スポンサードリンク

自分らしさをアピールするユニークなアイデアサンダル

2011年 8月9日(火) 

今朝のNHKニュースおはよう日本「暮らし最新事情」は、エスプレッソの話題でした。
エスプレッソは、コーヒーの粉を押し固めて、お湯を強く吹き付けて作りますので、コーヒーのうま味が濃縮され、その苦さがよくて人気となっています。最近は自宅でエスプレッソを楽しむ人も増えています。僅かな量で濃厚な味を楽しめるということで、エスプレッソを自宅で手軽に作れる製品が相次いで販売されています。最近はマシンの値段も安くなってきて2万円代が中心、お手軽に楽しみやすくなり売れ行きも伸びているそうです。今エスプレッソが何故人気となっているのかというと、その背景は10年前にさかのぼります。10年前にアメリカから大手の珈琲チェーンが相次いで進出し、当時の若い世代に人気となり、現在その世代が年齢を重ね、自宅でもおいしいエスプレッソを楽しみたいという人が増えているのだそうです。自宅で、アイスラテなどのエスプレッソを使ったアレンジメニューを楽しんだり、カプチーノの泡で絵を描く、ラテ・アートに挑戦したりと、なかなか奥が深いようです。
>>エスプレッソマシンの人気ランキングはこちら


2011年 8月9日(火) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「アイデアサンダルで夏を楽しく」というテーマでした。暑い時の足元は、涼しいものがいいですね。デザインも可愛いものを選びたいです。そこで、機能が向上していたり、自分らしくオリジナリティーをアピールするサンダルなどのユニークな製品の紹介でした。

@ グリップオンサンダル

かかとが浮き上がらず、脱げにくく履き心地がいいサンダル
この季節、海に出かけてサンダルで砂浜を歩くのは気持ちいいのですが、ビーチサンダルは砂浜で脱げてしまうことがよくありますよね。そこで鹿島アナウンサーが履いていたのが、脱げにくいというこのサンダルでした。鼻緒のところが変わった形をしていますが、鼻緒の輪の下の方から足を入れるんです。この鼻緒は合成樹脂でできていて、足の甲から足首にかけてしっかりと、でもソフトに押さえてくれるそうです。鹿島アナウンサーが足をパタパタ振っても脱げませんでした。歩いたときにも密着してしています。サンダルの底が、足の裏にピッタリくっついているんです。これなら、安心して水辺で楽しめるますねと、鹿島アナウンサー楽しそうにはしゃいでいました。脱げにくくて歩きやすいサンダル、これはかなりいいと思います。http://www.montbell.jp

A toeot(トート)

ストラップを組み合わせて、様々なスタイルが作れるサンダル
お母さんと息子さん2人が、お揃いのサンダルで公園に遊びに来ていました。
親子で色違いのカラフルなサンダルでしたが、このサンダル、長さの違うストラップが10本ついていて、形を自由に変えられるんです。サンダルの底をはずすと、内側に突起が着いています。そこの突起にストラップを好きなように組み合わせて取り付けることができます。
例えば、ちょっとした近所へのお出かけには、3本だけ並べてシンプルなサンダルに。とても履きやすそうでした。遠出をしてちょっと歩くかなというときには、脱げにくいように足首やかかとを固定していました。ストラップのつけ方で、いろんな履き方を楽しめるんです。
「その日の服装とか、行く場所や目的によって、自分の好みにコーディネートできるというのがすごく面白いなと思いました。」と女性がコメントされていました。かかとをしっかり固定すれば、しっかりと歩きやすくなって靴としても履けますね。http://www.kit-corporation.com

B 島ぞうり 手彫りデザインブック
【送料無料】島ぞうり手彫りデザインブック[24センチ]
【送料無料】島ぞうり手彫りデザインブック[26センチ]
見てかわいい、作って楽しい、履いてハッピー、自分でデザインを彫って作るサンダル
お問い合わせ:株式会社東京ニュース通信社(Tel:03−6367−8095)
http://kikaku.tvguide.or.jp/shimazouri/

海が大好きという女性2人、最近はまっているのが、この自分で手彫りする島ぞうりでした。
ビーチサンダルに、好きなデザインを彫ってしまおうというものなんです。
サンダルにデザインを書いて、次はカッターナイフでサンダルの底を彫ります。
彫ると下地の色が見えて素敵になりました。お一人はパンダを。もう一人の方は、四葉のクローバーにラブ&ピースのサインを彫りました。このサンダルには、ガイドブックがセットされていて、デザインの型紙もいくつか付いていますので、初心者でも気軽に取り組めるそうです。上級者はオリジナルの絵を彫って、まさに世界に一つだけのオリジナルサンダルが作れます。
「短時間で一つのものが仕上がるのが、すごく面白いなと思います。友達に見せびらかしたりしています。」と女性がコメントされていました。
この製品が生まれたのは、砂浜で自分のサンダルを見つけやすくしたいと思ったサーファーのアイデアだったそうです。砂浜に戻ってきたとき、色々なサンダルがあって自分のものがどれなのか分からないということで、初めは名前を書くことから始まったそうです。でも名前だけではつまらないので、自分の好きなデザインや模様が生まれてきたということでした。
自分でデザインを作れるのが楽しいでしょうね。カッターで彫るのも簡単そうでした。不器用な私も作ってみたくなりました。

島ぞうり 手彫りデザインブックは、ホームページから購入できます。
サイズは23cm、24cm、26cmの3種類でした。
>>http://tnsws.jp/shop/item_list?category_id=SMZ


タグ:サンダル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47286061

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析