すことができる納豆用トング
納豆は、かき混ぜればかき混ぜるほど、うまみ成分が出て美味しくなりますが、お箸でかき混ぜるのはちょっと面倒ですし手も疲れてしまいます。でもこの「なっトング」があれば便利なんです。表面を良く見るといくつも細かな突起があって、ボコボコしています。そのため、納豆と粒との間の摩擦が大きくなり、粘りけが早く出てくるのだそうです。先端は二つに分かれた形をしていますが、納豆をすくったあと、先を閉じてちょっと動かすだけで簡単に納豆の糸を切ることができます。これならご飯に納豆をのせるとき、糸がサット切れて粘ついて困ることもありません。吾妻アナウンサーが、「なるほど、これは納豆の煩わしさを解消してくれそうですね。」とコメントしていました。糸が引くまでのかき混ぜる回数が少ないので、お子さんやお年寄りに人気となっているそうです。また開発のきっかけは、ご飯粒がつかないように開発されたしゃもじがありますが、それがヒントとなったそうです。 URL : http://www.akebono-sa.co.jp/

今回紹介されたグッズは、どれも小さくてシンプルですが、煩わしさを解消してくれる優れものでした。


魚を焼いた後のわずらわしさを解消してくれる便利グッズ

2010年 9月28日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本のワールドリポートで、卓球の本家がイギリスだったと知りました。卓球は中国のスポーツだと思っていましたが、実は19世紀末のロンドンで、パーティーの後にダイニングテーブルを使って楽しむ余興として始まったそうです。今は、世界の卓球の中心は中国に移ってしまいましたが、巻き返しを図ろうと、イギリスの卓球協会などがプロジェクトを立ち上げたそうです。2年後のロンドンオリンピックに向けて卓球愛好家をさらに増やそうと、駅や公園などあちこちに卓球台を置きました。ビジネスマンの間で卓球が人気となっているようです。ロンドンの中心部、セントポール大聖堂前の広場にも卓球台が置いてあり、金融街シティーに勤める人たちが、仕事帰りに卓球で一汗流すというのが流行っていました。金融危機以降、お金がかからないストレス解消法として卓球の人気が出たそうです。安上がりな福利厚生の一環として、職場に卓球台を入れた企業や、バーのダンスフロアなどにも卓球台を設置したとことが増えていました。卓球は誰でも簡単に遊べるので、わずか20年の間にイギリス国内、そして世界に広がりましたが、イギリスの卓球ブーム、本家復活となればいいのですが。◆卓球知識の泉

さて今朝のまちかど情報室は、「焼き魚 もっと手軽に」というテーマで、昨日に引き続き魚の調理に役立つグッズの紹介でした。魚をグリルで焼くと、油汚れなどの後片付けが面倒ですよね。そんな魚を焼いた後始末などのわずらわしさを解消してくれる便利な製品の紹介でした。

@ かたづけバイバイ魚焼きトレー

受け皿もアミも汚れない!グリルの網にかぶせて使うのアルミのシート
美味しいサンマですが、焼いた後って油で大変ですよね。そこで使い出したのが、網に被せて使うアルミのシートです。アコーディオンのよう広げて使うので、どんな幅でも取り付けられます。かぶせたシートの間を広げて、水を入れて使いますが、これで受け皿の代わりになります。両端に折り返しがあるので、水や油も漏れません。魚を焼いた後にシートをはずすと、受け皿が綺麗なままでしたし、網も汚れていませんでした。シートは使ったら交換します。「後片付けの手間がなくなったので、お魚料理がおいしく、楽しくいただけます。」と女性がコメントされていました。
URL : http://www.geocities.jp/bunbun410jp/

A エコトクくん

魚から落ちる油などを吸収する、グリルの受け皿に入れるセラミック製の敷石
エコトクくんは、特殊なセラミックでできている受け皿に入れて使う敷石です。一つを顕微鏡で見てみると、小さな穴が無数に開いていました。魚から出た油をよく吸収するので、グリルが汚れにくく後片付けが楽です。この敷石、油を吸うと茶色くなってきますが、一回一回洗わなくてもいいのと、繰り返し10回以上は使えるとのことです。さらにこの敷石、熱を貯えて放射する力に優れているので、焼き時間を2〜3割短縮できるそうです。(※空焚きせず、弱火や中火で使用との注意がありました。)「こんがりと早く焼けるのが一番のメリットです。ガスの節約にもなります。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.luck-at.com/ecotoku/index.html

B 電気大根おろし器 おろしの達人

電気大根おろし器 おろしの達人は、簡単に大根をおろせる調理器具です。焼き魚を食べる時に欠かせないのが、大根おろしですね。でも大根をおろすのは力がいるので、一苦労です。腕も痛くなってしまいます。そこで主婦の方が、大根おろし専用の機械を使って大根おろしを作っていました。小さく切った大根を筒に入れて上から押すと、あっという間に大根おろしができてしまいました。さらに、辛味が抑えられ、ほんのりと甘みが出るのだそうです。秘密は、丸いおろし金が回転することにあるそうです。手でおろすとき、丸く円を描くようにおろすと、細胞が壊れにくく辛味が減ると言われていて、それと同じ原理だそうです。また大根の汁は容器の下に落ちるので、水っぽくない大根おろしができます。「すぐに出来るのがありがたいし、子どもも嫌がらずに食べています」と若い主婦の方がコメントされていました。URL : http://www.yamazen.co.jp

こんなに便利で手間が省けるグッズがあると、焼き魚をもっと焼こうかなと思いますよね。

大根おろしは、ハンバーグや焼肉のタレに使うことも多いので、手を傷めることなく、簡単にすれるものはないか?またお子さんやお年寄りでも心配なくすれるものは?ということで開発となったそうです。

魚を美味しく簡単に調理できるアイデアグッズ

2010年 9月27日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、浅田真央さんの練習風景を放送していました。フィギュアスケート大好きですので、そろそろ話題が出てこないかなと思っていたところでした。浅田真央さんの新コーチは、佐藤信夫さんだそうですが、昨日コーチと供に中京大での練習を公開されました。佐藤コーチの顔見たことあるなぁって思っていたら思い出しました。トリノ五輪の金メダリスト荒川静香さんのコーチでしたね。浅田真央さんは、昨日の練習では、「スピードを上げたときに重心を安定させる」などの指導を受けていました。浅田真央さん、一昨日の25日は20歳の誕生日だったそうで、シャンパンを飲んでいましたが、来月名古屋市で開かれるNHK杯に佐藤コーチと臨むそうです。早くリングの上の真央さんの演技、見てみたいです。浅田真央さんは、「佐藤先生の今までに体験した話をしてもらえてすごく楽しいです。」とコメントされていましたし、佐藤コーチは、「ほとんどのことが出来上がっているので、少しでも磨きをかけられればいいと思っています。」とコメントされていました。来月から始まるシーズンが待ち遠しいですね。
浅田真央POWER & BEAUTY

