スポンサードリンク

料理の腕をあげたい人に役立つグッズ

2011年 1月21日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、合格祈願を神社の絵馬ではなく、お堂に書くという“落書き堂”のニュースがありました。乙文殊宮(おともんじゅぐう)、通称“落書き堂”は、佐賀市大和町にあり、知恵を司る文殊菩薩が祭られています。合格を祈願する文字を、お堂に直接書き込むと御利益があると言われ、お堂ができた昭和18年の直後から書き込まれていたそうですが、一面まるで落書きのように文字で埋め尽くされていました。お堂への道のりは険しい山道で、30分ほど登り続けます。落書き堂と呼ばれ親しまれていて、県外からも多くの受験生が訪れるそうです。合格を願う受験生は、消さずに残された古い文字の上に、新たに自分の願いを重ねて書きます。兄の代わりに合格祈願に来た幼い兄弟や、息子に代わって来た母親など、受験生や家族の思いがぎっしり詰まった落書き堂です。お堂の管理者は、願い事をお堂に書く習わしは、長い歴史があると歓迎していて、年1回願い事が叶うよう、神事を行っているそうです。ただ、他の神社では、建物に文字を書き込むのは許されていないので、決して真似しないでください、とのことです。願いが叶うといいですね。


さて、今朝のまちかど情報室は、「料理の上達 応援します」というテーマで、料理が苦手な人、もっとレパトリーを増やしたい人、料理の腕をあげたい人に役立つグッズの紹介でした。

@ ブッククリップ

料理のレシピ本を冷蔵庫などに固定するクリップ型のホルダー
料理の本を参考にしてよく新しいメニューを作るという主婦、レシピ本を作業台の所に置きながら見ていたんですが、水が飛んだり火のそばだと怖いなぁっと感じていました。そこで使い始めたのが、このブッククリップです。冷蔵庫などに貼り付けて本を固定することができます。3つの強力な磁石がついていて、重さおよそ1キロの本まで支えられます。今回は、野菜のラザニアにはじめての挑戦でしたが、お嬢さんが「美味しい。」って食べていました。「開いたまま確認できるので、重宝しています。また新しい料理とか、子供も喜ぶので挑戦したいと思います。」とお母さんが仰っていました。http://www.marna-inc.co.jp/ja/

A シリコンリングセット ターナー付き

フライパンに置いて、卵焼きなどを作るシリコーン製の枠
毎日子供のお弁当を作っているという主婦、一人分の玉子焼きがきれいにできるグッズを愛用していました。フライパンに置くだけで、玉子焼き専用のスペースができる四角い枠で、熱に強いシリコーンで出来ています。枠は卵1個分でちょうどいいサイズです。幅にぴったり合った付属のヘラで、簡単にきれいに卵を巻けます。空いたスペースを使えば、他の料理も一緒に作れます。「卵1個で、厚みのある玉子焼きができてとても便利だと思います。子供のお弁当に入れるのにちょうどいいので、助かります。」とお母さんがコメントされていました。直径26センチ以上のフライパンで使用できるそうです。http://www.ar-nest.co.jp

B デジタルサーモフライパン

手元に温度が出て、火加減のコツを教えてくれるフライパン
ハンバーグを焼いていた主婦、外はこげているのに、中は生焼けでした。フライパンの温度が高すぎたようです。こんな失敗を失くしたいと使い始めたのが、ピピッ、ピピッと鳴るこのフライパン“デジタルサーモフライパン”です。このフライパン、丁度いい温度になると音が鳴って教えてくれるんです。持ち手をはずすと先端に温度センサーがついていて、ディスプレイに温度が表示されます。それを見ながら、火加減の調節が出来るというフライパンです。このフライパンには、あらかじめ11種類の食材に適した温度が設定されていて、焦げやすい卵などは121℃と低く、魚はうまみを逃がさないように、191℃で高めの温度が設定されています。「材料に合わせた適温というものが分かるようになり、お肉などは割と高い温度で焼き始めたほうが美味しいので、そういったタイミングが良く分かってとても便利です。」と女性がコメントされていました。このデジタルサーモフライパン、加熱しすぎて250度を超えると、アラーム音で警告するという機能もついています。液晶で温度が表示される部分は、フライパンを洗う時などは、ワンタッチで取り外せるように工夫されていました。http://www.metex.co.jp/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42778108

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析