スポンサードリンク

マスクのゴムで耳が痛くならないアイデア

2015年4月2日(木) まちかど情報室 
テーマ「この溝がいいんです」 ― その3

くびにかけるくん
マスクのゴムを首の後ろでとめ、耳が痛くならないスポンジ

花粉が気になるこの時期、マスクをする人も多いと思いますが、
長時間つけているとマスクの紐で耳が痛くなってきます。
そんな時に便利な、マスクを付ける時に役立つアイデアです。

U字型の白いスポンジで、両方にそれぞれ3個の溝があります。
その溝にマスクの紐の片方を引っ掛け、
首の後ろに回してもう片方の紐を引っ掛けます。
溝は3箇所あるので、紐の長さに合わせて使えます。



Amazon ⇒ くびにかけるくん

このスポンジで固定すれば、紐を耳にかけなくていいので、
耳の裏が痛くならず重宝します。

開発したのは、花粉症でマスクが手放せないという会社員の男性です。
ヒントになったのは、勤めている会社で製造している車の洗浄用のスポンジ。
花粉症に悩んでいる人の切実な思いから生まれたアイデアでした。

【問い合わせ先】 相模カラーフォーム工業株式会社 TEL:042−778−0288 
| 花粉

花粉が気になる季節に役立つアイデア

2015年3月31日(火) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「気をつけたい!“花粉”」というテーマで、
花粉が気になるこの季節に重宝するアイデアグッズが紹介されました。
くしゃみ、鼻水、目のかゆみなど花粉対策には苦労します。
そこで、花粉症の方やそうでない方にも役立つアイデアです。

@ MOGUティッシュケース
ティッシュをたくさん入れて持ち歩ける袋
花粉症の人にティッシュをたっぷり持ち運べるアイデアです。
丸い形をした布製のティッシュ入れで
伸縮性のある素材でできています。
ポケットティッシュ15パック分、
150組のティッシュを入れることができます。
外側と内側の布の間に小さなビーズの粒が入っているので、
クッションのように形を自在に変えられ、
最後まで取り出しやすくなっています。
紐が付いているので、車のシートなどにも引っ掛けられます。

楽天 ⇒ MOGU(モグ)ティッシュケース
Amazon ⇒ MOGUティッシュケース

クッションメーカーに勤める男性社員のアイデアです。
娘さんがひどい花粉症でティッシュを箱ごと持っていくので
なんとかコンパクトにしてあげたいと思い考えたそうです。
【問い合わせ先】 株式会社MOGU TEL:0120−609−410 

A soraie ソライエ室内物干し
窓枠に取り付ける室内用物干し竿
花粉の時期は洗濯物を外に干したくありません。
そこで部屋干し用の物干し竿の紹介でした。
窓枠の上の方にあるので隠れていて見えません。
使う時は、アームを回して引き出すと
カーテンに引っかからずにセットできます。
アームは木枠の幅が2.5cm以上あればネジで取付けられ、
洗濯物の重さ12kgまで大丈夫なので、たっぷり干せます。
アームから棒が外せるので、そのままカーテンを閉められ、
陰干しする時にも便利に使えます。
ソライエ室内物干し.JPG
ソライエ室内物干しの詳細・ご購入はこちら
来客時に、室内干しの道具を隠しておきたい、
という女性の意見から出来たそうです。
使う時だけ、片手で楽に引き出せ重宝します。
【問い合わせ先】 オークス株式会社 TEL:0120−35−1217 

B USB花粉ブロッカー
花粉から顔を守るためのフード
帰宅後、洋服に付いた花粉が床に落ちて、
室内でも花粉が気になるという人のためのアイデアです。
フードをスッポリかぶって顔を覆えば花粉をブロックできます。
かぶっていても息苦しくならないように、
ツバの部分にファンが付いていて、
中に空気を送り込んでくれます。
ファンの部分は、内側にフィルターが付いているので
花粉が入らないようになっています。