さて今朝のまちかど情報室は、「手軽においしく! ”新”魚調理法」というテーマで、魚を調理する時に役立つグッズの紹介でした。魚が美味しい季節ですが、これまでとは違う調理法で魚を美味しく手軽に味わえる製品を、今日と明日の2日間取り上げるそうです。

@ スチームロースター UCS3

魚を表面はパリッと中はふっくらと、蒸しながら焼き上げる調理器具
サンマは魚焼きグリルを使って焼くと思いますが、サンマが好物だという主婦は、ホットプレートのように見えるスチームロースターを使っていました。両側に深い溝があり、魚に焦げ目がついたら、その溝に水を入れ蓋をします。高温の水蒸気で蒸し焼きにしていましたが、焼き目はしっかりついていました。蒸すことで水分が保たれるのでふっくら焼けるのだそうです。「グリルでは硬く焼けてしまいますが、これだとふっくら柔らかく焼けて美味しいです」とコメントされていました。 URL : http://www.aux-ltd.co.jp/

A ふしぎなお皿 料理の革命 FIRの器

電子レンジでチンするだけで焦げ目がつく不思議なお皿
定年後に料理を覚えたと言う男性が、アジの塩焼きを作ります。でも生のままのアジをお皿にのせ電子レンジでチンするだけでした。待つこと4分で、こんがり焼けてておいしそうでした。加熱直後に、この不思議なお皿の温度を測ってみると、181.1℃と高かったのですが、皿に特殊な鉱石が混ぜてあり、マイクロ波を吸収して全体を発熱させているのだそうです。それで高温になり、電子レンジでも皿に接した面に焦げ目がつくのだそうです。。「簡単に魚が焼けて、美味しそうに見えるのが嬉しいです」と男性がコメントされていました。
お問い合わせ先 : 有限会社小森谷嘉右ヱ門窯 お電話 : 0955−46−3622
実はこのお皿、スマステーションでもやっていて、人気ナンバーワンだったので知っていました。http://smasta.bijual.com/Entry/21/

B レンジで簡単 おいしい煮魚の素
電子レンジで煮魚を作るための調味液が入ったパック
共働きで毎日帰宅が遅いと言うご夫婦、魚料理が食べたい時には、煮魚用の調味液が入った「レンジで簡単 おいしい煮魚の素」を使うそうです。調味液が入った袋中に、買ってきた生の魚を入れます。パッケージの一部を切り取り、それを折って立てて、その上に魚が入った袋をかぶせ電子レンジで加熱します。ちょっと変わったチンの仕方でしたが、パッケージの一部を台にしているので、袋の下が浮いているのがポイントでした。これで煮汁が袋の中でうまく滞留して、まるで鍋で煮たようになるのだそうです。およそ7分で、まんべんなく味がついた「さばの生姜煮」が完成しました。味付けは他にも3種類あるそうです。「味も本格的で美味しいし、平日に時間のかかる煮魚が食べられるのがいいです。」とご夫婦がコメントされていました。
お問い合わせ先 : 日本水産株式会社 URL : http://www.nissui.co.jp/

電子レンジで煮魚が作れるこのパックは、共働きの夫婦やお年寄りの夫婦のために開発されたので、二人世帯をターゲットに作られています。一度に二人分が調理できて、味にムラが出ないようにと研究を重ねた結果、この独特な二股の袋になったのだそうです。


キッチンをすっきりさせ、悩みも解消してくれるグッズ

2010年 9月13日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、長野県の松川村で、スズムシ保護条例というユニークな条例が可決したというニュースがありました。松川村にはスズムシが多く生息しているので、スズムシで町おこしをしようと、スズムシを保護するため捕獲を禁じるという条例案を出しました。スズムシは、昭和60年頃から村の有志のグループが人口飼育を初め、スズムシで有名になった今では小包便で全国に発送しているそうです。スズムシをPRして村の活性化につなげようと、自然に生息するスズムシの捕獲を禁止する条例案が村議会で可決されました。スズムシ保護条例では、●村の全域を保護区域とする。●保護の目的で村長が認める場合以外は捕獲禁止。●土地の開発の際、スズムシの生息地に配慮すること。などが決まりましたが、違反しても罰則の規程はないようです。松川村の村長が、「スズムシのふるさととしてやっていきたい。みんなでスズムシを大事にしよう。」とPRしていました。松川村がスズムシで有名な所だったとは全然知りませんでしたが、ここからはそれ程遠くないので、スズムシの音色に癒されたくなりました。


さて今朝のまちかど情報室は、「キッチンすっきり 悩みもすっきり」というテーマで、台所仕事のわずらわしさを解消して、キッチンをすっきりさせ、悩みも解消してくれるグッズの紹介でした。

@ トトラ ディッシュラック

食器の形に応じて、ピンで自由に仕切りが変えられる水切りかご
トトラ ディッシュラックは、何かのゲームのように、ボードにピンを挿して使う水切りかごです。ピンの位置を変えることで、自由なレイアウトで仕切りを作ることができます。水切りかごに仕切りがないと、重ねた食器が崩れたり、乾きにくかったりしますが、このラックの場合、細かくピンを挿せば、平皿をたくさん並べられますし、ピンの間隔を空ければ、どんぶりなどの深い器も立てられます。隙間ができるので、洗った食器が早く乾燥します。水切りかごは、ピンを取り外して、つけ置き洗いができるので、簡単でいつも清潔にしておけます。「ピンを自由に挿すことで、自分がとめたいように食器を支えられるのがいいです」と女性がコメントされていました。トトラ ディッシュラックを開発されたのは男性だそうです。奥さんから、仕切りのないタイプや仕切りが固定されているタイプは使いづらいという話を聞いたことが開発のきっかけとなったそうです。 
URL : http://www.wahei.co.jp/

A ペットボトル・袋干し

リサイクルに出す前に、もうひと仕事。貝印FE-0005 ペットボトル・袋干し
食品保存袋などを干す台ですが、観葉植物のようでキッチンに置いていてもお洒落な感じです。キッチン用品はなるべく再利用したいですが、食品を保存する袋も良く洗って繰り返し使う人も多いと思います。でも、袋の内側が乾きにくいのが悩みですよね。そこでこの「ペットボトル・袋干し」があると便利です。細長い植物の葉のように見えるのは、細長いプラスチックの棒です。そこに洗った袋を被せて、棒を広げて干すと、隅々まで乾くようです。ペットボトルや牛乳パックにも使えます。「すぐ乾いて片付けられます。またデザイン的にもスマートで楽しんでいます。」と女性がコメントされていました。 URL : http://www.kai-group.com/jp/

