スポンサードリンク

ホタル、ウミホタル鑑賞ツアーやホタルを楽しむアイデア

2013年 6月24日(月)  まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「ホタルで和みます」というテーマで、
ホタルの美しさを堪能できるアイデア企画の紹介でした。
自然のホタルは少なくなってきて、なかなか身近で見られませんが、
昼間にホタルの光を楽しめる動物園や、
森と海の2種類のホタルを楽しめるツアー、
さらに自宅でホタル鑑賞できるアイデアなど、
心が和むホタルの光を楽しむアイデアです。

@ ホッとするホタル
本物のホタルの光を再現した、LEDで発光する電子ホタル

竹かごの中に入っているのは、本物そっくりに作られたゲンジボタルです。
裏を返すとLEDライトがついていて、色、光、点滅のしかたを研究して、
本物そっくりな淡い光を再現しています。
かごに入ったものや、ケーブルタイプなどいろいろあります。
ケーブルタイプのホタルは、クリスマスのイルミネーションのように、
塀や壁面に飾り付けて楽しむ様子も紹介していました。
ホタルの光を眺めていると、心が和みますね。



楽 天でバリエーションを見る>>ホッとするホタル
アマゾンでバリエーションを見る>>ホッとするホタル

【問い合わせ先】 株式会社 サンブライトロン TEL:0598−50−3050 

A ほたリウム
1年中、昼間にホタルの光が鑑賞できる施設

埼玉県の東武動物公園にある施設です。
“ほたリウム”に入ると真っ暗ですが、まずそこで目を慣らし、
次にホタルの展示室に行くと、眩しいくらい光っていました。
本物のヘイケボタルで、およそ100匹ほど飼育されています。
夜行性のホタルを昼間に光らせるのは難しく、
試行錯誤を繰り返し、昼間に光らせることに成功しました。
夜間に10時間以上強めの光を当てることで、
ホタルの生活リズムを昼夜逆転させたそうです。
通年見られるようなので、まぶしく輝くホタルの光、
是非私も一度見に行ってみたいです。

ほたリウムの詳細はこちら>>http://www.tobuzoo.com/zoo/feature/hotariumu/

【問い合わせ先】 東武動物公園 TEL:0480−93−1200 

B ほたる&海ほたる観賞とワインを楽しむツアー
専門ガイドの案内でホタルとウミホタルを鑑賞するツアー

三重県の鳥羽市で、夕暮れ時に行われるユニークなツアーです。
まず、ガイドさんが天然のホタルを楽しめる森へ案内してくれます。
飛び回るたくさんのホタルを鑑賞した後は、車で真っ暗な海岸に行きます。
あらかじめ餌を入れておいたビンを引き上げ、かき混ぜると光っています。
実は中に体長3mm程のウミホタルが入っていたんです。
ウミホタルは、刺激を与えると体から青白く光る物質を出すそうです。
ウミホタルは夏から秋にかけてしか見られないので、
訪れた方にも見せてあげたいと、地元の旅館のおかみさんが考えた企画だそうです。
ホタルと珍しいウミホタル、森と海でホタル鑑賞できるなんて
ロマンチックで素晴らしいツアーですね。

実施期間 6/16〜7/8(金・土・日のみ)
ほたる&海ほたる観賞ツアーの詳細はこちら>>http://oz-group.jp/menu/4.html

【問い合わせ先】 海島遊民くらぶ TEL:0599−28−0001 


Ferretアクセス解析