スポンサードリンク

目隠しとしてプライバシーを守り、夏の陽射しカットなど暑さ対策にも役立つ節電省エネグッズ

2011年 5月26日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、山形県で昨日行われた、節電の初の社会実験のニュースがありました。県内すべての企業や一般家庭に協力を呼びかけ、15%削減を目標に実施されました。実験は、夕食の準備やテレビを見ることで家庭での消費電力が増える午後5時から7時まで。消費電力の30%を占めるのが家庭です。そこである家庭の昨日の取り組みを紹介していました。スイッチ付きのテーブルタップで待機電力を減らす。魔法瓶にはあらかじめガスで沸かしたお湯を入れておく。便座の電源を常にOFFにする。など常に節電を行っていたので、これにプラスするには何をやったらいいのか困ったそうですが、夕食の支度を30分前倒しして、夕食には電気を使わない節電メニューのちらし寿司と冷奴でした。
昨日の2時間の実験で、どのくらいの消費電力を抑えられたかというと、目標は106万KWの15%削減でしたが、結果は94万KWで12%の削減となりました。目標達成できなかったのは、「準備期間が短かかったことでPR不足だった。家庭でどうすれば節電できるかを上手に伝えられなかった。」と県の職員が言っていました。初めてにしては、思った以上の成果ではないでしょうか?

2011年 5月26日(木) まちかど情報室


手軽に仕切って快適に」というテーマで、簡単に組み立てて部屋を仕切ったり、目隠しに役立つグッズの紹介でした。
目隠しとしてプライバシーを守るだけでなく、夏の暑さ対策にも役立つアイテムでした。

@ クールブラインド

このユニークなすだれ“クールブラインド”は、暑い季節に役立つ節電&省エネグッズです。
日当たりが良く、夏は暑くて大変だというご家庭、カーテンを閉めて直射日光を遮ぎっても室温は30.4℃もありました。そこで、このカーテンみたいな“クールブラインド”を窓の外に吊るすと、室温は27.3℃になり、3度以上も低くなりました。
この製品は、細くて白い特殊な素材が何枚もつないであり、太陽の熱を80%カットするそうです。顕微鏡で見ると、およそ4ミクロンという非常に細かな繊維が、たくさん絡み合っていてほとんど隙間ないため、熱を通しにくいということでした。隙間がないと暑いのでは?と思いますが、実はテープとテープの間に隙間があって、そこから風が通るので通気性はいいそうです。「エアコンを使う時間が短くなったり、設定温度を少し高めにできるので助かっています。」とコメントされていまいした。http://www.0353.jp

A Redi Shade レディシェイド

レディシェイドは、貼るだけで簡単に取り付けられる、陽射しカット&目隠しブラインドです。
家にお客さんが来たときに、冷蔵庫の中が丸見えになってしまうのに困っていたというご家庭、そこで見つけたのが扇のようなもので、紙でできているブラインドでした。切って必要なサイズに合わせて使え、紙なので軽いため、両面テープで貼り付けるだけで簡単に目隠しができました。
「サイズを合わせてオーダーして作ると、時間も費用もかかるので、これは本当に計って切るだけなので、簡単にできていいと思います。」とコメントされていました。
http://www.nozawa-jp.com

B 連結くん
お問い合わせ:株式会社ニューライン (TEL:043−441−0231)
http://renketsukun.jp/

連結くんは、連結するだけで組み立てられる簡単で便利な仕切りです。
カフェを経営している女性、週に一度、お店の一角を“連結くん”で仕切っていました。仕切りの中では、子供たちの英会話教室が開かれています。
この仕切り、柱は厚紙でできていて、それをプラスチックの部品でつないでいきますが、柱の数で広さを自由に調整できます。そして紙でできたすだれを下げれば完成。
軽いために簡単に組み立てることができますし、横にスライドさせれば出入りできます。20分でおよそ4畳のスーペースができました。
「すごく軽くて、こどもと一緒に簡単に作れますし、時間も全然かからないので助かります。」とコメントされていました。

紙でできているので、必要な時にパッと組み立てられますし、片付けも軽くて簡単でいいと思います。この“連結くん”は、東日本大震災の避難所でも活用されていました。
千葉県旭市にある避難所で実際に、仕切りとして、着替えのスペースとして、相談をするスペースとして使われていました。
これで仕切ってしまえば、プライバシーも守れそうですね。高さもあるので、目隠しになり安心感があると思います。




タグ:省エネ 節電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45497244

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析