スポンサードリンク

3Dプリンターや3D図鑑、手形など3Dを手軽に楽しむアイデア

2013年10月1日(火) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「3D 手軽に楽しもう」というテーマで、
手軽に3Dを楽しめる最新のアイデアグッズの紹介でした。
3Dは映画だけではありません。
3Dプリンターで気軽に立体の物づくりができたり、
図鑑から恐竜などが飛び出してきたり、
手型や足型を本物のように立体的に作れるサービスなど、
手軽に広まってきた3Dのアイデアです。

@ FabCafe Tokyo(ファブカフェ東京)
3Dプリンターが気軽に楽しめるカフェ
去年鈴木アナウンサー自身がスキャンしてフィギアを作っていましたが、
去年の価格は、1000万円を超えていたそうです。
今年は、自宅でも使えるように10万円代の3Dプリンターが売っています。
お手ごろ価格になったとは言え、素人が使うには難しいそうです。
そこで、3Dプリンターを気軽に使えるカフェの紹介でした。
使い方や作り方は店員さんが教えてくださいます。
女性はこうもりのクッキーの型抜きを作りました。
まず平面に絵を書き、3Dで立体的になるように加工します。
加工ソフトはカフェで提供しています。
30分で出来上がりましたが、制作費は時間単位で10分700円だそうです。
スマホケースやコップなどの作品も見せてくれました。
プリンターで立体的にコップが作れるなんて・・・。
私も自分で作ったコップでコーヒーを飲んでみたいです。

カフェで使っている3Dプリンターです。

アマゾン>>3D Systems 3Dプリンター Cube
楽天>>3D Systems 3Dプリンター Cube

【問い合わせ先】FabCafe Tokyo(ファブカフェ東京) TEL:03−6416−9190

A 3Dアニメーションで見て学ぼう
パソコンに本を向けると、立体的に絵柄が飛び出して動いたり鳴いたりする図鑑
恐竜図鑑を開いて、パソコンに取り付けたカメラにかざすと、
図鑑から恐竜が飛び出てきて、こっちに向かってきます。
専用のCGソフトを起動させておいて、図鑑をカメラに見せると、
その映像がパソコン画面に飛び出して見える仕組みでした。
さらに、「手のマーク」の所を触れると、皮膚ができてくるところや、
卵から恐竜が生まれる様子などの情報も教えてくれます。
鳴き声も出ますし、いろんな角度から立体的に見ることができるので、
普通の図鑑では伝わらないことも勉強できて楽しめます。
私も、恐竜を飛び出させて見てみたいです。
大人もかなり楽しめますね。

恐竜図鑑、人体図鑑、宇宙図鑑、地球図鑑の4種類あります。
by カエレバ


【問い合わせ先】株式会社化学同人 TEL:075−352−3373

B 世界初3D手形
手形や足型などを3Dの立体で作れるサービス
世界初3D手形.JPG

アナログではありますが、3Dで手形などの記念品を作れるキットです。
使っていたのは、歯医者さんで歯型を取る時に使っているピンクっぽい特殊な寒天です。
その寒天の中に、手や足などを入れて、3分間じっとしています。
できた型を送ると、職人さんが石膏を流し込んで仕上てくれます。
およそ1週間で完成品が送られてきます。
ガラスの写真立てにお孫さんの写真が貼ってあり、
その横には立体的なブロンズの手と足がくっついていました。
直接お孫さんの手を握っているような感じだそうです。

【問い合わせ先】株式会社美膏 TEL:0289−74−7283
タグ:3D
Ferretアクセス解析