スポンサードリンク

京都の碁盤の目が描かれた風呂敷

2014年4月30日(水) まちかど情報室  「広げてみれば・・・! ― その1」

たのしき
どこでも囲碁が打てる京都の碁盤の目が描かれた風呂敷 

今朝のまちかど情報室のテーマは、「広げてみれば・・・!」、
ということで、風呂敷を広げてみると碁盤になるというアイデアです。

たのしき.JPG

碁石の入れ物を包む風呂敷に、
囲碁の基盤が書かれているので、
風呂敷を広げれば、どこでも囲碁が打てます。

by カエレバ


京都は、碁盤の目のような街路が特徴です。
そこで京都の風呂敷メーカーが考えました。
風呂敷には、京都御所や二条城、鴨川なども
描かれていて、いつもとは違う囲碁が楽しめそうです。

【問い合わせ先】 丸和商業株式会社 TEL:075−801−0536 
Ferretアクセス解析