B キッチン腰楽

シンクの縁に引っかけて、もたれて楽々皿洗い、腰の負担を軽くするクッション
キッチン腰楽は、流し台に引っかけて、体をもたせ掛けて使うクッションです。前屈みの姿勢を続けていると、腰が痛くなってきてつらいですが、このクッションを使うと腰にかかる負担が減り腰が楽になるそうです。シンクの縁が8.5cm以内の幅なら使用できます。適度な丸みで体にフィットし圧迫感もないようです。撥水性の素材なので水仕事でも、クッションに水が染みることもありません「体重を預けられるので姿勢がよくなります。長時間やってても楽になりました」と若いお母さんがコメントされていました。 URL : http://www.al-phax.co.jp/

家庭で手軽にビールの泡が作れるグッズ

2010年 8月13日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、アトピー性皮膚炎などで苦しむ人たちへ、ダニアレルゲンを吸着、除去する肌着が開発されたというニュースがありました。群馬県繊維工業試験場と桐生市の染色加工会社が共同で、繊維の表面に特殊な加工を施し、アトピー性皮膚炎の原因となる物質を肌に触れにくくする新たな技術を開発しました。アトピー性皮膚炎の原因の一つとなっているダニのフンや死骸などのダニアレルゲンがマイナスの性質を帯びていることに着目し、繊維の表面がプラスになるよう加工する技術を開発したのだそうです。この肌着を着ると、ダニアレルゲンが生地の表面に留まり、皮膚に触れにくくなるそうです。水洗いしても同じ効果が繰り返し発揮されるので、肌着を一つ手に入れれば、痒みから開放されそうです。共同開発者の伊藤久夫社長が、「パジャマとかTシャツなどに使ってほしい。使用した子どもたちがかゆみから開放されたという声を聞くと嬉しい」とコメントされていました。子供服や肌着を製品化し、今年10月から販売開始を目指しているそうです。待ち遠しいですね。でも、イギリスで開発された、かゆみを抑えてくれるこんな製品もありました。>>アトピー性皮膚炎などのかゆみを抑える「チュビファースト TUBIFAST」衣類タイプ ベスト(5歳〜...

さて今朝のまちかど情報室は、セレクション「泡が決め手”家ビール”」というテーマで、家庭で手軽にビールの泡が作れるというグッズの紹介で、2010年 6月24日(木)の再放送でした。
詳しい商品説明は、2010年 6月24日の「美味しいビールの泡を、上手に作るグッズ」をご覧ください。>>http://machikadojoho.sblo.jp/article/39144023.html

@ ビアスムーザー

缶ビールにとりつけると泡がきめ細かくなるグッズ
お問い合わせ : 豊国工業株式会社
URL : http://www.houkokukk.co.jp
詳しい商品説明は、6月24日の「美味しいビールの泡を、上手に作るグッズ」をご覧ください。

A 泡づくり
アデリア 泡づくり ジョッキ M 格...

アデリア 泡づくり ジョッキ M 格...

価格:840円(税込、送料別)


細かい凹凸で泡立ちをよくしたビールグラス
お問い合わせ : 石塚硝子株式会社ハウスウェアカンパニー 
URL : http://www.ishizuka.co.jp/houseware/
詳しい商品説明は、6月24日の「美味しいビールの泡を、上手に作るグッズ」をご覧ください。
  
B 泡マスター

ワンプッシュで泡を作るグッズ
お問い合わせ : 日本炭酸瓦斯株式会社
URL : http://www.ntg.co.jp/
詳しい商品説明は、6月24日の「美味しいビールの泡を、上手に作るグッズ」をご覧ください。

手軽に楽しくバーベキューを楽しめる便利グッズ

2010年 8月3日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本「暮らし最新事情」で、ネットで交流中高年サイトという特集がありました。ITを活用して、新しい仲間を作ったり、地域の交流を深めようという動きが、中高年の間で広まっていました。特集では、建設中の東京スカイツリーを見学する中高年のグループを紹介していましたが、インターネットの交流サイトで知り合った人たちでした。東京の名所を歩いて周り、その歴史を学ぶ交流会が人気なのだそうです。そのきっかけとなったサイトが「趣味人倶楽部」です。サイト利用者は、趣味ごとにグループを作って情報交換をしていますが、現在会員数は20万人を超えていて、中高年の交流会が盛んに行われているそうです。「楽しくて月2回くらい行ってます」という参加者もいらっしゃいました。ITでつながる中高年が増えていて、ITは今や若者だけのものではないですね。中高年の活力、生きがいを生む道具としてますます広がっていきそうです。趣味人倶楽部 >> http://smcb.jp/

さて今朝のまちかど情報室は、「手軽に楽しくバーベキュー」というテーマで、バーベキューをする道具をそろえたり、食材の準備が大変、という人のために便利なグッズの紹介でした。

@ フォールディングテーブルトップステンレスグリル

コンパクトでスタイリッシュな、折りたたみ式バーベキューグリル
バーベキューをするには、道具の運搬が大変だったり、組み立てに時間がかかるのが悩みですよね。でもバーベキューに便利なケースがありました。中に網などがセットされているバーベキューグリルですが、重さは約2キロでとても軽いものです。足を広げて墨置きをセットすれば1分程で組み立てられます。テーブルの上でも使えますが、高温になるため、メーカーでは転倒ややけどに気をつけるようにとのことでした。軽くてコンパクトで持ち運びに便利ということで、バイクや自転車などでツーリングを楽しむ人たにちも人気だそうです。確かに、こんなコンパクトなバーベキューセットがあれば、アウトドアで楽しめそうですね。http://www.coleman.co.jp

A 1台5役のキャンピングシンク

アウトドアに!調理道具がセットになったコンパクトグッズ
バーベキューグリルなどの道具はレンタルで済ませるという男性、いつも車に積んでいるのが、ケースの中に料理の準備ができるグッズが収納されているものでした。水をためることができるので、水場に行かなくても野菜が洗えますし、まな板としても使えます。まな板をスライドさせて下から野菜を取り出して、野菜を切ったら横のカゴに入れる、とかなり機能的でした。まな板にはスライサーがついているので、野菜の皮むき、薄切り、すりおろしなどもできます。このグッズがあれば、自宅からあれこれ調理道具を持ち出さなくても、その場で手早く準備ができるのがいいですね。「これ一つあれば、小型のキッチンになり、片付けも楽で便利です」と男性がコメントされていました。これは便利ですので私も欲しくなりました。http://www.yumetai.co.jp/

