スポンサードリンク

外で炊きたてご飯や温かいご飯が食べられるアイデア

2013年9月24日(火) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「あったかごはんが食べたい!」というテーマでした。
行楽シーズンがやってきましたね。
そこで、外でもあったかいご飯、炊きたてのご飯が
食べられるアイデアグッズの紹介でした。

@ 不思議なめし袋
お米を中に入れて20分茹でるだけで簡単にごはんが炊ける袋
袋にお米を入れ、竹串で口を止めて20分ゆで、最後に蒸らせば、
水加減や火加減をしなくても美味しいご飯が炊き上がります。
袋は、硬くてゴワゴワしたポリエステルの繊維で、
茹でると、袋を通して水が中に入りお米が膨らみます。
ある程度膨らむと袋がパンパンになって、それ以上余分な水が入らず、
水っぽくならずに美味く炊き上がるということでした。
手軽に簡単に炊きたてご飯が食べられるので便利ですね。
元々は、災害時の炊き出し用に作られた大きな袋ですが、
アウトドア用に小さくコンパクトにしたそうです。
by カエレバ

【問い合わせ先】株式会社ユニフレーム TEL:0256−63−9851

A BaroCooK(バロクック)
水さえあれば、ごはんやおかずが温められる容器
容器と発熱剤の袋がセットになっています。
朝炊いたご飯が入れてある器を出して、
外側のケースの底にセットの袋を入れて水を加えると、
袋が膨らんで湯気が出て熱くなります。
その上にご飯の入った容器を置いて蓋をすれば、
ごはんがホカホカに温められます。
袋の中には、水に反応して発熱する石灰が入っていて、
95℃まで熱くなり、1時間たっても温かいので、
カレーやおかずなども温められます。
これからの季節、温かいものが食べられると嬉しいですね。
by カエレバ

【問い合わせ先】株式会社スペースジョイ TEL:03―5434―7881 

B タケルくん
車のシガーソケットから電気を取って炊く炊飯器
小さな炊飯器を車のシガーソケットに挿しておくと
ふっくら炊きたてのご飯が食べられます。
シガーソケットの弱い電圧でもご飯が炊ける秘密は、
炊飯器の内側に断熱材を入れて、
熱を効率良く使えるようにしてあるからだそうです。
炊きたてのご飯を外で食べたら、何倍も美味しいでしょうね。
トラックの運転手さんに人気が有るとのことでした。
12Vと24Vがあります。
by カエレバ

【問い合わせ先】株式会社ジェーピーエヌ TEL:048―288―1110 


Ferretアクセス解析