スポンサードリンク

夢中になれるアイデアパズル

2009年 10月19日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、新型インフルエンザのワクチン優先接種が、今日から全国23府県の医療機関で実施され、そのスケジュールと受ける為の手順を放送していました。
今日のワクチン接種対象者は、新型インフルエンザ患者の治療ににあたる医師や看護師からです。ワクチンには数に限りがあり、政府は、5400万人を対象に接種していくようです。
ワクチン接種のスケジュールは、
医療従事者・・・今日から
妊婦・・・11月から
持病のある人・・・11月から
幼児・小学低学年・・・12月中旬から
乳児の保護者、小学高学年、中学・高校生、高齢者・・・来年1月頃から

ワクチン接種を受けるには、通知が届く訳ではないので、ワクチン接種を希望する人が、接種できる医療機関や時期を確認して予約を入れなければならないそうです。
持病がある人は、かかりつけの病院で発行される「優先接種対象者証明書」を、また妊婦は「母子健康手帳」を持参して受けるそうです。
接種の費用は、2回の場合
1回目 3600円、2回目 2550円で、合計6150円です。
接種回数を一部を除き1回に見直す見通しだそうですが、1回になると、スケジュールも前倒しになる可能性もあるようです。
ワクチンの副作用は?安全性は、季節性のインフルエンザと同じ程度のようです。
臨床試験200人の結果、半数程度の人が、注射した場所が赤く腫れ、2人に強いアレルギー反応が出たようです。
ワクチンを接種すれば安心と思ってよいのか?いいえ、安心ではありません。
今回のワクチン接種は、感染を防ぐ為ではなく、感染した場合重症化したり死亡したりするのを防ぐのが目的なのだそうです。
新型インフルエンザを予防するには、手洗いやうがいなど、日常的な感染予防が最も大切です。

多くの自治体では具体的な日程が決まっていないので、厚生労働省の新型インフルエンザ情報のホームページを確認するか、電話で相談するようにということでした。
TEL 03−3501−9031 午前10時から午後6時

さて今朝のまちかど情報室は、「秋の夜長にパズルはいかが?」というテーマで、パズルの話題でした。じっくり時間をかけて取り組むパズルが、秋の夜長にぴったりですね、またパズルメーカーも秋に新作を出すことが多いそうです。

@ ルーペで探せ!モザイク「モザイク モナリザ」 名画で作るモナリザのジグソーパズル

ジグソーパズル 1000マイクロピース 絵画/ダ・ヴィンチ「モザイク モナリザ」

モザイク モナリザのジグソーパズルは、芸術の秋に合わせて発売されたパズルです。
ピースはゴッホやゴーギャンの名画からできています。
それらの全てのピースを組み上げると、モナリザが完成します。
このモナリザ1枚の絵に、1120の名画が使われているそうです。
肌の部分には、明るい色調のデッサンなどを使用し、髪の部分は、暗い色調の肖像画などが使われていました。モザイク モナリザが出来上がった後は、付属のルーペでゆっくり名画を鑑賞できるのが楽しみのようでした。
「モザイク 真珠の耳飾りの少女」もあります。

A ピギー バンク 豚の貯金箱を作るためのパズル

豚の貯金箱の立体パズルです。PIGGY BANK / ピギー バンク 【ATYPYK / アティピック】

貯まったお金を出す為に貯金箱を割りますが、ピギー バンクは、その時の貯金箱のかけらを復元したら面白いという発想のパズルで、フランス人デザイナーが考案したそうです。
貯金箱を作るための磁気のかけらを、付属の接着剤でつなぎ合わせていくと、豚の貯金箱の完成です。ピギー バンクは、1品づつかけらの形や数が違います。
ぶたの貯金箱のピギー バンクにお金が貯まったら、コインを取り出す蓋がお腹についているので、今度は割らなくてもお金を取り出せます。

B ジガゾー(自画像)パズル どんな顔でも作れてしまうパズル

11月30日発売 予約品 ジガゾーパズル JIGAZO PUZZLE (ジグソーパズル・300pcs)

ジガゾー(自画像)パズルは、色の濃淡が少しずつ違う300枚のピースを組み合わせると、人や動物の顔が何通りでも作れるというパズルです。
顔の写真を携帯で撮り、専用のアドレスに送信すると、絵や文字が並べられた設計図が送り返されます。ジガゾー(自画像)パズルのピースの裏には、1枚1枚異なる絵が描かれています。
送られてきた設計図のとおりに、上下左右を合わせて組んでいくとパズルが完成します。
吾妻アナも自分の顔を作っていました。
吾妻アナは、ピースを組み替えて、スタジオに島津有理子アナのパズルも持ってきていました。
どちらの作品も、ちゃんと特徴を捉えていて、そっくりでした。
同じ300ピースで作られていますので、組み合えるとまた吾妻アナの顔を作れます。
コンピューターが画像の濃淡、陰影を解析して、ピースの濃淡で作れるように設計図を作ってくれます。300ピース全て形が同じなので、上下左右、ありとあらゆる組み合わせを生み出すことができるので、どんな顔でも作れるそうです。
ジガゾー(自画像)パズルは、今月の30日発売される予定です。

これなら夢中で作ってしまいそうですね。
私も欲しくなりました。
プレゼントにも最適ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33045481

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析