楽天 ⇒ USB花粉ブロッカー
Amazon ⇒ サンコ- USB花粉ブロッカー

電源はUSBケーブルで使える外付けのバッテリーです。
屋内やベランダの作業にあると助かりますが、
外を歩くにはちょっと勇気がいるかも・・?
【問い合わせ先】 サンコー株式会社 TEL:03−5297−5783 
| 花粉

いろいろな眼鏡に取り付けられる、花粉症対策の眼鏡カバー

2014年3月24日(月) まちかど情報室  「フィットしていいんです ― その1」

目マスク
いろいろな眼鏡に取り付けられる花粉や黄砂から目を守るカバー 

今朝のまちかど情報室のテーマは、「フィットしていいんです」、
ということで、好きなメガネに取り付けると、
顔にフィットして花粉から目を守ってくれるカバーの紹介でした。

花粉症で目がかゆくなって辛いことがありますが、
このカバーをめがねに取り付けると花粉が入りにくくなります。
花粉症対策の為に考えられた取り外し可能な眼鏡カバーで、
いろんなメガネやサングラスに取り付けられます。
フックで引っ掛けたら、フレームの厚さに合わせてフィットさせます。
鼻パッドに当たる部分はシリコーンで伸び縮みするので、
どんな大きさでもレンズのサイズに合わせられます。
違和感もなく顔にフィットして花粉対策に重宝します。



楽天⇒花粉メガネ 花粉対策用メガネカバー「目マスク」
アマゾン⇒花粉症めがね 目マスク メガネに付けるだけ花粉防止インナーゴーグル

【問い合わせ先】 株式会社プラネット・ビジョン60 TEL:06−6788−4589 



| 花粉

手軽にできる効果抜群の花粉症対策

2013年 2月5日(火) 

今朝のまちかど情報室のテーマは、「手軽に花粉症対策!」でした。
花粉はもう飛び始めているようで、鼻がむずむずしますが、
手軽にできる花粉症対策のアイデアが紹介されました。
今年の花粉の飛散量はいつもより数倍多いと予測されていますので、
少しでも軽くすむように花粉対策グッズでなんとか乗り切りたいです。

@ 魔女の帽子
帽子のつばからエアーが吹き出し、花粉やほこりを防いでくれるグッズ

日課の愛犬との散歩での花粉対策として、
ユニークな帽子を紹介していました。
小さな穴がたくさん開いているホースが、
帽子のツバの裏に付いています。
このホースは、ポケットに入れてある四角い送風機とつながっています。
送風機にはフィルターが付いていて、きれいに浄化された空気が、
ホースを通って顔の前に吹き出てきます。
顔の前に空気のカーテンができた状態となり、
花粉が目や鼻に入りにくくなります。
ツバに付いているホースを留めているフックは、
取り外せ、どんな帽子にも取り付けることができて、
自分の好きな帽子に付け替えてお出かけできます。
風の強い日は効果が薄れてしまうそうですが、
これなら、顔にバリアを作ることになるので、
鼻・目・耳・口、どこからも花粉の侵入が防げますね。

メーカー希望価格は6980円でした。
【問い合わせ先】 株式会社 工房利匠 TEL:0295−52−2801 

A 花粉とるとるフィルター
扇風機に取り付けると空気清浄機になるフィルター

帰宅すると着ていた服などから花粉を家の中に持ち込んでしまいます。
そこで、扇風機を使った花粉対策のアイデアです。
扇風機にかぶせるカバーのようなもので、フィルターになっていて、
部屋の中の花粉やほこりをある程度は取り除くことができるそうです。
実験していましたが、扇風機を回すと花粉やほこりが
扇風機の裏側から入り込んでフィルターに吸着していました。
扇風機って、風を出している感じですが、
実は風を吸い込んでいたんですね。
このフィルター、風は通し、花粉やホコリは吸着するという
特殊な素材でできていて、8畳の部屋なら、
10分間ほど扇風機を回しておくと、空気中の花粉やホコリを
ほとんど吸い取ってくれるそうです。
フィルターは家庭に有る扇風機に装着でき、1〜2ヶ月くらいが交換どきです。
ヒントになったのは、精密機械の工場などで使用しているマスクなどの素材で、
これらを一般家庭でもいかせないかと考えたそうです。
扇風機をシーズンオフに有効利用できるのがいいと思いました。

