スポンサードリンク

大型連休を便利に楽しく過ごすアイデア

2012年 4月25日(水) 

今朝のNHKニュースおはよう日本で、懐かしい復刻版の商品を数々紹介していました。
清涼飲料水や自動車など、一度生産を止めた商品を再び売り出す”復刻版商品”が次々と次々と登場しています。スタジオにも、三ツ矢サイダー、ビスコ、昭和初期のクレヨンなどたくさんの商品が並んでいました。コカ・コーラではスプライトを復刻、昔ながらのデザイン、ロゴなどを極力再現したそうです。池袋の西武デパートでは1980年代に大流行したDCブランドを再び売り出したそうです。代表格のロッテのチョコレート「ビックリマン」は、2ヶ月前の発売以来、大量に買う大人が後を絶たないそうです。人気の理由は一緒に入っているキャラクターシールでした。当時子供だった今のお父さん世代だけではなく、子どもたちにも広めようと今風な工夫がされていました。シールの右下のQRコードを携帯やスマートフォンで読み取ると、シールのキャラクターが画面にでてきて、そのキャラクターを育てたり、戦わせたりして楽しむことができるんです。復刻なのに現代風でした。復刻ブームはまだ続くそうです。

2012年 4月25日(水) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「大型連休 便利に楽しく」というテーマでした。大型連休が近づいてきました。ワクワクしますね。そこで楽しくて便利なアイデアを紹介していました。

@ ツルカメRA

リュックなどにカメラのストラップを吊るすフック
新緑のいい季節になってきましたね。ゴールデンウイークには野山に行ってきれいな景色をカメラで撮影したくなります。でも歩きながらずっとカメラを首にかけていると、重くてつらいです。今の一眼レフは軽くなっていますが、でも約1kg程の重さがありますので、首が痛くなってしまいます。首から500mlのペットボトルを2本ぶら下げるのと同じくらいの重さなんですね。そこで、風景を撮影するのが大好きという女性が使っていた便利なフックなら、そんな悩みを解消してくれます。ベルトにフックがついていて、ベルトの両端が引っ掛けられるものです。リュックを上のリングと下のリングに引っ掛け、ベルトをしっかり固定し、フックにカメラのストラップを引っ掛けると、首にはカメラの重さがかからずに、首からカメラをぶら下げることができます。「カメラの重さを全然感じないので楽です。いつでもシャッターチャンスを逃さずカメラで撮影できてすごく便利です。」と女性がコメントされていました。
このアイデアはプロのカメラマンが考えたそうです。ずっとカメラを下げていて首を痛めてしまったので、傷めずに、でもシャッターチャンスを絶対逃せないということで考えついたアイデアとのことでした。これなら首にかけて長時間歩いても、首への負担がないので撮影を楽しめそうですね。

※アマゾンも楽天も現在売り切れ中ですが、楽天のこちらのショップは6月ごろ入荷予定です。
>>ツルカメRA(つるかめら/ツルカメラ) リュックやザックにカメラのストラップをつるすフック

【問い合わせ先】ウォータードロップマーク http://e-wdm.com
メールアドレス:mail@e-wdm.com

A エアーハンガー

厚みがあり型崩れを防ぐ、旅行用の空気で膨らむハンガー
旅行が大好きという女性が紹介してくれた便利なハンガーは、厚みがあるので型崩れが心配な上着をかけておくのに便利なものでした。とても小さくたためますので、旅行カバンにもたくさん入れて持っていくことができます。使うときだけ勢いよく息を吹きこめば、しっかりとしたハンガーになります。長期滞在の時など、シャツを洗ってこのハンガーにかけておくと、洗濯物の乾が早いそうです。一般的なハンガーに比べ厚みがあるのでより隙間ができるからです。マイハンガーを持って旅行なんて、ちょっと粋ですね。


【問い合わせ先】株式会社コンサイス
TEL:03−3685−0811  http://www.concise.co.jp

B バーベキュークラブ
道具から食材まで配達してセッティング、回収も後片付けもしてくれる
バーベキューの宅配サービス

バーベキューを楽しみたい、でも準備や後片付けが面倒で大変。
そこでバーベキューをやるときに便利なバーベキューの宅配サービスを紹介していました。
電話一本で、バーベキューに必要な道具から食材、何から何まで届けてくれる上に、セッティングまでしてくれるんです。撮影の日は8人でバーベキューでした。
8人分のテーブルやいす、グリル2台が用意され、炭火起こしまでまでやってくれました。
バーベキュークラブのスタッフが面倒な準備を終わらせたら、お父さん、俄然張り切ってお肉や焼きそばを焼いていました。
バーベキューが終わってお開きになったら、終了の電話をかければ再び担当者がやって来て後片付けもきちんとやってくれます。ゴミもビニール袋に捨てて持ち帰ってくれます。
「準備が面倒なので、焼くだけですむので楽で助かります。」とお父さんがコメント。
サービスのエリアは、東京・埼玉・千葉・神奈川と決まっていますが、自宅以外でもバーベキューが許されているバーベキュー場にも運んでくれます。
すごくありがたいサービスですね。私の勤めている会社でも年に1度か2度は庭でバーベキューをやります。炭火起こしやお肉を焼くのは男性社員、でも食材の買出しは女性の私たちがやりますが、結構大変なんです。そして一番面倒なのが、気分よく酔っているのに、後片付け・・・。是非長野県でもこのサービス展開して欲しいですね。

【問い合わせ先】バーベキュークラブ
TEL:046−236−6635  http://www.bbq-club.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55502064

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析