B LOGOS岩塩プレート

バーベキューで使う岩塩、のせて焼くだけでタレいらず LOGOS岩塩プレート
塩味でバーベキューを食べたいという人のために作られた岩塩のプレートです。ヒマラヤ山脈から採掘されたという岩塩を薄い板状に加工してありました。使い方は網の上に岩塩を置き、肉をのせて焼くだけ。洗って乾かせば2〜3回は使えるそうです。肉汁と溶け出した塩が混ざり合うため、タレを付けなくてもそのまま味わえます。「岩塩だと肉も野菜もその素材の味がそのまま味わえる、子供がいっぱい食べてくれるので嬉しい」とお母様がコメントされていました。私もヒマラヤの岩塩を使っています。これがあるだけでドレッシングなどがすごく美味しくなります。でも岩塩のプレートは初めて知りました。ちょっと贅沢な岩塩の使い方ですが、お肉を焼いたら美味しいだろうなぁと思いました。私も一度この岩塩のプレートで料理してみようと思います。
http://www.logos-co.com/

悩み解消できるキッチングッズと卵の公正マーク

2010年 7月2日(金)
今朝のNHKニュースおはよう日本で、7月1日から始まった卵の表示「公正」マークについてのニュースがありました。卵の表示に関しては以前にも書きまた。
>>http://machikadojoho.sblo.jp/article/36705173.html
私たちの食生活には欠かせない卵、今までは「自然」とか「特選」とかの宣伝文句に、明確な定義がなく消費者を混乱させていました。鶏卵生産者や流通業者でつくる「鶏卵公正取引協議会」で検討を重ねた結果、新たに作った一定の基準を満たした卵は「公正マーク」を付けて販売されることになりました。今までのあいまいな卵の表示に歯止めがかかりそうですが、まだ公正マークの交付を申請した業者は十数社だけのようです。申請中の業者も何社もあると思いますので、これからは消費者が安心して卵を買える時代になりそうです。でも流通するには相当時間がかかりそうですね。
詳しくは>>http://mainichi.jp/life/food/news/20100620ddm013100039000c.html
私はくんせい卵が好きです



さて今朝のまちかど情報室は、セレクション「もう泣かない!調理の悩み解消」というテーマで、これまでに問い合わせが多かった、調理の時の悩みを解消してくれるグッズのアンコール放送で、2010年 5月20日(木)の再放送でした。

2010年 5月20日(木) 「調理中に感じる悩みを減らすための、キッチン便利グッズ」
>>http://machikadojoho.sblo.jp/article/38347138.html


@ ののじ オニオンチョッパー

玉ねぎのみじん切りでも涙が出にくい ののじ オニオンチョッパー
玉ねぎのみじん切りをすると、涙が出てきて困りませんか?でも「ののじ オニオンチョッパー」なら、玉ねぎを切っても涙が出にくいそうです。目にしみにくい刃物の秘密は刃の作りにありました。刃が細かいギザギザになっていました。包丁で切ると、玉ねぎの細胞がつぶれてしまい、中から涙の原因となる刺激成分が放出されます。包丁と新製品のオニオンチョッパーで切った断面が比較された映像がありましたが、
●包丁で切った断面の細胞・・・・・ストンと真っ直ぐ
●新製品で切った断面の細胞・・・・・粗い
断面の違いから、この製品で切ると、細胞がつぶれにくいようです。細胞は例えて言うと、薄い皮に覆われたトマトのようなものです。包丁を押し当てると、刃が接する部分が多いので、つぶれやすいのですが、この製品の刃は拡大して見ると、ナイフを並べたような感じでできていたので、刺さるように刃が入っていき、トマトの形が崩れませんでした。オニオンチョッパーは、ゆで卵などの柔らかい食材を切る時にも重宝します。「切れ味もスパッと切れるので、涙も出にくい。 たまねぎを切る時のストレスが半減しそうです」と主婦が仰っていました。玉ねぎを切っても涙が出にくい刃物の「ののじ オニオンチョッパー」は、食材の細胞が壊されないので、新鮮さが損なわれることがないという利点があります。メーカーでは、ノコギリのように引くのではなくて、押し当てることでカットできるギザギザの刃を、1年かけて開発したそうです。
URL : http://www.nonoji.jp

A ウォータードロップスチーミングリッド

大きさ自由自在のシリコーン製のふた ウォータードロップスチーミングリッド
様々な大きさの鍋やフライパンに使えるシリコーン製の鍋フタです。鍋やフライパンの蓋は、大きさごとにそれぞれ必要ですが、ウォータードロップスチーミングリッドというシリコーン製の蓋が一つあれば事が足りてしまいます。来月発売予定の鍋蓋ですが、熱に強いシリコーン製で、柔らかいので大きさが異なるフライパンや鍋どんなものにもフィットします。熱が逃げにくく、効率的な加熱ができます。蒸気は蓋の中央から出ますが、つまみの周りにカバーがあり、持ち上げても熱くないようです。丸めてコンパクトにできるので、収納も場所をとらず、扱いやすくて便利なところがいいですね。  URL : http://www.makitore.com/


B  レイ つみ重ねザルバット

ザルがセットになって積み重ねられる容器 レイつみ重ねザルバット
キッチンが狭く、野菜や具材などの食材を置くスペースがなくて困ることってありませんか?でも、ザルがセットになった積み重ねられるこの四角い容器があれば、たくさんの食材が必要な料理を作る時にとても便利です。斜めに交互に、いくつも積み重ねができる容器です。縁に窪みが付いていて、そこに積み重ねるので安定しています。
サイズは3種類(L M S)有り、色は2種類(グリーン ホワイト)有ります。
ザルもセットになっているので、野菜や豆腐の水切りにも便利です。また、耐熱性なので、電子レンジの加熱にも使えます。「重ねられることによって、調理がスムーズになりました。凝った料理にも挑戦しようと思うようになりました。」と主婦がコメントされていました。
ザルがセットになった積み重ねられる容器は、省スペースになり何通りにも使えるものが欲しいと言う主婦の声から生まれました。  URL : http://www.richell.co.jp/


