スポンサードリンク

和紙がお肌を守ってくれます

2009年 11月12日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本のワールドリポートで、オーストラリアのウルルの岩登りが出来なくなるかも知れないというリポートがありました。ウルル(Uluru)は、オーストラリアのほぼ中央にある巨大な岩で、エアーズロック(Ayers Rock)とも呼ばれ、世界中から年間およそ30万人が訪れる観光地です。ユネスコの世界遺産にも登録されており、高さおよそ350メートル、周囲の長さ9キロあまりに及ぶ一枚岩です。ウルルの人気は岩登り、急斜面を1時間以上かけて登ります。しかし国立公園の管理計画の見直しで、岩登りを禁止しようという声があがっているそうです。理由は安全性の問題と、アボリジニの反発からだそうです。岩登りで転落して30人以上も死亡しているそうです。先住民のアボリジニにとってはウルルは聖地であり、特別な時にしか登ることが許されてないそうです。政府は先月ウルルを一望できる展望台を完成させましたが、地元の観光業界は、岩登りが出来なくなると観光客が激減するのではと危機感を強めていました。オーストラリア政府は、岩登りの禁止に踏み切るかどうかの結論を年内には出す見通しのようです。
私も絶対一度は行って見たいと思っていますが、アボリジニの人たちのことを思うと・・・、でも登ってみたいというのが本音です。


さて今朝のまちかど情報室は、(今週は各地域のアナウンサーが紹介)
「和紙で肌を守ります」というテーマで、NHK福井の網 秀一郎アナウンサーが、1500年の歴史を持つ、高い加工技術の越前和紙を紹介してくださいました。

和紙の持つ特性で、お肌のお手入れに効果的な和紙の製品がありました。

@ 紙洗顔 顔の汚れを取り、お化粧直しができる和紙
お問い合わせ : 株式会社イシダ美容研究所
電話 : 0120-395-111
URL : http://www.kamisengan.com

お化粧直しに大きな越前和紙を使ってましたが、肌に当ててなでると、脂はもちろん、くすみの原因となる埃などがとれるそうです。脂と汚れはしっかりとれますが、メイクはほとんど落ちないようです。秘密は和紙の繊維の構造にありました。和紙特有の目の粗い繊維が、化粧の上についた汚れだけをからめとってくれるのです。また高度な技術で、0.05mmの薄さに作られているので、顔をなでる繊細な指の動きが肌に伝わり気持ちいいようです。
愛用者の女性は、顔が軽くなり、明るくなったので、スッキリした感じになりますと仰っていました。

A からだ洗いタオル 絹に和紙が織りこまれた垢すりタオル
お問い合わせ : 株式会社 東野東吉織物
電話 : 0779-88-0317
URL : http://www13.ocn.ne.jp/~reijin/

絹は滑らかな肌触りですが、実は絹の繊維は角ばっているので垢を擦り落とすのに適しているそうです。でも絹だけでは、石鹸の泡立ちが悪く、お肌をいためてしまうのが難点だったそうです。そこで和紙の持つ高い吸水性を活かし、糸にした和紙を絹に織り込んだところ、タオルが水を含んで泡立ちが良くなり、絹の固さを解消した、和紙入りのタオルが完成しました。
お肌に優しいこの垢すりタオルは、福井の新たなみやげ物として注目を集めているそうです。

B ワンコノイエ犬服 ペットの肌を守る和紙で出来た犬の服
お問い合わせ : 株式会社コネクト.エス
電話 : 0776-22-6308
URL : http://www.connect-s.jp

アレルギー体質のビーグル犬ロッキー君のお肌はいつも荒れがち。掻くので肌が赤くなっていました。蚤やダニから犬を守るため、服を着せたいのですが嫌がるそうです。そこでワンコノイエ犬服を試しに着せたら気にいったそうです。この犬の服は内側が和紙でできていました。和紙には湿度を調整する働きがあるので、蒸れないそうです。今ではすすんで着せて欲しいとせがむようになったと仰っていました。
ロッキー君、しょっちゅう掻いていたのが、この服を着ることで痒みが治まったようです。


他にも和紙の製品が開発されているそうです。
和紙には水分は通さないけれど、通気性が良いという成分が含まれているそうです。
その成分を使って、手荒れを防ぐ製品も登場したそうです。

和紙は情緒が合って好きですが、お肌にいい成分があったとは驚きでした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33605931

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析