スポンサードリンク

空気を入れて傘やテーブル、ランタンなどに形が変わる便利グッズ

2013年 6月25日(火) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「ふくらませると・・・!」というテーマで、
空気を入れて膨らませるとユニークな使い方ができるアイデアの紹介でした。
空気で膨らませると、傘になったり、
テーブルやクッションになったり、
ランタンになったりと、形が変わって便利になる
ユニークなアイデアグッズでした。

@ はじめての傘
空気を吹き入れると開く、安心な幼児用の傘

小さなお子さんに傘を持たせると、
金具に指を挟んでしまわないかと心配ですが、
空気で膨らませるこの傘なら、
軽くて金属の骨組みもないので安心して持たせられます。
お子さんは自分で持ちたがるので、
普通の傘を持たせる前の練習にもなります。



マイファーストはじめての傘/おひさまレインボーバージョン

【問い合わせ先】 株式会社マイファースト TEL:042−708−9300 

A TAVOLINO AIR(タボリーノエアー)
空気を入れてテーブルやクッション、枕として使える“エアークッションテーブル”

板の裏に袋が付いていて、ポンプで空気を入れて使います。
座って膝に乗せてパソコンをするときなど、安定して便利です。
ひっくり返せばクッションとしても使えますし、
飲み物などをのせてサイドテーブルとしても使えます。
触り心地がとてもいいそうです。
用途に合わせて色々な使い方が出来て便利です。



楽 天で見る>>
テーブルとして、クッションとして、持ち運べます。【即納】TAVOLINO AIR【クッション,テーブル...
アマゾンで見る>>
TAVOLINO AIR(タボリーノ エアー)空気を入れてふくらませる。2WAYテーブルクッション

【問い合わせ先】 有限会社コアプラス TEL:06−6449−6325

B ルミンエイド(LuminAID)
膨らませるとシートが光を拡散させて明るく照らすソーラーパネル付きライト


黒い部分がソーラーパネルで、ビニールの袋がついています。
袋を広げると真ん中にソーラーパネルがくっついていて、
空気を入れてボタンを押すと明るく光ります。
防水なので濡れても安心です。
半透明のポリ塩化ビニールは、光を拡散させるので
膨らませた方がより明るく感じるそうです。
晴れの日に5時間太陽に当てると、8時間程使えます。

アメリカの女子大生が、2010年のハイチ大地震、
2011年の東日本大震災での避難生活の様子を見て、
電気が無いときに、長く明かりが使えないかと
考えて、この製品を思いついたそうです。

空気を抜けばコンパクトになるので、
非常用の持ち出し袋に入れて自宅にも備えておきたいですね。

by カエレバ


【問い合わせ先】 アークトレーディング TEL:06−6443−8177 



Ferretアクセス解析