価格は1枚 2,980円(税込)でした。
フィルターがグレーに変色したら取替え時期。(交換の目安は2〜3ヶ月)
花粉とるとるフィルターの詳細・ご購入はこちら 

【問い合わせ先】 株式会社サンロード TEL:0744−23−4139 

B ノーズマスクピットダブル(Nose Mask Pit W)
鼻に取り付けて花粉をカットし鼻水も吸い取る花粉対策用のマスク


鼻の穴に入れて使うマスクです。
下の部分の薄いフィルターが花粉を取り除き、
上のスポンジのところは吸着力が高く、鼻水を吸い込んでくれます。
使い方は、装着する前に水で濡らし軽く絞ってから鼻の中に入れます。
濡らすことで、鼻の中に気持ちよくフィットして呼吸も妨げないそうです。
鼻の中に入っているので、つけていても目立ちません。
見た目、全然分からないのが驚きでした。
便利ですね。私も使ってみたくなりました。


【問い合わせ先】 バイオインターナショナル株式会社 TEL:0120−987−726 


タグ:花粉症対策
| 花粉

外に洗濯物を干せない時に役立つアイデアグッズ

2012年 3月31日(土)

NHKニュースおはよう日本で、昨日は九段の靖国神社の標本木から桜の開花状況の中継をしていました。気象庁が指定する東京地方の桜の開花標本木は靖国神社の能楽堂のそばにあり、しっかり柵で囲われていました。昨日の7時過ぎ頃はまだ花は見られず、先がピンク色にかなりふくらんだツボミをアップで撮影していました。気象庁の職員が午前と午後の2回、桜の様子を見に来て、5〜6輪咲いているのを確認すると携帯電話で連絡し、その後開花が発表されるというシステムだそうです。ということで、今日31日にソメイヨシノが開花したと発表がありましたね。2月と3月が寒かったので、平年より5日遅れの開花だそうですが、今朝は最低気温が16度と高く、5輪以上咲いているのが気象庁の職員によって確認されました。1週間ほどで満開になるそうです。今年の桜前線は、高知が先頭を切ってスタート、宮崎や静岡でも開花し、東京も3月最後の日に桜の開花宣言が出て、気持ちも暖かく春気分になりました。


2012年 3月30日(金) まちかど情報室

まちかど情報室は、「セレクション・部屋干しに役立ちます」というテーマで、雨とか花粉などで外に洗濯物を干せない時に役立つアイデアグッズの紹介で、2月21日(火)の再放送でした。

詳しい商品説明は2月21日(火)の、
花粉や雨などで、外に洗濯物を干せない時に役立つアイデアグッズ」をご覧ください。
>>http://machikadojoho.sblo.jp/article/54096963.html

@ クリップスタイルハンガー「ピッツ」

クリップでドアなど付けられる物干しハンガー
10本のアームが放射状に開き、真ん中がクリップになっているので、イスの背もたれやドアなどに挟みこんで手軽に干せます。クリップの内側は傷がつかないようにシリコーン製です。アームの長さは20センチで、ハンカチやタオルなど、全部で1キロの洗濯物をかけることができます。アーム先端のフックに洗濯ばさみを取りつければ、靴下などの小物も干せます。
【問い合わせ先】 株式会社ユタカメイク http://www.yutakamake.co.jp/
TEL:072−441−2220  FAX:072-443-9555

