スポンサードリンク

最新の防災グッズで、いざという時に備えて安心

2011年 9月1日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本のビデオコーナー「とれたてマイビデオ」で、菜の花の種からハンドクリームを手作りする様子が投稿されていました。ハンドクリーム作りは、神戸市須磨区にある神戸総合運動公園の会議室で行われました。材料として使う小さな粒は、この公園でとれた菜の花の種、“菜種”でした。そしてこの種の油を使います。菜種油を抽出するために、乾燥させた種を機械でギュッと力を入れて絞ります。この搾った油を、市販のオイルと混ぜてベースオイルを作り、さらに蜂から取れた保湿作用のある蜜蝋と、香り付けに、ゆずやローズマリーなどのエッセンシャルオイルを入れてよくかき混ぜます。オイルがペースト状になったら、小さなガラス瓶に入れ、オリジナルハンドクリームの完成です。皆さん作り立てのハンドクリームを使っていました。いい匂いでスベスベになったそうです。今年は、お手製のクリームでて手荒れ対策もバッチリです。このイベントが行われた神戸総合運動公園のコスモスの丘では、毎年3月には5万本の菜の花畑が咲きます。>>2011年06月24日のハンドクリーム作りの日記


2011年 9月1日(木) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「いざという時に備えて」というテーマで、“9月1日防災の日”にちなんだ最新の防災グッズの紹介でした。いざという時のために防災用品を揃えておきたいですね。

@ 快眠防災枕

防災用品を入れておくことができる枕

深夜寝ているときに地震が起きた場合、真っ暗で非常用持ち出し袋にたどり着くのも大変です。
そんなときに便利なのが、この枕“快眠防災枕”です。枕の中には、紙でできた筒が入っていて、その筒に自分で必要だと思われる物を入れておくことができます。作業用手袋、懐中電灯、スリッパなど入れられます。寝心地が心配ですが、筒は枕の上の方に収納されるので問題ありません。これなら真夜中に地震が起きても、枕を開けて懐中電灯をつけて避難の準備がすぐできます。http://www.e-futonya.jp

アマゾンはこちら


A クリアミュージアムジェル 33111

ガラス製品や陶磁器など大切なコレクションの転倒を防止するジェル

インテリアショップを経営する男性、防災のために使い始めたのがこのジェルでした。
棚を斜めにしても、上に置いてあるガラス製品などの小物が落ちてきませんでした。
このジェル、ガラスなどを固定できる粘着剤です。素材は、グングン伸びる粘り気のある柔らかなシリコーンです。適度な大きさにちぎって、固定したい物と物の間に挟むと隙間なく密着します。
メーカーの実験で、震度5強ほどの揺れにも倒れることはなかったそうです。
でも一度付けてしまったら、くっついたままなのでは困りますよね。でもご安心ください。横にして間に空気を入れると簡単に外せました。粘着剤もこびりつくことなく綺麗にはがせます。
「大切なものが壊れていないかな、という心配を失くしてくれます。何度でも使え、手にも残らないので安心して使えます。」と男性がコメントされていました。これがあれば安心ですね。私も旅行先で買ってきた大切なガラス製品など、これで固定しようと思いました。http://www.sugatsune.co.jp/

アマゾンはこちら


B アドレンズ エマージェンシー

遠視及び近視に対応、度数が調節できる緊急用メガネ

6人家族の内、4人がめがねを使っているというご一家、お父さんと娘さんは近視用のめがねで、おじいさんとおばあさんは老眼用のめがねです。ご一家、非常用袋には1本だけしかめがねを入れていません。娘さんの次に老眼のおじいさんがそのめがねを使ってましたが、ちゃんと見えるそうです。秘密は2枚重なったレンズにありました。横についているつまみを回すと、レンズがスライドして、遠視・近視・老眼の誰でもピントを合わすことができるんです。
「むずかしい調節とか工具とかもいらないし、一つあるだけで共有できますので、大変心強いです。」とお父さんがコメントされていました。
製造メーカーでは、宮城県の被災地に1000本ほどこのめがねを送ったそうです。 みんなで共有できるのがいいですね。我が家も私が近視で主人が遠視、非常用持ち出し袋に一つ入れておかなければと思いました。http://adlensjapan.co.jp/

アマゾンはこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47678814

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析