スポンサードリンク

足腰の動きを助け、お年寄りの生活をサポートしてくれるグッズ

2011年 7月6日(水)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、家庭に設置する耐震シェルターのニュースがありました。東日本大震災の発生で、防災体制の見直しが求められていますが、山梨県ではシェルターの設置費用の補助制度があるそうです。甲府市の一人暮らしの80歳代の女性、県などの補助制度を活用して耐震シェルターを設置されましたが、制度を利用して自宅に設置したのは初めてだそうです。8畳の応接間に設置された耐震シェルターは、広さはおよそ5平方メートルで、2人ほどが横になれるスペースとのことでしたが、窓も付いていて和風の素敵なお部屋でした。山梨県は東海地震で震度6強の揺れが想定される地域の住民や、お年寄りや体の不自由な人がいる世帯を対象に、シェルターの設置費用の3分の2を市町村と共に補助する制度を3年前から設けているそうです。今回の設置費用は10数万円に抑えられたそうですが、耐震シェルターがあるだけで随分心強いことでしょうね。耐震性を高めるために住宅の改修を行う場合相当お金がかかりますが、山梨県のような補助制度があれば耐震シェルターの設置もなんとかなりそうですね。
一条工務店の耐震シェルター>>http://www.ichijo.co.jp/news/shelter/index.html

2011年 7月6日(水) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「弱った足腰を助けます」というテーマで、足腰の動きを助け、様々な工夫でお年寄りの生活をサポートしてくれるグッズの紹介でした。年齢を重ねていくと、車の乗り降りや歩くだけでも足腰の負担が大きくなってきますが、それをサポートしてくれるアイデアグッズでした。

@ イージーターン

回転するシートなので、車の乗り降りのときなど楽に体の向きが変えられます。
膝の手術をしたという女性、車の乗り降りに不自由を感じていて、乗り込むときにひざに力を入れることができないので、体の向きを変えるのに苦労していたそうです。そこでイージーターンというこのシートを使い始めました。座るだけで、ひざに力を入れなくても体の動きに合わせてクルッとシートが回転して、簡単に向きが変えらるんです。2枚のシートが重なって入る構造で、真ん中の部分の白いプラスチックが回転します。さらに座る側と反対の裏側は、粘着性のある特殊な滑り止め加工がしてあって、車が走っているときでもずれずに使えるそうです。これならひざの負担を減らして楽に乗り降りできますね。さらに、このシートは持ち運びができるので、ベッドで横になるときやリビングの椅子に座るときなど、車以外でも使うことができます。「横向きになったり、振り向いたりするときの動作がとても便利になりました。よいしょって言わなくてすむようになってます。」と女性がコメントされていました。
ただし、このイージーターンは運転席では使用しないようにとのことでした。運転席ではアクセルやブレーキをかけるときに足を使いますので、シートがクルクル回ると危険ですから。http://www.lac-hc.co.jp/

A 転倒予防靴下

つま先が反り上がって、歩行のサポートとつまずきを防止する靴下です。
家の中にいても、ちょっとした段差に転びそうになる不安が常にあるという女性、最近使い始めたのがこの転倒防止のためのくつ下でしたが、つま先が上がっている靴下だったんです。つまづきやすくなる原因は、すねのあたりの筋肉が、年を重ねてくると衰えてきて、足先が上がりづらくなるからだそうです。転倒予防靴下のポイントはくつ下の編み方にありました。足の底の部分は、伸び縮みしやすい編み方で、甲の方は伸び縮みしにくい編み方がされていました。編み方を組み合わせることで、上のほうに足がひっぱり上げられるようになるので、つま先が上がりやすくなり、転倒防止になるという仕組みでした。「つま先が上がる感じがして、歩いていても安心して過ごすことができます。すごく足にフィットしてとても気持ちがいいです。」と女性がコメントされていました。この転倒予防くつ下は、妊婦さんや病院のリハビリ施設でも重宝されているとのことでした。http://corporation-pearlstar.com/index.htm

アマゾンはこちら


B キャリーステッキ・ライト プレンティ

片手でスイスイ動かせて、杖としても使えるバッグです。
近所に暮らすお孫さんに会うのが楽しみという男性、お出かけの時には杖を使っていますが、ただ、杖をついてもう一方の手にはお孫さんへのお土産を持つと歩きづらく感じていました。そこで、つえとバッグがひとつになったものを使い始めました。バッグにはお土産のスイカがすっぽり入り、その上で、杖の代わりにもなってくれます。下に車輪がついていますが、手元にブレーキがついていて車輪がロックされるので、階段を下りる時には、手元を握れば車輪が回転しないので滑ることもないそうです。それでも車輪が前の方へ行ってしまった時は、後ろに棒のようなストッパーがついているので止めることができます。「左の手がオープンだから大変歩きやすいです。杖をついているときよりずいぶん滑らかに動きます。」と男性がコメントされていました。荷物を入れたバッグがそのまま杖として使えるとは、素晴らしいアイデアですね。http://www.zojirushi-baby.co.jp/
タグ: くつした
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46577044

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析