スポンサードリンク

美味しい新米の季節に便利なグッズ

2009年 10月16日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、今話題のツイッターの魅力についての放送がありました。
ツイッターは、アメリカで始まったコミュニケーションサービスで、新しいコミュニケーションの手段として、日本でも利用者が急激に増えています。
twitterは英語でつぶやくという意味で、つぶやくような短い文章を書き込みます。
たとえば、「これから仕事」とか、「ご飯たべてる?」のような簡単な文章で瞬時にやり取りができ、コミュニケーションが楽で人との繋がりが持てると言うことで、随分流行っているようです。
「最近の新しい情報は最初にツイッターで見つけています。その後より詳しい情報をブログや新聞で見るという形になっています。」と男性が仰っていました。
ツイッターが日本向けにサービスを始めたのは、去年の4月です。
ツイッターは、誰でも無料で登録でき、操作が簡単なため利用者が増えています。
携帯電話からも気軽に投稿できるのも人気のようです。
自分がつぶやくと、見知らぬ人からの反応があり、また外国の人からも反応があることもあります。著名人も多く参加されているようです。
IKKOさんは、 IKKOStyle
歌手の広瀬香美(ひろせこおみさん)は、 kohmi
音楽家の坂本龍一さんは、 skmt09
そしてツイッターが知れ渡ったのは、アメリカのオバマ大統領の、BarackObama でしたね。
オバマ大統領のつぶやきはほとんど政策ののPRですが、見ている人の数(フォローされている)は、2415126人でした。
約240万人ですよ。オバマ大統領のツイッターはすごい人気ですね。
日本では、先日の台風の時に、いち早く台風の状況を知るのに使われていたそうです。
ツイッターはまさしく今を共有するコミュニケーションツールですね。
昨夜、ツイッターの利用者が集まったイベントが開かれ、約400人が参加したそうです。
ツイッターの創業者の一人もアメリカから駆けつけて来られました。
ツイッターは、世界でおよそ4450万人の利用者がいるそうです。
しかし、有名人になりすまして投稿する人も出てきて、何か問題がおきた場合に、迅速に対応できるようにチェックサービスの強化をしているそうです。

さて今朝のまちかど情報室は、「新米をおいしく食べよう!」というテーマで、新米の時期となりましたが、おいしいご飯を食べるためのグッズの紹介でした。

@ 米(マイ)スターの米(マイ)ポット 冷蔵庫で保存するお米の保存容器

冷蔵庫のドアポケットにスッポリ入るお米保存容器「米(マイ)スターの米(マイ)ポット」

お米は冷蔵庫で冷やして保管すると鮮度が保てますし、虫もつきません。
米(マイ)スターの米(マイ)ポットは、お米が2キロ入れられる容器で、冷蔵庫のドアポケットで保存したり、横向きにして棚にのせても使えます。
また、米(マイ)スターの米(マイ)ポットは、口元が計量容器となっていますので、傾けてそこにお米を満たし、レバーを動かすとすり切れ一合ぴったり計れます。

A 米ピタ!クリップ お茶碗型米とぎ用の水切り

●10月16日放映 NHK放送 「まちかど情報室」に登場。米ピタクリップ(ピンク)(PM-471)水切...

お米を洗う時って、米粒が流れてしまってもったいないなぁって思いませんか。
米ピタクリップなら、お米を流してしまうことがなく、安心して米のとぎ汁を捨てられます。
米ピタクリップは、お米のとぎ汁を捨てるとき、お釜やボールの端に引っ掛けて使うと、お米がこぼれなくなります。
お茶碗の形をしたこの米ピタクリップは、カーブの部分が容器にぴったり密着するのですき間がなくなるという仕組みでした。
コンパクトで使いやすく、米とぎがかなり楽になりますね。

B ニューふっくらご飯 ふっくらもちもちのご飯を炊く有田焼の磁器

【人気・便利グッズ電子ジャー】ニューふっくらご飯

釜戸で炊いたご飯って、ふっくらもちもちなんだそうですね。一度食べてみたいのですが、釜戸でご飯をむらなく炊く為に、割り箸で底の水気を逃がすという工夫をしていたそうですね。
そんな昔の知恵を応用して作り出されたものが、ニューふっくらご飯と言って、上と下に小さい穴を開けて作った有田焼の磁器です。
ニューふっくらご飯を入れるだけでムラなくご飯が炊けるそうです。
普通はご飯を炊いている時に、水分がだんだん減っていき下に残るので炊き上がりがむらになってしまうのだそうです。
ニューふっくらご飯を入れると、小さな穴を蒸気が通り、水分が早く抜けるようになり、蒸気の対流が促進されて全体が均一に炊き上がるという仕組みでした。
ご飯を炊く時に炊飯器に入れるだけですので、簡単で美味しいご飯が食べられるので我が家もやってみようと思いました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32966882

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析