スポンサードリンク

今治タオルで作ったサラサラして着心地のいいジーンズ

2014年4月22日(火) まちかど情報室  「着心地にこだわりました ― その1」

810タオルジーンズ
今治タオルの生地で作ったジーンズ 

今朝のまちかど情報室のテーマは、「着心地にこだわりました」、
ということで、着やすさにこだわったジーンズの紹介でした。

ガーデニングなどの作業をする時、ジーンズでは動きづらいし、
暑い日は蒸れて肌に張り付き嫌な感じがします。
でもタオル地で作ったこのジーンズなら、
サラサラして着心地が良く快適です。

通常のジーンズは、糸が縦と横にしっかり織られていて、
生地の面が肌に張りついてしまいます。
でもタオルジーンズは、生地に凹凸があり、
肌への接触が少ないことと、
縫い目が少し開いているので通気性が良く、
汗をかいても蒸れにくいんです。

軽くて動きやすく、肌触りも抜群。
散歩や作業をしていてもサラッと爽快に履けます。

810タオルジーンズの詳細・ご購入はこちら

岡山県にあるジーンズメーカーが、
愛媛県今治市のタオル生地を使って、
ズボンの形にしてから、染める・乾燥・洗う
を繰り返し、ジーンズらしい色を生み出しています。

【問い合わせ先】 株式会社ボブソンホールディングス TEL:086−292−3001 

Ferretアクセス解析