スポンサードリンク

凍らせて暑さ対策に役立つアイデアグッズ

2011年 6月27日(月) 

今朝のNHKニュースおはよう日本「世界が注目!ネット動画」で、本格的な指揮をする3歳の男の子の動画を紹介していました。3歳の男の子の名は、アメリカアリゾナ州に住むジョナサン・オクセニュク君です。隣の部屋から聞こえるクラッシック音楽に合わせて指揮をしていましたが、テンポもリズムもパッチリ、しかも動きにキレもあり本格的で驚きました。ジョナサン君、生後間もない頃にクラシック音楽のコンサート映像を見てから自然に体が動くようになったそうです。動画で一躍有名となり、投稿から1年後にはプロの楽団に参加して指揮をしていました。ジョナサン君、とても堂々と見事な指揮を披露しました。ご両親はジョナサン君に一度も教えたことがないそうですが、ジョナサン君独自のやり方でオリジナルでもプロ並みの腕前のように見えます。ジョナサン君は音楽をいつも聴いているそうですが、大物指揮者になるのではと将来が楽しみです。

2011年 6月27日(月) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「凍らせて 気分そう快」というテーマで、暑さ対策や氷を使ったグッズの紹介でした。暑くなってきましたが、先週は40℃近くまで気温が上がるところも出ましたね。そこで今朝は、凍らせて暑さ対策に役立てたり、見た目も涼しげな氷を使ったユニークなアイデアの紹介でした。

@ プシュ冷え

プシュ冷えは、タオルを一瞬で凍らせて冷凍おしぼりを作るグッズです。
少年野球のコーチをしているお父さんと息子さんが、夏の暑さ対策に使っていたのがプラスチックの棒でした。棒の中は空洞になっていて、水で濡らしたタオルを巻きつけて、付属のスプレーをシュッと吹き付けます。すると、わずか2秒ほどでタオルがコチコチに凍りました。秘密は、棒にたくさん開いている小さな穴です。スプレーを吹き付けると、小さな穴からマイナス30度のガスが吹き出し、巻きつけたおしぼりに冷気が閉じ込められて水分が瞬間的に凍るという仕組みでした。「溶けてぬるくなったら、いつでも好きな時に何度でも凍らすことができるので、非常に便利だと思います。」とお父さんがコメントされていました。http://www.vipros.jp

アマゾンはこちらから


A アイスモールド サッカー 30mm タイプ

アイスモールドは、氷のサッカーボールが作れる金型です。
鹿島綾乃アナウンサーが持っていた麦茶のグラスに入っている氷、サッカーボールの形をしていました。綺麗な形でしたが、細かく模様が刻まれた氷のサッカーボールは、見ているだけでも涼しそうでした。女子のワールドカップもドイツで開幕しましたし、子供たちが喜びそうです。サッカーボールの氷は、アイスモールドという金属の型で作ります。この型を開けてみると、中にサッカーボールの形が刻まれていました。使い方は、そのボールの型の直径よりも大きいサイズの氷を挟むと、どんどん氷が解けてサッカーボールの形ができるということです。氷が溶ける様子は、まるで早送りの映像を見ているようでしたが、早送りではありませんでした。10秒ほどで氷が溶けて、型と型がぴったり合わさって、サッカーボールの形になりました。この型はアルミでできています。アルミは熱をすばやく伝える性質を持っているそうです。もともと、アルミの温度は室温程度あるのですが、その温度が氷に伝わってすばやく周りが溶けていくという訳なんです。固めていくのではなく発想が逆で、溶かしながら形をつくるというアイデアでした。氷が出来上がるのは見ていて楽しそうです。この金属の型は、他にもいろいろあり、氷の結晶のような形やハート型などもあるそうです。元々は、プラモデルの金型を作っていた町工場が、その技術を生かして作ったものだそうです。http://www.taisin-ss.co.jp/icemold/index.html 

B これぞ本物 氷のビアジョッキ

自宅で作れる氷のビールジョッキです。友達と一緒にビールを飲むのが好きと言う男性の最近のお気に入りが、この氷のビアジョッキでした。
フィルムケースのように見えましたが、プラスチックでできたコップ大の容器で作ります。
容器の底が盛り上がっていて、その周りの部分に水を入れて冷凍庫で凍らせます。
凍ったら取り出して、取っ手をつけるとビールジョッキの完成です。
氷のビアジョッキなら、キンキンに冷えたビールが飲めますね。
気温28度の中で飲んでいても、20分ほどもつそうです。
「簡単にできちゃうんで、晩酌のひとつの楽しです。」と男性がコメントされていました。http://www.ehara.co.jp/

アマゾンはこちらから


タグ:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46396566

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析