スポンサードリンク

夜間の熱中症対策、トイレが近くならない水分補給の仕方

2013年 7月9日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、
夜間の熱中症対策について放送していました。

猛烈な暑さが続いていますが、
昨日は、熱中症で病院に運ばれた人は1000人以上もいたそうです。

私の勤める会社もさすがに暑くて、
昨日初めてクーラーが入りました。
それまでは、扇風機で暑さをしのいでいました。

小まめに水分を取るなどして、熱中症に注意が必要になってきました。

おはよう日本では、昼だけではなく夜間も注意が必要ということでした。

夜の熱中症対策は、寝る前の水分補給だそうです。
でも、寝る前に何か飲むと夜間にトイレに起きてしまい、
睡眠不足になってしまいそうで、私も水分は控えていました。

でも、寝る前に飲んでもトイレが近くならない飲み物として、
紹介していたドリンクがありました。

市販の経口補水液です。
大塚 OS-1(オーエスワン)ゼリー 200g

大塚 OS-1(オーエスワン)ゼリー 200g
価格:200円(税込、送料別)



成分が、人間の体液に近いため吸収されやすく、
トイレも近くならないとのことでした。

嬉しいことに、補水液は作ることが出来るんです。
見てたらとっても簡単でした。

補水液の作り方

「材料」

砂糖 20g
塩 1.5g
水 500ml

「作り方」

500mlのペットボトルに、水を入れて、
砂糖と塩を加えて、よく振って混ぜるだけ。


お味は?
飲みやすい砂糖水だそうです。


夜間の熱中症対策

@寝る前の水分補給(補水液を手作りして飲む)

A室温管理

寝ている間もクーラーを28度に設定して、
扇風機で空気を循環させ、効率的に部屋を冷やす。

B布団のかけ方

夏の暑い日の布団のかけ方は、手足を出して寝る。

首や脇の下には太い動脈があるので、ふとんの外に出すことで体温の上昇を防げる。








Ferretアクセス解析