トースターで色々な料理が作れる便利グッズ

2010年 6月15日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本「暮らし最新事情」で、今若者に大人気のステテコについての特集がありました。ステテコは、蒸し暑い夏にズボンの下にはくと、汗をよく吸い取って快適に過ごせるのですが、見た目がちょっとということで今までは敬遠されてきていました。大阪、梅田にある百貨店の紳士用品売り場では、この夏の主力商品として、売り場の一番目立つところにステテコが並んでいました。「ジャージより丈が短く、風通しがいいので部屋着になる」と若い男性がコメントされていました。この紳士用品売り場には、女性の姿が目立っていました。「チェックがかわいい。彼とおそろいで部屋で着たい」というような女性のニーズに答え、Sサイズも展開していました。ステテコは、今売り上げが急上昇しているそうで、こちらの百貨店では、5月末までに去年の1年間の2倍を超える売上となっているそうです。40年前からステテコを作っている、大阪北区の肌着メーカーがこのステテコブームに火をつけました。若手社員たちが立ち上がって、流行の色や柄に加え、若者に人気の細身のズボンに合わせられるよう形も改良し、見せるステテコを作りました。デザインもとっても可愛くて、私もはいてみたくなりました。


さて今朝のまちかど情報室は、「トースターをもっと活用しよう」というテーマで、パンや餅を焼く時に使うトースターを、さまざまな料理に活用するためのグッズの紹介でした。

@ トースターバック

トースターでフレンチトーストやホットサンドなどが焼ける袋です。フレンチトーストは普通はフライパンで作りますが、このトースターバックがあれば、トースターで焼くことができます。この袋は、熱に強いガラス繊維でできていて、焼きたいものを中に入れて使います。フレンチトーストなら、卵に浸したパンを袋に入れ、そのままトースターに入れます。フッ素樹脂加工がしてあるので、袋に中身がこびりつかないそうです。適度に水分が保たれるので、外はカリッっと、中はふんわりと仕上がります。他にもチーズが程よくとろけたホットサンドや焼きおにぎりなども作れます。
洗えば繰り返し使えるのでとても便利です。  URL : http://www.sankeico.co.jp

A ホットケーキプレート

ホットケーキをトースターで焼くためのプレートです。このプレートは、耐熱性のセラミックでできていて、赤のハート型、黄色の星型、茶色の丸型と3種類あります。使い方は、プレートに油やバターをひいて、生地を流し込んだらトースターに入れるだけです。フライパンで焼く時は、焼き加減を見ながらひっくり返さなければいけませんが、これなら上はヒーターの熱で、下は高温になったセラミックによって両面がこんがり焼けます。そのまま食卓に出せるので、他の皿を使わなくてすみます。「手間がかからないのが気に入っている。いろいろなバリエーションがきくので、トースターをたくさん利用しています」と女性がコメントされていました。
メーカーの株式会社クリヤマでは、以前目玉焼きなどをトースターで簡単に焼ける皿を発売したそうです。その皿の売り上げが予想をはるかに上回ったので、第二段を開発することになったとのことでした。  URL : http://www.kdep.co.jp

B 電熱器専用 魚焼きセット

トースターで魚を焼いても、煙やにおいが出にくいお皿とシートのセットです。魚を焼く時グリルを使うと、後で洗うときの匂いが嫌で、ほとんどグリルを使っていないと仰る主婦の方は、魚をトースターを使って焼いていました。トースターで焼くのに便利なのが、このセラミック製の皿です。でも、このまま魚を焼くとやっぱり匂いや煙が気になります。そこで使っているのが、お皿とセットになっているシートです。フッ素樹脂でできていて、皿を覆うように被せると、油が飛びちらず匂いを抑さえてくれるのだそうです。このシートは、熱は良く通しますが、水分はあまり逃がさないので、魚がぱさつかずふっくら焼けます。においや煙も気にならないようです。「ちょうどいい焦げ目が付き、使い終わったあとの掃除が楽で、トースターの中も匂わないのですごく便利です。」とコメントされていました。  URL : http://www.orient-dream.net

今日紹介してくれた製品は3点とも全て、電子レンジのオーブン機能でも利用することができるそうです。

調理中に感じる悩みを減らすための、キッチン便利グッズ

2010年 5月20日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本「特ダネ映像File」では、水の七変化!と称して、めったに見られない不思議な絶景の数々を紹介していました。私たちにとって身近な水が、氷になったり、水蒸気になったり、霧になったりと様々に変化する不思議な現象を映し出していました。
蔵王の樹氷
氷の怪物、アイスモンスターとも呼ばれます。氷の厚みが1メートル以上あるものは日本でしか見られないそうです。一見雪にも見える樹氷は、風が木にぶつかると、目に見えないほどの小さな水滴が、まるで芽がニョキニョキと出ているように凍りついていきます。
無数の水滴が積み重なって樹氷となっていました。
ニュージーランドの間欠泉
熱湯を吹き上げる高さは20メートルもあり、世界最大級の迫力満点の間欠泉の映像でした。
愛媛の肱川あらし
愛媛県大洲の肱川(ひじかわ)では、冬の朝に「肱川あらし」と呼ばれる雄大な霧の絶景が見られます。肱川あらしは、まるで巨大な白い竜が這ているような姿に見えます。世界でもまずここでしか起きないとされるダイナミックな現象で、今回撮影した肱川あらしは、数年に一度の大規模なものだったそうです。


さて今朝のまちかど情報室は、「もう泣かない!調理の悩み解消」というテーマで、調理中に感じるストレスを少しでも減らすためのグッズの紹介でした。

@ ののじ オニオンチョッパー

新発売【人気商品】ののじ オニオンチョッパー
玉ねぎのみじん切りをすると、涙が出てきて困りませんか?でも「ののじ オニオンチョッパー」なら、玉ねぎを切っても涙が出にくいそうです。目にしみにくい刃物の秘密は刃の作りにありました。刃が細かいギザギザになっていました。包丁で切ると、玉ねぎの細胞がつぶれてしまい、中から涙の原因となる刺激成分が放出されます。包丁と新製品のオニオンチョッパーで切った断面が比較された映像がありましたが、
●包丁で切った断面の細胞・・・・・ストンと真っ直ぐ
●新製品で切った断面の細胞・・・・・粗い
断面の違いから、この製品で切ると、細胞がつぶれにくいようです。細胞は例えて言うと、薄い皮に覆われたトマトのようなものです。包丁を押し当てると、刃が接する部分が多いので、つぶれやすいのですが、この製品の刃は拡大して見ると、ナイフを並べたような感じでできていたので、刺さるように刃が入っていき、トマトの形が崩れませんでした。オニオンチョッパーは、ゆで卵などの柔らかい食材を切る時にも重宝します。「切れ味もスパッと切れるので、涙も出にくい。 たまねぎを切る時のストレスが半減しそうです」と主婦が仰っていました。玉ねぎを切っても涙が出にくい刃物の「ののじ オニオンチョッパー」は、食材の細胞が壊されないので、新鮮さが損なわれることがないという利点があります。メーカーでは、ノコギリのように引くのではなくて、押し当てることでカットできるギザギザの刃を、1年かけて開発したそうです。