A ドライネット W ダブル

型を崩さずに、効率よくセーターを干せるネット
部屋干しに重宝する大きなネットで、ベルトを止めると反り返ってカーブを描き、その広げたネットの上にセーターを干すことが出来ます。下に隙間ができるので、風通しもよく乾きやすくなります。付属の紐でつなげば2段で吊るして使えます。つり紐の長さを調節して、壁際でもまっすく干すことができます。セーターの型崩れが防げます。
アマゾンはこちら

【問い合わせ先】 株式会社富士商
TEL:054−265−4731  http://www.fujisho.jp

B ドライフィーラー
手軽に布団が干せ、毎晩気持ちよく眠れる!ベッドの上で布団を干せるアーム
ベッドに鉄製の2本のアームがあり、その上に布団をのせて干します。アームの土台は、ベッドとマットレスの間に挟み込んで安定させるので、ベッドの上でも簡単に布団が干せます。使用しないときは、アームを回転させてベッドの脇に納めます。足腰の負担が少なくて簡単に干せます。
ドライフィーラーの価格は28,500円(税込)でした。 
【問い合わせ先】 株式会社ビーファンクション http://www.befunc.co.jp
ご購入は、電話・FAX・Eメール(dry@befunc.co.jp )で注文となります。
TEL:026−217−3022  FAX 026−217−3025


花粉、硫黄、細菌、しっかりブロックするマスク

2011年 4月8日(金)

昨夜また震度6強の地震が発生しました。余震とは思えないほど大きな地震でした。
午後11時32分ごろでしたが、ニュースを見ていたら、突然画面が地震で棚などがバタバタ倒れている映像に変わりました。宮城県沖を震源とするマグニチュード7.1の地震でした。
東日本大震災からおよそ1ヶ月、電気などもやっと復旧してきたというのに、なんて惨い。
東北には友人もおりますので、心配でテレビの情報をずっと見てました。
津波警報も出ていましたが解除されてほっとしました。
でも今回は、広範囲の停電になってしまいました。
震災直後の不安がまた蘇ってきて、立ち直ろうとしている気力も衰えてしまいそうですが、被災地の皆様にはなんとかもう一踏ん張りして頑張っていただきたいです。
これ以上、怖い思いや悲しい思い、もうしてほしくありません。

昨夜は地震情報をずっと見ていたので、寝不足からか目が真っ赤に充血したまま出勤しました。
今日は朝から風が強く、花粉やら黄砂やら放射性物質?やら、何だか分かりませんが、目が痒く、鼻はぐずり、くしゃみの連発でしたバッグの中にはいつも10枚くらいの使い捨てマスクを入れていますので、困っていた会社の同僚にもあげました。

まちかど情報室では、今までにも花粉対策、インフルエンザ対策などでマスクの情報をよく伝えています。今一番心配な放射性物質から身を守るのも、花粉対策と同じようだとも聞いています。今日は、かなり前に放送されたマスクなのですが、あれ以来私もお世話になっているマスクもありますので、今回もう一度取り上げさせていただきます。
2010年 2月16日のまちかど情報室で放送されました。

クリネックス マスクもティシュー

マスクにもティシューにもなる新発想マスク。すぐ取替えられるので、いつでも清潔。
耳かけホルダー付き

くしゃみや鼻水でマスクを汚してしまうことがよく有りますが、クリネックスの“マスクもティシュー”なら、ティッシュなのでよごれたらすぐに取替えられます。破れにくい丈夫な紙6枚重ねになっていて、付属の紐をつけるとマスクになるというティッシュなんです。折りひだもちゃんと付いていますので、広げると顔にフィットさせられます。マスクとしてもティッシュとしても使えるのでとても便利です。

