スポンサードリンク

どの電池でも使える懐中電灯、防災グッズの入った水筒、ヘルメットになるイス

2013年 3月11日(月)  前半

今朝のまちかど情報室は、「いざという時に 備えよう」というテーマで、
災害時に備えておきたい防災グッズの紹介でした。

今日は東日本大震災から丸2年。
NHKニュースおはよう日本でも、先週から被災地の中継をしていますが、
2年経ってもなかなか復興は進んでいません。
悲惨な大地震、被災者の方々の痛みを分け合って、
これからも出来ることを続けていこうと思っています。

改めて、非難ルートや避難場所、
防災グッズなど見直さなくてはと思います。
そこでまちかど情報室では、
日ごろの生活に取り入れながら非常時に備えられるもの、
また、絶対に備えておくものなど、
災害時に必要となるアイデアを紹介していました。

@ 電池がどれでもライト BF-BM10
単1〜単4の4種類の電池がどれでも使える懐中電灯


懐中電灯の中を開けると、単1、単2、単3、単4の
4種類の電池が入るようになっていて、
どの電池でも1本あれば、つけることができます。
鹿島アナウンサーがつけて見せてくれました。
単4の電池1つだけでもちゃんとつきました。
4種類の電池を同時に入れて使えば、
最大85時間連続して使えるそうです。
いざという時は、リモコンなどから電池を取り出して、
1個だけあれば使えるので大助かりですね。
立てて使えば、ランタンにもなります。
よく工夫された素晴らしいアイデアでした。


【問い合わせ先】 パナソニック株式会社 TEL:0120−878−365(お客様ご相談センター)  

A エマージェンシーボトル6点セット
水筒の中に防災グッズが入った非常用持ち出しセット


水筒の中には、小型の懐中電灯、救助を呼ぶための笛、
雨をしのぐレインポンチョ、暖をとるためのアルミのシート
などの防災グッズが入っています。
もちろん水筒としても使えます。
ボトルの容量は、1200ml(目盛りは1000ml)です。
いざという時に水を入れられるので安心ですね。


【問い合わせ先】 防災スペシャルショップ TEL:0175−63−2349
【問い合わせ先】 あんしんの殿堂 防災館 TEL:0465−44−3517 

B PUT on Stool
普段使いのおしゃれな椅子、いざという時に頭を守ってくれるヘルメットになるイス

普段から使っている椅子が、地震が来たときに
頭にのせればヘルメットの変わりになります。
椅子の裏側に、発砲素材が貼ってあり、
それが頭を守ってくれるクッションとなり
ちょっとした衝撃から守ってくれます。
こんな椅子が置いてあればちょっと安心ですね。

水に浮くタイプもありました。

いろいろなタイプがあります。価格も2万円からありました。
PUT on Stoolの詳細はこちら 

【問い合わせ先】 株式会社ミトノ TEL:0566−92−1131 

続きは、「頭を保護する帽子、カセットボンベで発電機、コンパクト浄水器
をご覧ください。






Ferretアクセス解析