A ウォータードロップスチーミングリッド
様々な大きさの鍋やフライパンに使えるシリコーン製の鍋フタです。鍋やフライパンの蓋は、大きさごとにそれぞれ必要ですが、ウォータードロップスチーミングリッドというシリコーン製の蓋が一つあれば事が足りてしまいます。来月発売予定の鍋蓋ですが、熱に強いシリコーン製で、柔らかいので大きさが異なるフライパンや鍋どんなものにもフィットします。熱が逃げにくく、効率的な加熱ができます。蒸気は蓋の中央から出ますが、つまみの周りにカバーがあり、持ち上げても熱くないようです。丸めてコンパクトにできるので、収納も場所をとらず、扱いやすくて便利なところがいいですね。
URL : http://www.makitore.com/
鍋蓋のURL : http://www.makitore.com/cv101l.pdf

B レイ つみ重ねザルバット

食材の水切り、小分けに便利!【リッチェル】Lei つみ重ねザルバット L グリーン
キッチンが狭く、野菜や具材などの食材を置くスペースがなくて困ることってありませんか?でも、ザルがセットになった積み重ねられるこの四角い容器があれば、たくさんの食材が必要な料理を作る時にとても便利です。斜めに交互に、いくつも積み重ねができる容器です。縁に窪みが付いていて、そこに積み重ねるので安定しています。
サイズは3種類(L M S)有り、色は2種類(グリーン ホワイト)有ります。
ザルもセットになっているので、野菜や豆腐の水切りにも便利です。また、耐熱性なので、電子レンジの加熱にも使えます。「重ねられることによって、調理がスムーズになりました。凝った料理にも挑戦しようと思うようになりました。」と主婦がコメントされていました。
ザルがセットになった積み重ねられる容器は、省スペースになって、何通りにも使えるものが欲しいと言う主婦の声から生まれた製品なのだそうです。

お料理をする時、小さくて大活躍するキッチン小物

2010年 4月22日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、女子プロ野球のリーグ戦開幕のニュースがありました。国内で女子のプロ野球の競技人口は600人ほどだそうです。明日から、「京都アストドリームス」と「兵庫スイングスマイリーズ」の2チームで争う、女子だけのプロのリーグが開幕します。まだ2チームしかないんですね。試合も忙しいですね。野球をやりたい女子たちの目標になるようにと設立されたこのリーグですが、選手たちは、強い思いで明日の開幕を迎えます。京都市に本拠地を置く京都アストドリームスは、全員女子の選手で15人います。入団試験で選りすぐられた全国の精鋭たちで、平均年齢は21歳です。開幕に向けて朝から5時間、毎日休まず練習しています。リーグの取り組みとして、「山元保美物語」のように、選手一人一人の野球人生を紹介する漫画を作って、地元の小中学校に寄贈しています。開幕戦は、明日23日の夜6時から京都市のわかさスタジアム京都で行われ、10月まで、40試合が行われる予定です。


さて今朝のまちかど情報室は、「小さくても活躍!キッチン小物」というテーマで、料理をする時に感じる、ちょっとした悩みを解消してくれるキッチングッズの紹介で、小さくても活躍するものばかりでした。

@ プレート スペーサーズ(Plate Spacers)

盛り付け皿をタワーのように重ねられるプレート スペーサーズ Plate Spacers
料理をたくさん作ると、キッチンはお皿でいっぱいになってしまい、盛り付けするスペースがなくなってしまいます。そこで便利なのが、プレート スペーサーズという名の小さなグッズです。皿の縁に3つ置いて、その上に別の皿を重ねます。1皿盛り付けたら、その上にもう1皿重ねます。プレート スペーサーズがあれば、タワーのように何皿も積み重ねられます。プレート スペーサーズは、高さの異なる2種類があります。上と下にシリコン製のゴムが付いているので、ゆらしてもグラグラせず安定しています。耐熱性にも優れているので、お皿を重ねたままでも、電子レンジにそのまま入れられます。(ただし重なっているので、加熱具合にはむらが出ることもあるそうです)また重ねたままのお皿をテーブルに持っていくと、お食事に招いた友人たちが驚いていました。私は盛り付ける時場所がないと、離れたダイニングテーブルまで持って行ったりしますが、これがあればキッチンの狭いスペースだけで盛り付けができるので便利ですね。

A ピーマンキャロピー

簡単!便利!0155015558 ピーマンキャロピー 75322
ピーマンの肉詰めやピザトーストなどを作るとき、ピーマンを輪切りにしますが、へたと種がうまくとれなくてピーマンが裂けてしまいませんか?私はなかなかきれいなピーマンの輪切りできません。でもピーマンキャロピーなら、刺してクルット回すだけで種とへたが簡単に取れます。ピーマンキャロピーには、3枚のステンレス製の刃が付いています。尖った刃先がへたの中に入り込んで種を包み込み、回すと芯がカットされ種がきれいに取れます。パプリカ用に一回り大きいサイズもありました。ピーマンをたくさん使うときにピーマンキャロピーがあると、調理がはかどりますね。ピーマンキャロピーは、メーカーの男性社員が考えたそうです。週末料理をしていて、ピーマンの種が飛び散るのをなんとかしたくて考えたそうですよ。

B mottai nice 菜箸アクセサリー3種セット

mottai nice菜箸アクセサリー3種セット
菜箸の先に取り付けて使う、スプーンや刷毛、へらです。たとえばフライパンで炒め物をする時、菜箸で炒めたら、菜箸をひっくり返してスプーンで味見をすることができます。シリコン製のスプーンは、菜ばしの反対側に取り付けて使います。「スパチュラヘッド」「塗り刷毛ヘッド 」「スプーンヘッド 」の3種類があり、スプーンの他にヘラと刷毛もありました。とろみのあるソースを取る時は、へらで。また焼きおにぎりの調味料などを塗る時には刷毛を使うといいですね。菜箸を裏返すだけで、別の道具を用意しなくていいです。「菜箸の先に付いているので、作業効率が上がります。洗ってすぐ清潔に使えて便利です。」と仰っていました。




