スポンサードリンク

ハブラシ、乾燥剤、メモ紙が何度でも使える画期的なアイデア

2013年 5月20日(月) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「何度でも使えます」というテーマで、
何度でも使えて便利なアイデアの紹介でした。
使い終わったら捨ててしまうメモ紙、ハブラシ、乾燥剤など、
ひと工夫したことで、何度も使える画期的なアイデアグッズです。

@ NUboard (ヌーボード)
専用マーカーと紙のホワイトボードで何度でも消して書けるメモ帳


ペンとセットになった8ページしかないメモ帳ですが、
ページは全てホワイトボードになっています。
専用のペンで書いて、消して、又書いて、何度でも使えます。
ページとページの間には透明のシートが挟まっているので、
こすれて書いた文字が消えるということもありません。
大きいサイズもあって、間の透明のシートにも書き込みできます。
打ち合わせやプレゼンテーションなどに、
説明しながら書き込みをするのに便利です。
相当長く使えますし、処理しては消していくので、
仕事がたまらず重宝します。
メモ帳の紙を捨てるということがないので、
エコでとてもいいアイデアだと思いました。

サイズはこちらをご覧ください。(新書版・A4版、A3版)

【問い合わせ先】 欧文印刷株式会社 TEL:03−3817−5914 

A ECO歯ブラシ セグエ
ヘッドブラシだけ交換して本体は何度も使えるエコ歯ブラシ

TVで話題 Segue ECO歯ブラシ KC01-RE ヘッドブラシ交換が可能 純日本製 (レッド)

先が広がってきて変えどきの歯ブラシ、
そのまま1本捨てるのはもったいない気がします。
そこで先のブラシ部分だけ変えられる歯ブラシの紹介でした。
先をひねればブラシだけとれて、そこに新しいヘッドをセットします。

ヘッドだけを取り替えるので、本体は何度でも使えます。
一回つけてしまうと、手で引っ張っても取れません。
ちなみにペンチで引っ張って見せてくれましたが、取れませんでした。
でも外すのは簡単で、ちょっとねじる感じで力を加えれば外れます。
しっかり固定されているのに、取り外しが簡単、
本体を使い捨てしなくてもいい、これはいいですね。
エコなので、私も是非使わせてもらいたいと思います。

【問い合わせ先】 株式会社 関東 TEL:045−212−4096 
 
B マルワ ドライボックス
電子レンジで過熱して繰り返し使える乾燥剤がフタに内蔵された保存容器


フタの裏に乾燥剤の丸いパットが付いた保存容器です。
シリカゲルを、熱に強いポリエステルの繊維で包み込んであり、
電子レンジで加熱すれば、乾燥剤を何度でも使うことができます。
この乾燥剤は、1ヶ月間ほど湿気を吸い込んでくれるそうですが、
湿気を含んだ乾燥剤を、600ワットの電子レンジで5分加熱すれば、
湿気を飛ばしてくれて、繰り返し使えるようになります。
フタに内蔵されているので使いやすく、
レンジで簡単に湿気を取って、何度も使えるというのは
ありがたいですね。50回ほど電子レンジで加熱して使えるそうです。

カラーはレッドとホワイトの2色、サイズはS・M・Lの3種類あります。
食品乾燥容器 ドライボックスのバリエーションはこちら

【問い合わせ先】 マルワ株式会社 TEL:0584−64−6234 FAX:0584−64−6033
Ferretアクセス解析