スポンサードリンク

花粉、硫黄、細菌、しっかりブロックするマスク

2011年 4月8日(金)

昨夜また震度6強の地震が発生しました。余震とは思えないほど大きな地震でした。
午後11時32分ごろでしたが、ニュースを見ていたら、突然画面が地震で棚などがバタバタ倒れている映像に変わりました。宮城県沖を震源とするマグニチュード7.1の地震でした。
東日本大震災からおよそ1ヶ月、電気などもやっと復旧してきたというのに、なんて惨い。
東北には友人もおりますので、心配でテレビの情報をずっと見てました。
津波警報も出ていましたが解除されてほっとしました。
でも今回は、広範囲の停電になってしまいました。
震災直後の不安がまた蘇ってきて、立ち直ろうとしている気力も衰えてしまいそうですが、被災地の皆様にはなんとかもう一踏ん張りして頑張っていただきたいです。
これ以上、怖い思いや悲しい思い、もうしてほしくありません。

昨夜は地震情報をずっと見ていたので、寝不足からか目が真っ赤に充血したまま出勤しました。
今日は朝から風が強く、花粉やら黄砂やら放射性物質?やら、何だか分かりませんが、目が痒く、鼻はぐずり、くしゃみの連発でしたバッグの中にはいつも10枚くらいの使い捨てマスクを入れていますので、困っていた会社の同僚にもあげました。

まちかど情報室では、今までにも花粉対策、インフルエンザ対策などでマスクの情報をよく伝えています。今一番心配な放射性物質から身を守るのも、花粉対策と同じようだとも聞いています。今日は、かなり前に放送されたマスクなのですが、あれ以来私もお世話になっているマスクもありますので、今回もう一度取り上げさせていただきます。
2010年 2月16日のまちかど情報室で放送されました。

クリネックス マスクもティシュー

マスクにもティシューにもなる新発想マスク。すぐ取替えられるので、いつでも清潔。
耳かけホルダー付き

くしゃみや鼻水でマスクを汚してしまうことがよく有りますが、クリネックスの“マスクもティシュー”なら、ティッシュなのでよごれたらすぐに取替えられます。破れにくい丈夫な紙6枚重ねになっていて、付属の紐をつけるとマスクになるというティッシュなんです。折りひだもちゃんと付いていますので、広げると顔にフィットさせられます。マスクとしてもティッシュとしても使えるのでとても便利です。

グラストマスク

花粉対策メガネとマスクを一体化する事で個別使用より花粉の進入防止に成功

花粉対策でゴーグルとマスクをして外出しても、隙間から花粉が入ってしまい目も痒くなってしまいますが、グラストマスクならピッタリフィットして隙間から花粉が入ってきません。グラストマスクはゴーグルとセットで一体化するマスクなんです。使い方はマスクに穴が開いているので、その穴をゴーグルの真ん中のフックに引っ掛けて装着します。ピッタリフィットするので隙間がなくなります。マスクの紐はゴーグルにかけるので耳が痛くなることもありません。定規が付属に付いているので、一般的なマスクでもカットして使えます。
メガネのスポンジでフィット感もあり、花粉・殺菌・ウイルス対策にお勧めです。

エアスケープマスク

内側に交換可能な四層の高性能フィルターを備え、都心の排ガス、ウイルス飛沫、硫黄、細菌および花粉もしっかりブロック

マスクをしていると息苦しくなって困ることありませんか?エアスケープマスクなら弁が開閉するので中が蒸れず、息苦しくなりません。マスクの口元に弁が付いていて、息を吐く時だけ弁が開きます。息を吸う時は弁が閉じていて、マスク全体から空気が取り込まれるようになっているので中が蒸れないのです。内側は取替えフィルターとなっていて、4層構造で花粉をしっかりブロックします。色はレッド、イエロー、ブラックと3種類あります。通気性がいいので、マスクをしていても息苦しくなく心地よく過ごせます。

 


タグ:花粉 マスク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44207607

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析