造幣局の桜の通り抜けと、食材の保存に役立つアイデアグッズ

2010年 4月15日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本は、大阪の造幣局から桜の通り抜けを生中継で放送していました。大阪市の春の風物詩、造幣局の桜の通り抜けが昨夜から始まりました。明治時代から続いている桜の通り抜けですが、今年は127年目だそうです。植えられている桜は127種類、354本の桜が咲き誇り、正に桜の博物館といった趣です。昨日と今日、指先がかじかむような寒さの中で始まりましたが、花びらが幾重にも重なった見ごたえのある八重桜が見ごろとなっていました。種類の多さが特徴ですが、今朝はその中の2品種を紹介していました。紅手毬(べにてまり)という品種は、丸くふんわりとした桜ですが、その丸い形からついた名前だそうです。きれいな上品なピンク色で、手毬のようにふっくらと咲いていました。その奥に咲いていた緑色の桜は、まるで葉桜のようにも見えますが、葉桜ではなく花びらが黄緑色をしている桜で、鬱金(うこん) という品種です。カレーなどに使う、香辛料のウコンから名前がついたそうです。緑色の花びらの桜なんて、私は一度も見たことがありません。カメラが1本1本桜を映し出していました。朝早く、開園前の誰もいない風景でしたが、造幣局に行って本当に歩いて見てるような感じになりました。
4月14日(水)から4月20日(火)10:00〜21:00(土日は9時から)まで、開かれています。
>>通り抜けの桜

さて今朝のまちかど情報室は、「シュポシュポするといいんです」というテーマで、容器に空気を入れたり抜いたりして、食品や飲み物を保存するための便利なグッズの紹介でした。

@ ラヨマ
ラヨマは、マヨネーズの容器に付けて中身を出しやすくするためのグッズです。マヨネーズは、中身が少なくなると出しずらくなったり、飛び散ったりしませんか。でもラヨマという小さなグッズを付けると、少なくなったマヨネーズが出しやすくなります。まず付属の金属の棒を熱して、マヨネーズの容器に穴を開けます。そこへグッズを差し込んだら、逆さまにして保存します。マヨネーズを出してみるといったんへこみますが、そのまま置いておくと容器の復元力により中に空気が入り膨らみます。このグッズの断面によると、空気を通す穴が開いていて、間に小さなボールが入っていました。押すとボールが動いて穴を塞ぐようになっていて、空気が抜けることなく、中身を簡単に押し出せる仕組みとなっていました。「軽く握るだけで、搾り出さなくても自然に落ちてきて、均等にマヨネーズが出るので、最後まできれいに使えます。」と仰っていました。
ラヨマは、バイクの部品などを作るメーカが開発しました。ガソリンタンクのキャップに使われているバルブの構造を利用して製品化したのだそうです。
URL : http://www.cobalteng.com/rayoma.html


A ニュータッチバック
ふたを押すと中の空気が抜け、しっかり密閉できる容器

ニュータッチバック 真空保存容器長方形(3個セット) 【ni3shi0401】【kaimawari0401】
ニュータッチバックは、残った食材や料理を保存しておくのに便利な容器です。食材を入れてふたをしたら、軽く2〜3回押します。中の空気が抜けて、ふたがピッタリ閉まるので、カレーなどの水分がこぼれたり、臭いがもれたりすることがなくなります。ニュータッチバックのふたには弁が付いています。弁の役割をしている青いゴムのふたを押すと、中の空気が出て、手を離すとポンッと弁が閉まります。しっかり閉まっているふたを開ける時は、弁のカバーを押し上げれば、空気が入って簡単に開けることができます。手間をかけずに密閉ができるので、食材の保存にとても便利ですね。

B 炭酸キーパー
飲み物の炭酸を、抜けにくくキープするためのキャップ

エージー(AG) 炭酸キーパー レッド
炭酸飲料の入ったペットボトルは、飲み残しを冷蔵庫に保存しても炭酸が抜けてしまいます。炭酸が抜けると美味しくないので捨ててしまい、もったいなく思うことってありませんか。炭酸キーパーを使えば、その問題が解決します。炭酸キーパーは、ペットボトルの口に付ける丸いものですが、炭酸が抜けにくくなるというキャップです。ボールのような丸い形をしたポンプを押すと、中に空気が入ります。普通のキャップだと、液体の中の炭酸ガスは空気中に逃げてしまいますが、このキャップで空気の圧力を高めると、抜けようとする炭酸が抑え込まれて抜けにくくなるという仕組みになっていました。「全く抜けてないということはないが、結構開けたてのシュワシュワ感が残っていて良いです」と仰っていました。
URL : http://www.agport.co.jp/products/houseware/kitchen/tansankeeper.html

冷蔵庫で活躍するアイデアキッチングッズ

2010年 4月12日(月)

NHKニュースおはよう日本の「世界が注目!ネット動画」で、息ピッタリ、ユーモアたっぷりの老夫婦のピアノ演奏を放送していました。アメリカミネソタ州の病院のロビーで、老夫婦が立って軽やかに入れ替わりながら、ピアノの連弾をされていました。演奏者は、マーロウ・コーワンさん91歳と奥様のフランシス・コーワンさん85歳です。マーロンさんが通院している病院に来て、たまたまピアノを弾いたところ、居合わせた人が撮影し動画を投稿しました。見た人を癒す、年配ご夫婦のピアノ演奏の動画は、世界中で700万回近く見られているそうです。でもお二人は、動画サイトに出たことも知らなかったし、動画サイト自体知らないそうです。マーロウさんは、福祉施設などを廻るピアニストで、フランシスさんは、ピアノの先生でした。お二人がピアノの連弾を始めたのは半世紀以上も前でした。今でも現役です。ご夫婦で、学校、教会、施設を廻って演奏されています。動画によって世界的に有名になった二人は、今年の2月に、あの病院でコンサートを開きました。階段やホールが人であふれていて、多くの観衆や報道陣が集まっていました。「私たちのおかしな演奏で、聴く人の気持ちがすっきりして、楽しんでもらえたら嬉しい。やりたいことをやってるので、年をとっても毎日楽しいです。」とお二人は仰っていました。素敵なご夫婦でした。私もあのように年を取りたいものです。

さて、まちかど情報室は「冷蔵庫で活躍します」というテーマで、冷蔵庫や冷凍庫で食品を保存するときに役立つアイデアグッズの紹介でした。

@ 米びつろうと
ペットボトルで米を保存するためのグッズ

お米の詰め替えにペットボトルが米びつに!【安心の日本製】米びつろうとPM-431-433【あす楽対...
最近、お米を冷蔵庫に入れておくと風味が保てると言われているそうです。でもお米を袋のまま保存するには、冷蔵庫の野菜室がふさがってしまいます。でも、米びつろうとなら、ペットボトルを米びつに変えてくれるグッズなので、冷蔵庫の扉のポケットに入れておくこともできます。ペットボトルの口にくっつけるとろうとになるので、口の狭いペットボトルでも、お米が簡単に入れられます。お米が入ったら、逆さにして取り付けると蓋になります。さらに上が軽量カップになっていました。スペースが確保できてとても便利なので、好評のようです。

