スポンサードリンク

衣替え時期にも便利に使えるグッズ

2009年 9月30日(水)

今朝のNHKニュースおはよう日本では、病気の治療のため、今年いっぱいで活動休止する絢香さんのインタビューが放送されました。
シンガーソングライターの絢香さんは、2006年18歳の時にデビューされ現在21歳です。
先週、これまでの曲を集めたベストアルバムが発売され、ヒットチャートの1位を記録しています。
絢香さんは、今年4月結婚を発表し、その時に病気の治療の為、年内で活動を休止することを明らかにしました。
絢香さんの病気は、バセドー病。動悸や息切れが頻繁に起こる病気です。治療を怠ると命に関わる危険性もあるそうです。
絢香さんの今の心境を、3年ぶりの再会となる島津有理子アナがインタビューしました。
絢香さんは、「今はすごくポジティブで前向きな、すっきりした気持ち。自分にとって歌は今だけじゃない、ずっと何歳になっても、自分の表現をしていきたい。これは今、立ち止まる時期なのかも」というのが今の気持ちだそうです。ご主人の言葉がきっかけで休養を決めたそうですが、歌が大事だからこその決断でした。
絢香さんが高校時代に作詞に使ったノートが、何冊も映っていましたが、「正直な自分だけの言葉でメッセージを伝える」というのが、自らに課したルールだそうです。
絢香さんの歌は、年齢や性別に関わらず、多くのファンに勇気を与えています。
私も絢香さんの大ファンです。デビュー曲のI believeで自分を信じようと思えるようになりました。休養されてまた素晴らしい歌を聞かせてもらえる日を楽しみに待っています。

絢香 2CD ayaka's History 2006-2009 完全生産限定盤 フォトブック封入 2009/9/23発売 初回限定盤

さて今朝のまちかど情報室は、「衣がえ もう悩まない」というテーマで、衣替えのわずらさしさを解消してくれるグッズの紹介でした。明日から10月に入ります。衣替え面倒ですよね。島津アナもまだやっていないそうです。それにしても便利なグッズがあるものですね。

@ 竹炭収納ケース 横から衣類を取り出せる収納ケース

上から収納、横から取り出し!衣替えの季節に大活躍。炭入りの衣類ケース

収納ケースの一番下に入れてある服を取り出す時、上のものを全部出さなくてはいけないので大変ですよね。
でも竹炭収納ケースは、側面が透明なので、どこに何が入っているのか分かりますし、ファスナーで横から開けられるので下の衣類を簡単に取り出すことができ、とても便利な衣装ケースです。

A アイロン収納マット ローズ バッグにアイロン道具がすべて収まっているアイロンケース

生地副資材 アイロン台 アイロン収納マット ローズ

アイロン収納マットのポケットには霧吹きが入れられ、蓋をはずすと中にアイロンが収納できます。バッグを広げるとアイロンマットになりますし、アルミがコーティングされているので、熱効率が良いようです。蓋は丸めて袖にさしこむと袖のアイロンがけがしやすくなります。
面倒なアイロンがけの道具がコンパクトに納まっているバッグなので、アイロンがけに必要な物がすぐに出せてアイロンがけが楽にできます。
アイロン収納マットは、アイロン台を作っている会社が今年1月に発売しましたが、アイロン道具を出したりしまったりする手間が省けて主婦に人気となっているようです。

B くつホルダー(ワイド/スリム/ローファー) 収納力2倍で靴がすっきり片付くシューズホルダー

靴を重ねて下駄箱の収納量が2倍に!くつホルダー(ワイド/スリム/ローファー)

下駄箱に靴が入りきらなくて困っていませんか?
くつホルダーを使えば、すっきり綺麗に靴がげた箱に収まります。
くつホルダーは、靴を上下に重ねるので半分のスペースですみます。
くつホルダーには、幅や高さが異なるものが3種類ありますので、お父さんの革靴は、幅が広い幅10cmのホルダー、お母さんのハイヒールはスリムな幅8cmのホルダーと使い分けができます。縦も横も無駄なスペースを省くことができ、げた箱に入る靴の収納力が2倍になります。かかとの部分には、すべり止めのストッパーが付いています。



この記事へのコメント
明度や彩度、
背景と主たるモチーフのバランスなどを
常に確認していくためです。
Posted by 油絵 花 at 2016年10月24日 12:40
ラピスラズリは、ヨーロッパの近くではアフガニスタンでしか産出せず、それが海路で運ばれたため、「海を越えて運ばれる青」という意味で「ウルトラマリン」と呼ばれた。

http://www.meigakan.com/
Posted by 母の日 油絵 at 2016年11月17日 12:41
特に逆光的に描かれる積み藁の寒冷的な青色の陰影や、そこへ微かに混じる(桃色などの)暖色などの色彩描写は、画家の瞳を通したジヴェルニーの美しい冬の風景そのものを映し出したかのようである。

http://www.meigakan.com/
meigakan@yahoo.co.jp
Posted by 油絵 果物 at 2016年12月01日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32563906

この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析