グラストマスク

花粉対策メガネとマスクを一体化する事で個別使用より花粉の進入防止に成功

花粉対策でゴーグルとマスクをして外出しても、隙間から花粉が入ってしまい目も痒くなってしまいますが、グラストマスクならピッタリフィットして隙間から花粉が入ってきません。グラストマスクはゴーグルとセットで一体化するマスクなんです。使い方はマスクに穴が開いているので、その穴をゴーグルの真ん中のフックに引っ掛けて装着します。ピッタリフィットするので隙間がなくなります。マスクの紐はゴーグルにかけるので耳が痛くなることもありません。定規が付属に付いているので、一般的なマスクでもカットして使えます。
メガネのスポンジでフィット感もあり、花粉・殺菌・ウイルス対策にお勧めです。

エアスケープマスク

内側に交換可能な四層の高性能フィルターを備え、都心の排ガス、ウイルス飛沫、硫黄、細菌および花粉もしっかりブロック

マスクをしていると息苦しくなって困ることありませんか?エアスケープマスクなら弁が開閉するので中が蒸れず、息苦しくなりません。マスクの口元に弁が付いていて、息を吐く時だけ弁が開きます。息を吸う時は弁が閉じていて、マスク全体から空気が取り込まれるようになっているので中が蒸れないのです。内側は取替えフィルターとなっていて、4層構造で花粉をしっかりブロックします。色はレッド、イエロー、ブラックと3種類あります。通気性がいいので、マスクをしていても息苦しくなく心地よく過ごせます。

 


タグ:花粉 マスク

見た目スッキリで、使い心地がいいアイデアマスク

2011年 2月23日(水)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、ニュージーランドの地震の様子を伝えていました。ニュージーランドのクライストチャーチで、昨日の現地時間お昼過ぎに、マグニチュード6.3の地震が起き、一夜明けた今朝も、まだ日本人の生徒さんたちとの連絡が取れていません。私も昨日ニュースで地震を知った時には大変驚き、心配で夜もあまり眠れませんでした。実は建物の崩壊が大きかった大聖堂のあの辺りは、私も留学していた時に通った語学学校のあった場所だったんです。すぐにでもボランティアに飛んで行きたい気分です。昨夜は4つの避難所で、およそ250人の方が集まって毛布にくるまって寒さをしのいで一夜を過ごしたそうです。今朝はオークランド空港とウェリントン空港行きの専用の飛行機に乗るため、およそ70人が避難所を後にしたそうですが、新たにスーツケースやバックパックを持った人が集まってきてその数が増えてきているようです。昨日はクライストチャーチの空港も閉鎖されていたので、どうなることかと思っていましたが、日本に帰国できそうなのでほっとしました。安否がわからない方、一刻も早く安全が確認できますよう、お祈りしています。

2011年 2月23日(水) まちかど情報室

見た目スッキリ 」というテーマで、マスクの話題でした。風邪、花粉、乾燥対策としてマスクをしている人も多いですが、マスクとしての機能だけでなく、見た目もスッキリとして使い心地がいいというアイデアマスクの紹介でした。

@ 洗える 抗菌鼻マスク マスクシェル

装着時も目立たない鼻栓、鼻に入れて使うマスク
10年以上も花粉症で悩まされているという女性、マスクは欠かせないと言いますが、マスクをしていないように見えました。実は、直接鼻に入れている小さなアクセサリーのようなものがマスクだったんです。鼻の入り口で花粉が入るのを防いでくれるこのマスク、“マスクシェル”は、一般的なマスクによく使われている素材が3枚重なっていて、花粉をブロックします。鼻に入れて使いますが、息苦しくはないそうです。一番外側は濃い青色で、目立ちにくいよう工夫されていました。口を覆わないので、飲んだり食べたりもできます。洗って乾かせば繰り返し10回ほど使えるそうですので、経済的ですね。「顔にかぶさっている感じがないので、全然違和感がなくて、外に出て行くときには欠かせないです。」と女性がコメントされていました。小さくて可愛らしいアクセサリーのようなグッズですので、花粉がシャットアウトできるのかどうかちょっと不安ですが、お茶を飲んだりするのが楽にできるので、使ってみたくなりました。http://www.yutakamake.co.jp/

