スポンサードリンク

様々な工夫をこらした便利なアイデアバッグ

2011年 3月 8日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本「暮らし最新事情」で、今静かなブームとなっている論語についての放送がありました。中国の古典『論語』、子供たちに論語を学ばせようという論語塾が全国各地で開かれ、親子連れに人気となっているそうです。北海高校の元英語教諭、新田修さんが、札幌市内のお寺(北区 北大寺)で先日「こども論語塾」を開きました。親子連れ44人が参加し、論語を読み始めると、子どもたちの大きな声が本堂に響き渡っていました。
『己の欲せざる所 人に施すこと勿れ(なかれ)』自分のいやなことは人にしてはいけない。
『徳は孤ならず 必らず隣あり』思いやりの気持ちのある人は、独りぼっちにならない。
こどもたちがすらすら言っていたのには驚きましたが、参加者の最年少の5歳の女の子も論語を暗唱していました。改めて子供たちに基本的な生き方を伝えたいという親心から、親が子供に論語を学んで欲しいと願っているようです。昔習った記憶はありますが、私は論語の存在自体忘れていました。私も論語を学んで自分の生き方を考えてみたくなりました。
【送料無料】子供と声を出して読みたい『論語』百章(続)

2011年 3月 8日(火) まちかど情報室

使い方いろいろ アイデアバッグ」というテーマで、中の物が取り出しやすかったり、大きな荷物を運ぶのに便利だったりと、様々な工夫をこらした便利なバッグの紹介でした。

@ サコッシュ

容量は想像以上、伸縮自在なバッグ
赤ちゃんを抱っこしている主婦が使っていたバッグ、グーンと伸びて、さっと物が取り出せて便利でした。伸縮自在で、水着などにも使われる素材で出来ているので、斜めにかけると体にぴったりとフィットし、バッグの口が自然と閉じます。また、手が入れやすいように、手前と奥で入れるところの高さが違っているので、抱っこしてても、片手で簡単に物が取り出せるといいます。色は全部で17種類ありました。「体にフィットするという点で、とてもつけ心地もいいし、ポケットから取り出す感覚で出せるというのがすごくいいです。」とお母さんがコメントされていました。よく伸びて中の物が取り出しやすいこのバッグ、元々はアウトドア用品のメーカーが、自転車に乗る人向けに、体にフィットするものとして開発したそうです。子供を抱いていても荷物を取り出しやすいということで、子育て中のお母さんにも人気だそうです。http://www.ccp.fm

A フロシキバッグ2 ショルダー(L)

現代風にアレンジされたモダンな風呂敷バッグ
料理を持ち寄って、よくホームパーティをするという女性、お弁当やケーキの形を崩さず持ち運べるという、風呂敷のようなものを使っていました。これは、風呂敷よりももっと簡単に包むことが出来るそうです。風呂敷に包むように、真ん中に料理の入った入れ物やケーキの箱を置き、一方を結んだら、反対側は磁石で留めるだけでした。持ちやすいよう穴が開いていて、肩にもかけられるのでショルダーバッグとして使えます。サイズは3種類ありました。「これからお花見の季節なので、お弁当とかお酒とか包んで、ピクニックに行きたいですね。」と女性がコメントされていました。http://www.h-concept.jp/

B KAKU-KAKU vol.1 紙のような質感のバッグ
お問い合わせ:丸枡染色 株式会社(03−5694−2341)http://www.monomatopee.jp

会社員の女性が持っていたバッグ、デザインにこだわって作られたバッグでした。カクカクして紙でできたバッグのように見えますが、実は布製で、三角に折れ曲がる不思議な布でできていました。東京葛飾区の老舗の染色加工メーカーが作ったものです。乾くと硬くなる特殊な溶液で色付けされていて、色を付けていない白い部分だけが、折り紙みたいに折れるようになっています。トートバッグや小物入れなどデザインは全部で4種類ありました。「人目を引いて、いいなと思います。紙のような質感で、カクカク曲がって横から見ても正面から見ても表情が変わるので、それが面白いなと思います。」と女性がコメントされていました。布を染めることで、紙を折り曲げたように立体的にしてしまうのはユニークなアイデアですね。バッグ、とってもお洒落で欲しくなりました。
タグ:バッグ 論語
この記事へのコメント
早く、安く中国語サイトを立ち上げたいお客様とって、いろんなメリットがあります。たくさんの成功実績を持っています。検索エンジン上位表示でアクセス数の増加をしたいなら、こちらをお任せてください!!
Posted by ホームページ制作 at 2012年03月22日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43744282

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析