A クイックスナップ
一個ずつ氷が取り出せるユニークな製氷皿

必要な分だけ氷が取り出せるユニークな製氷皿♪【ジョセフジョセフ】クイックスナップ
氷やシャーベットを製氷皿で作っても、1個ずつ取り出すのが面倒ですよね。でもクイックスナップは、氷を一個ずつ簡単に取り出せる製氷皿なんです。裏側にあるゴム製の白いつまみを矢印の方に押すと、一個だけ氷が取り出せます。つまみを押すと根元の氷が折れて、キューブが落ちるしくみとなっていました。ワンプッシュでストンと落ちるので、お子さんも自分で出来て楽しそうでした。すごく使いやすくて便利なアイデア製氷皿でした。

B フリーザーバッグ おいしさキープ
「フリーザーバッグ おいしさキープ」は、酸素を通しにくい冷凍保存用の袋です。私もそうですが、冷凍庫の中に下ごしらえをした食材や、買いだめしておいた食材をまとめて保存している人も多いと思います。でも、パックで密閉して冷凍保存しても味が損なわれてしまいます。密閉式の保存袋は、水分は通さないけれども、表面から酸素を通してしまうので、冷凍中でも酸化が進んでしまいます。そこで開発されたのが、酸素を通しにくい保存袋「フリーザーバッグ おいしさキープ」でした。メーカーが寒天を使って実験をしていました。1日後、従来の袋に入れた寒天は変色が始まりましたが、新製品に入れた寒天は3日たってもほとんど変色していませんでした。表面に特殊な加工が施されていて、従来品に比べ酸素を通す量が、およそ1/30になるそうです。「色も臭いもそんなに変わらないので、作りたてのようだ。家族みんなが美味しいといってくれるので嬉しい」と仰っていました。これがあれば、休日にいろいろと凝った料理を作りおきできるかもしれませんね。
お問い合わせ : 株式会社クレハ
URL : http://kurelife.jp/

台湾のお洒落でユニークな茶器

2010年 4月5日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、長野県を走るJR篠ノ井線で人気を集めている、手書きの切符を発行してくれる駅のニュースがありました。長野県中部の筑北村にある、JR篠ノ井線の冠着(かむりき)駅です。1日の駅の利用客は100人ほどで、JRの正式の職員がいない駅です。自動販売機がないので、冠着駅の駅員、西澤高貴さんが手書きの切符を発行してくれます。西澤さんは、定年退職まではJRで車掌を務めていたそうです。この手書きの切符が意外な人気を呼んでいて、通勤客の少ない休日には、インターネットで手書きの切符の事を知った鉄道ファンがはるばる全国からやって来ます。切符は冠着駅からの乗車でなくても発行してもらえ、全国どの区間でも希望の路線を書いてくれます。新幹線の指定席券も取ってくれますが、パソコンがないため、他の駅に電話して席の確保をしていました。そして、「良い席が取れましたよ」などと言葉を掛け、手書きで切符を発行していました。見ていて、とても素敵なのどかな風景でした。

鉄道ファンにはこんな本もたまらないのではないでしょうか。
「最長片道切符の旅」取材ノート
宮脇俊三(ミヤワキシュンゾウ)の鉄道紀行の取材メモで、車窓からの風景や、手書きの地図も公開されています。

さて今朝のまちかど情報室は、台湾シリーズ@「ユニーク茶器」というテーマで、ユニークなお茶の道具、台湾の茶器の紹介でした。
今日から3日間、吾妻アナウンサーは台湾で人気のグッズを取材して紹介してくれます。台湾は、世界的に有名なお茶の産地です。一年を通して温暖な気候が茶葉の栽培に適しているそうです。香りや味の異なる様々な種類のお茶をゆっくりと味わうのが台湾の人たちの楽しみとなっています。吾妻アナウンサーは、老舗のお茶屋さんで極上のウーロン茶を飲んでいましたが、とても美味しかったそうです。

@ 十二星座壺
十二星座壺は、12の星座がそろった急須のシリーズです。自宅に友人を呼んでお茶を楽しんでいる主婦の方が、友人の星座に合わせて急須を用意することで場が盛り上がると仰っていました。この日お招きした友人の星座、てんびん座の急須でおもてなしをされていました。天秤の形をした急須は、持ち手の反対側がお茶の注ぎ口になっていました。他には、持ち手が2本の角になっている急須はやぎ座で、反り返った尻尾の急須はさそり座でした。台湾の人は、星座で性格を判断したり、相性を占ったりするそうです。12個も揃えるのは大変ですが、おもてなしの心を感じられますね。
URL : http://www.luyutea1980.com/

A Travel Buddy

茶こし付き携帯PCボトル 580cc【水筒】
Travel Buddyは、茶こしが付いたボトルなので、外出先で好みのお茶を飲むのに便利なグッズです。ボトルの中でお茶を作れます。カバーをはずすと中に茶こしが入ったボトルがあります。ボトルの底のふたを開けて、茶葉を入れお湯をそそぐだけです。哺乳瓶と同じ材質でできているので、熱湯を入れても大丈夫なのです。夏でも冬でも、毎日異なるお茶を飲むことができるので気に入ってますと仰っていました。これは便利ですね。アイデア満載のボトルだと思いました。
URL : http://www.piao-i.com

B 抱一抱心
抱一抱心は、小さなテーブルになるクッションです。
自宅でお茶を楽しむ時、ソファに座っていると、テーブルから湯飲みを取るのに不便ですし、そのまま持っていると手が熱いです。
抱一抱心は、クッションなのですが、裏側が小さなテーブルになっていました。テーブル面を上にして、膝の上に置いて使います。テーブルのふたを開けると、小物入れになっていました。そこに海外旅行の写真を入れて、お茶を飲みながら思い出を楽しんでいますと仰っていました。背もたれのクッションとして使っても気持ちがいいそうです。1つでミニテーブル、クッション、小物入れと3つの使い道がありました。
URL : http://www.theonestyle.com

台湾では若い人たちもお茶をよく飲むので、若い人でも楽しめるような、見た目にお洒落な茶器が人気なのだそうです。
Ferretアクセス解析