スポンサードリンク

心を和ませてくれる桜グッズ

2011年 4月 7日(木)

桜の季節になりましたね。
東京では桜が満開とニュースで見ました。
長野県にも高遠の桜で有名な、高遠城址公園(伊那市)があり、全国から観光バスがやって来て観光客でいっぱいになる桜の名所です。
桜の開花予想はあさっての4月9日土曜日ですが、見ごろは来週の中頃です。
今年は、東日本大震災の被災者の方々のことを思うとお祭り騒ぎも自粛することになり、予定されていたイベントと夜間のライトアップが中止になりました。
私は一度しか訪れたことがありませんが、前回は人、人でゆっくり桜鑑賞できませんでしたので、今年はゆったり桜を楽しみに出かけてみようかなと思っています。


東日本大震災で被災された皆様、ご家族、ご親戚の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
地震の被害の上に、津波、火災、液状化現象、福島第一原子力発電所事故などで、1都9県が災害救助法の適用を受けました。
福島第一原発から300キロの長野県にも、放射性物質ヨウ素131が累積量190(百万ベクレル/km2)となりました。
一日も早く被災地の皆様が、元の生活に戻れるか、安心して暮らせるようお祈りしております。

さて、まちかど情報室もいつ再開するかわかりません。
そこで、去年の今頃に、さくらグッズの放送がありましたので、今年もまだ手に入るユニークなグッズを載せてみました。

2010年 3月16日(火)放送「心を和ませてくれる桜グッズ特集
2010年 4月1日(水)にも再放送されています。

@ デザインクラッカー さくら


デザインクラッカーさくらは、ひらひらと桜の紙吹雪が舞うクラッカーです。
クラッカーから桜の紙吹雪が飛び出して、ひらひらと桜の花びらが舞い落ちるようで綺麗です。
桜の花びらには、軽い紙が使われていて、お祝いの席にも喜ばれそうです。

A SAKURASAKU サクラサク ・ロックグラス


SAKURASAKU サクラサク ・ロックグラスは、底が桜の花びらの形をしているグラスで、お酒を頂きながらお花見をするのにお勧めです。
底が桜の花びらの形にカットされているので、テーブルの上に水滴でできた桜が咲きます。

B マジックサクラ


マジックサクラは、桜の花のような結晶が広がる紙のおもちゃです。
自分で咲かせる不思議な マジック桜は、プレゼントやお土産に喜ばれると思います。
紙の桜を咲かせる方法は、まず、紙の枝を広げ液体をかけます。
30分すると枝先からピンクの花が咲き始めます。1時間、2時間と花がどんどん咲いていき、4時間程で満開になります。
マジックサクラは、紙に塗られた染料と特殊な液体が混ざると、もこもことした結晶になり、桜の花のように見えるんです。
液体が蒸発すると桜も少しずつ散っていき、1ヶ月楽しむことができます。
花の結晶は害はないそうですが、目や口には入れないようにとのことでした。


 




タグ:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44191002

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析