A サニーク 快適ガードプロ加湿立体タイプ

メガネのくもりを99%カットするマスク
このマスクは、眼鏡をかける人のためのものでした。
吾妻アナウンサーが黒縁メガネをかけてマスクをしていましたが、眼鏡をしてマスクをつけると、レンズが曇ってしまうことがありますよね。そんな時に便利なマスクなんです。裏返すとスポンジが付いているので、一般的なマスクに比べ、鼻の部分にピッタリフィットします。それで、息が上に漏れず、眼鏡がくもりにくいんですね。さらに、マスクをしていても蒸れた感じがしないよう工夫されていました。ミントとユーカリの成分を染みこませたシートがセットになっていて、このシートを内側のポケットに入れると鼻やのどがすっきりするそうです。「眼鏡がくもるという煩らわしさがないですから、マスクで花粉症や乾燥の対策ができますね。」と吾妻アナウンサーがコメントしていました。私は運転するときはメガネをかけますが、マスクをして車を運転していると、めがねがくもって見えずらいことがよくあります。これはかなり重宝しそうです。http://www.hakugen.co.jp/

B マスクリア(masclear)

透明フィルムで表情が見えるマスク
ウイルスや菌を防御するためのマスクではありませんが、エチケットのためにするマスクが紹介されました。全員がこの透明なマスクをしているパン屋さんです。店員がマスクをしていると、お客さんからは表情が分かりにくいですよね。そこで、このパン屋さんではこの透明なマスクを使い始めたそうです。厚さ0.2ミリのフィルムをあごで支える仕組みですが、表面は特殊な加工がされていて、しゃべっても曇りにくいそうです。抗菌作用のあるクリーナーがついているので、クリーナーで汚れを拭き取りながら繰り返し使えます。この店では、店員全員がつけていて、お客さんからも好評だということでした。「表情が見えるところがいいなと思います。マスクしていると、何て言っているか聞こえなかかったりするようですが、これは声がよく伝わるのでとてもいいと思います。」と女性店員さんがコメントされていました。
このマスクは韓国で開発されたもので、デパートの食品売り場などでよく使われているそうです。日本では小児科の医師や歯科医師などが、子供が怖がらないようにと使うケースが増えているということでした。食品関係を扱っている人たちには、しゃべっても唾が飛ばないので、お客様からも受けがいいんでしょうね。http://www.mov-on.co.jp/masclear/
タグ:マスク

顔や服についてしまった花粉を、簡単に取り除くことができるグッズ

2011年 1月25日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本「暮らし最新事情」で、出勤前の朝活の最新事情が取り上げられていました。朝活は、昨年にも「香林院の座禅会」などが紹介されていましたね。朝出勤前に習い事や勉強などをする朝活は最近よく聞きますが、健康維持や人脈作りのため、朝の貴重な時間を有効に使いたいという人が増えているようです。東京築地のすし店では、「築地朝食会」という朝活が行われていました。主催者は、会社員の美崎栄一郎さん。人脈を広げようと立ち上げたそうです。月に2回の開催で、ネットでの呼びかけなどでこれまでに延べ3000人が参加。すしを食べながら、ビジネス本などの著者の話を聞くのが売りの一つでした。この日の講師は、佐藤伝さんでした。◆佐藤伝さんの著書 【送料無料】幸運を呼びよせる朝の習慣
美崎さんの活動は全国に知られ、今では各地に講師として呼ばれているそうです。夜より朝の方がモチベーションが高く、朝は会社の愚痴がないそうです。こうした活動で1日をスタートすると、新鮮で前向きな気持ちで1日を過ごせそうですね。夜の勉強会に比べ、参加費も安いようです。
◆美崎栄一郎さんの著書 【送料無料】「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

さて、今朝のまちかど情報室は、「花粉 簡単に落とせます」というテーマで、昨日に引き続き花粉対策の話題で、外出先で体などについてしまった花粉を、簡単に取り除くグッズの紹介でした。

