スポンサードリンク

木のよさを生かした、木の椅子、木の折り紙、木のブロック

2014年2月17日(月) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「木っていいね」というテーマで、
木のよさを生かして作られたアイデアグッズの紹介でした。
木なので丈夫ですし、ぬくもりが感じられて癒されるアイデアです。

@ きのかみ
木で作った折り紙 
木で作られた折り紙で、普通の折り紙と同じ位の薄さなので、
鶴や飛行機などをきれいに折れます。
作っているのは、0.2mmに加工できる技術を持っている
徳島県にある工場です。木だけでは折ると破れてしまいますが、
特殊な加工法で紙と貼り合わせているので、
折っても木が割れずに、きれいに折れます。
木の香りがしますし、1枚1枚木目が違うので、
折った作品を並べて置くと、すてきなインテリアになります。
by カエレバ

【問い合わせ先】 ハートツリー株式会社 TEL:03−6268−8328
 
A トレーニングチェア「なごみ」
お部屋で脚の筋肉トレーニングができる木のイス
木でできた椅子で、一見普通の椅子に見えますが、
椅子の下にトレーニング部分が収納されています。
普段は椅子として使い、トレーニングする時は
取り出せば、脚の筋力トレーニングがすぐにできます。
脚にかかる負荷は体力によって変えられます。
木製なのでお部屋のインテリアにも馴染みます。
考えたのは、高齢者を対象にした運動教室です。
金属やプラスチックのトレーニング機器がありましたが、
お年寄りの方が難しそうに思うので、木だったら親しみを感じて
使ってもらえるのではと考えて作ったそうです。
by カエレバ

【問い合わせ先】 ネイチャー・コア・サイエンス株式会社 TEL:050−3638−2682
 
B KUNDE(クンデ)
日本の伝統的な木造建築の工法を遊びながら学べる玩具

角材と木の釘のセットで、角材には穴の開いたものなどいろいろあります。
凹凸の切れ込みにはめ合わせ、木の釘を打ち込んで固定します。
これはお寺を建てる時に使われている伝統の技法です。
木造2階建て住宅や、横に並べ平屋の建築技法を体験できます。
完成した後は、金属の釘を使っていないので、
解体してまた別のものを作り変えて楽しめます。
400年以上続く日本の伝統的な建築技法を、
遊びながら学べる素晴らしい玩具です。

【問い合わせ先】 株式会社ツナグプロジェクト TEL:0467−61−2797 



| 玩具
Ferretアクセス解析