スポンサードリンク

斜めで使いやすく美味しく頂ける お皿、ヘラ、パン切り

2013年 7月29日(月)  まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「ナナメでおいしく!」というテーマで、
お皿やパンのスライサー、ヘラなど、ある部分を斜めにしたら、
ちょっとした不便を解消して、使いやすく美味しくいただけるという
キッチングッズのアイデアでした。

@ ななめ底ワンプレート
2種類盛ってもドレッシングやソースが混ざらない、左右に傾斜がついているお皿
付け合せのサラダにドレッシングをかけると、
ドレッシングがメインのおかずの方に流れてきて、
染み込んで台無しになってしまうことがあります。
そこで、そんな悩みを解消してくれるお皿のアイデアです。
中央が高く、両サイドが斜めに低くなるように傾斜がつけてあります。
これでサラダの水分や、かけすぎたドレッシングなどは、
お皿の縁に流れるので、揚げ物などメインのおかずに浸ることなく、
カラッと美味しく食べられます。

フェリシモ ソース混じりを気にせず盛り付けられる ななめ底ワンプレートの会

【問い合わせ先】株式会社 フェリシモ FELISSIMO フェリシモ

A ホームベーカリースライサー
斜めにカットで、焼きたてパンが簡単にキレイに切れるスライサー
ホームベーカリーで焼きあがったばかりのパンは、
フワフワでふにゃっとなってナイフで切るのが難しいですが、
そこで、焼きたてパンがきれいにカットできるスライサーの紹介です。
パンを横向きにのせて、斜めになったガイドに沿って切ります。
角度が5度斜めになっているので、手で持つ時の自然な角度となり、
余計な力を入れなくても、パンがうまくスライスできます。
このアイデアを考えたのは、奥さんが焼きたてのパンを
切りづらそうにしていたのを見た会社員の男性だそうです。
パンは、1cm(12枚切り) から、3cm(4枚切り)まで、
0.5cm刻みで5段階に切り分けられます。
by カエレバ

【問い合わせ先】株式会社 曙産業 TEL:0256−63−5071 

B minotake 小ベラ 三角
ジャムの瓶など、中身をキレイに取れる竹の形を活かしたヘラ
ブーメランのような形の竹製のヘラで、
ビンに残ったジャムなどをきれいに取ることができます。
斜めになった先端部分が、容器のカーブにピッタリ合うように、
竹の風合いと、しなやかさを生かして作られています。
鹿島アナウンサーが、ビンをクルリと一周させて、
残り少ないジャムをほとんど余すことなく取りきっていました。
明治時代から、籠や食器などの竹細工を作っている会社が、
竹製品を身近に生活の中で使ってほしいと思い、
竹の風合いを生かしながらキッチングッズを作っているそうです。
鍋の底にピッタリ合う大きいサイズのヘラや、
竹の自然なカーブを生かしたスプーンなど種類も豊富です。
by カエレバ

【問い合わせ先】公長齋小菅 京都本店(こうちょうさいこすが) TEL:075−221−8687
Ferretアクセス解析