@ アイカップペット

眼についた花粉やほこりを洗い流す、ボトルプッシュ式の洗眼器
花粉症による目のかゆみに悩んでいるという女性、家に帰ると必ず手洗いをして、この洗眼器で目も洗っていました。この洗眼器のボトルは、目についた花粉を水で簡単に洗い流すことができるものです。カップに目を当てボトルを手で押すと、水が霧状に噴き出して目を優しく洗うことができます。洗い終わった花粉が混じった水は、横にある管から排水されますので、常に綺麗な水で洗うことができます。「かゆさが治まります。きれいなお水がどんどん流れいてくというのは、安心感があります。」と女性がコメントされていました。http://www.smaly.co.jp

A 花粉クリーナー 花粉棒 

掃除機につけて、花粉やほこりだけを吸いとるグッズ
家の中に花粉を持ち込みたくないという女性、帰宅すると掃除機を使っていましたが、ノズルが吸い付いてしまい、うまく取れないのが悩みでした。掃除機で服も傷みそうです。そこで使い始めたのが、掃除機の先につけるこのグッズ“花粉棒”です。吸い込み口に、たくさんの丸い突起がついているので、その突起で表面に隙間ができ、布などが穴をふさがず、スムーズに花粉を吸い取るという仕組みでした。髪の毛にも掃除機をあてていましたが、毛が吸い込まれずに簡単に花粉を落としていました。クッションなどは軽くたたきながら使うと、生地の間に入り込んだ花粉を吸い出してくれます。たたくと花粉が舞い上がってしまいますが、反対側の穴からそれを吸い込みます。「カーテンも全然生地が吸い付かないで、すべるようにす〜とできるので、すごく手軽で心強いです。」と女性がコメントされていました。ただし、吸引ノズルが円形でない掃除機は、使用できない場合があるそうです。発売開始は2月1日。http://item.rakuten.co.jp/aquatalk/10000311/

B CleanBreeze 風で花粉を吹き飛ばす、花粉対策用エアシャワー
お問い合わせ:日本バイリーン株式会社(tel:03−3258ー3371)http://www.vilene.co.jp/

吾妻アナウンサーが、あるマンションを訪れていましたが、そのマンションには花粉対策の装置が設置されていました。この装置が入居の決め手になったと言う女子大生が、その装置の中に入って使用していました。この装置、体についた花粉を強い風で吹き飛ばすものなんです。秒速25メートルの強い風を体に吹きつけて花粉を飛ばし、一番下のフィルターから花粉を吸い込んでいました。設置面積は1.2メートル四方程度のボックス型で、「どのように花粉を落とすのか、花粉と同じ大きさの細かい粉を使って試してみますね。」と、吾妻アナウンサーが言いながら、右の腕全体に粉を振り掛けて装置に入っていきました。体についた花粉を手ではたきながら20秒装置の中にいて、その後出てきて腕を見てみると、きれいに粉が取れていました。メーカーによると、およそ90パーセントの花粉を落とすことができるそうです。女子大生が吾妻アナウンサーの問いに、「部屋の中での花粉症の症状がすごく少なくなったので、勉強に支障が出ず、はかどっています。」と答えていました。

この装置は、建物に後から取り付けることができ、マンション以外にもホテルなど全国20箇所以上に設置されているそうです。今年は花粉の飛ぶ量が多いと言われていますので、病院や老人ホームなどからも問い合わせがきているそうです。
 


