スポンサードリンク

室内やベランダでガーデニングを手軽に楽しめるアイデアグッズ

2011年 8月22日(月) 

今朝のNHKニュースおはよう日本で、金の価格が高騰しているというニュースがありました。金は今月19日、1グラム4500円台になるなど値上がりが続いているそうです。そこで、砂金採りを体験できる山梨県身延町にある「甲斐黄金村・湯之奥金山博物館」を取材していました。室町時代から江戸時代にかけて採掘が続いた、金山の歴史を伝えている博物館です。家族連れなどが大勢訪れて、砂金採りの体験ができるコーナーが人気となっていました。専用の皿を使って見つけた小さな砂金は、透明なケースに入れてもらって持ち帰れます。博物館の女性学芸員によると、例年に比べ1.5倍〜2倍くらいの来場者数となっているそうです。金の価格が高いことにも関心があるようですが、夏休み家族みんなでする砂金探しで、楽しい時間を過ごせそうです。


2011年 8月22日(月) まちかど情報室


今朝のまちかど情報室は、「ガーデニング もっと楽しく」というテーマで、室内やベランダでガーデニングを手軽に楽しめるアイデアグッズの紹介でした。夏のセレクションとして、反響の多かったグッズの再放送で、2011年6月14日(火)に放送されたものです。

>>ガーデニングをもっと手軽に楽しめるアイデアグッズ(2011年6月14日放送)

@ ドライウォーター

土の上に置くだけで水やりができるジェル状の水

接骨院を営む男性、休日に観葉植物の水やりができないのが心配でした。
そこで便利なのが、このジェル状の水“ドライウォーター”です。
袋を開けたら、そのまま土の上に置くだけで水やりができます。中に入っているのは透明なゼリー状の塊で、水の分子を植物の繊維で結びつけて、ジェル状に固めたものです。土の上に置いておくと、土の中から微生物が入ってきて繊維を食べます。すると、水の分子が切り離されて、少しずつ水が出て土に染み込みます。実験では2週間ほど持ちました。長期の旅行に出かけても枯らす心配しなくていいですね。http://www.jonishi-sangyo.co.jp

アマゾンはこちら


A わくわく菜園種まきセット エコ播っく

野菜などの種を均等にまくことができる種まきグッズ

家庭菜園で野菜を育てているという女性、小松菜の種が小さくてバラバラになってしまうので使い始めたというのが、均等にまくためのグッズ“エコ播っく”でした。
ケースの中に種を入れて、付属の板の上をスライドさせていくと、3粒から4粒ずつ間隔もだいたい同じようにまけます。回転する円盤に秘密がありました。小さなくぼみの中に種が入っていって、これを板の上で回していくと、板についた仕切りに引っかかって円盤が回り種が落ちていくという仕組みです。仕切りの間隔は7種類あるので、野菜の大きさなどに合わせて使い分けができます。http://www.agri-style.com

B 根菜スタンド Stand
ベランダで根菜類(大根、人参、ごぼう、長芋等)を育てる袋
お問い合わせ:株式会社 北信帆布(TEL 026−221−3500)http://www.hanpu.jp/

根菜スタンドは、あまりべランでは栽培しないような野菜、キャベツとかブロッコリーなどを育てられる袋です。深さは50センチある大きな袋で、土の中に伸びていく、大根やニンジンなどの根菜も栽培できます。
素材は丈夫なナイロンで、たくさん土を入れて重くなっても破れることはないそうです。
袋の中の下の方、排水用の穴が開けてあるところに当ててある白い布は、排水をろ過するもので、排水に泥が混ざることがありません。下からきれいな水が流れるので、ベランダも汚れず非常に便利です。袋なので日当たりのいい場所に移したりも楽にできそうですし、おしゃれに家庭菜園ができますね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47499071

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析