タグ:花粉対策

花粉を体に寄せつけない工夫を凝らしたグッズ

2011年 1月24日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、記録的な大雪で相次ぐ被害が出ている中、雪かきのボランティアの話題が取り上げられていました。北海道岩見沢市、氷点下8度という今朝、1メートル30センチほどの高さに雪が積もっていました。この地域、4割近くが高齢者だそうで、家から出られないという状況にもなっていました。そこで、高齢者のお宅の雪かきを手伝っているのが、高校生でした。駒大岩見沢高校の野球部60人で、今朝7時から除雪作業をしている最中でした。野球部員には、それぞれ担当の家が決まっていて、10cmの雪が降ると手伝うことになっているそうです。去年は一冬で2週間ほど手伝ったのですが、今年は平年の2倍以上の雪が降っているので、すでにその日数は越えているそうです。一人暮らしの女性が、「今年で9年目になります。助けてもらって、雪が降っても来てくれるので安心でき、感謝の気持ちで一杯です」とおっしゃっていました。強靭な野球部員のボランティア、頼もしいですね。

さて、今朝のまちかど情報室は、「花粉 寄せつけません」というテーマでした。今年は花粉の飛ぶ量が多いと言われていますので、できるだけ花粉を体に寄せつけないというグッズの紹介でした。

@ ファイン・フィット・プラス

隙間から花粉の侵入を防ぐ、立体構造のマスク
5年前から花粉症に悩まされているという男性、マスクは欠かせないのですが、一般的なマスクは隙間が開いて、密着度が少ないのが気になっていました。そこで使い始めたのが、ファイン・フィット・プラスというマスクです。このマスク、内側の水色の布が肌に密着するんです。水色の布は伸縮性があり、広い面積で顔と接するため隙間が出にくいようです。さらに、合成樹脂のフレームが、布がたるむのを防いで立体的な形に保つので、息苦しくないといいます。このフレームは取り外して付け替えることができるので、経済的です。「密着性、フィット感が非常にいいです。安心ですし、侵入もないと思います。」と男性がコメントされていました。このマスク、工事現場や工場などで使う防塵マスクを製造しているメーカーが開発したものだそうです。花粉よりさらに細かいちりをシャットアウトする構造を、花粉用のマスクにも応用したということでした。私も顔にピッタリ密着するマスクが欲しかったので、これなら完璧ですね。http://www.sts-japan.com/

A ポレノン・フェイスミスト

花粉を吸着して、固めて除去するスプレー
スポーツジムでインストラクターをしている女性、花粉症で鼻も目もつらいと言います。マスクをしていると息苦しいし、マスクとめがねは、見た目的にもちょっと・・・。ということで、去年から使い始めたのがこのスプレーでした。スプレーを顔に噴射すると、付いた花粉が固まり、鼻や目に入りにくくなるそうです。アクリル板にこのスプレーをして、スギ花粉を付けてみるという実験をやっていました。小さい粒が次々できていましたが、この液体はマイナスの電気を帯びていて、プラスの電気を帯びた花粉を引き寄せて固めるのだそうです。原料は果物など、食品から抽出した成分だそうです。「かなり楽です。外に出る時や、お化粧直しのついでに使っています。手間要らずですね。」と女性がコメントされていましたが、このスプレーで、花粉が飛ぶ時期にマスクをすることが減ったそうです。フェイスミストなので、手軽にシュシュッと花粉予防が出来そうですね。http://www.ys-pbs.jp/

B エアサプライ 

首にかけて花粉を防ぐ、携帯用空気清浄機
家の中では空気清浄機が欠かせないと言う主婦、これからの季節、外に出るのも憂うつでした。そこで見つけたのが、顔の周りに花粉を近づけないようにする、エアサプライという首にかけて使うグッズです。スイッチを入れるとプラスの電気を帯びたイオンが出てきます。顔の周りにイオンでバリアができて、同じプラスの電気を帯びた花粉を寄せ付けないで、はじき飛ばすという仕組みでした。重さはわずか60グラム。軽いので常に持ち歩けます。「これがあると、守られているみたいで、使っていても重さもあまり感じないし、違和感があまりないのでいいと思います。」と女性がコメントされていました。ただし、屋外で使う場合、風があると効果が薄れるそうです。首にぶら下げているだけで花粉対策ができるとは、とっても便利ですね。http://www.daisaku-shoji.co.jp/
タグ:花粉
Ferretアクセス解析