スポンサードリンク

新しく生まれたスポーツやまくら投げ大会など注目のスポーツ

2015年2月25日(水) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「初心者歓迎! 注目“スポーツ”」というテーマで、
春から新しいスポーツに挑戦したいという方に、
最近注目のちょっと変わったスポーツが紹介されました。
ストレス発散にも役立ちそうです。

@ 全日本投げ大会in伊東温泉
まくら投げの全国大会 
今年で3回目のまくら投げの全国大会、
静岡県伊東市の体育館で開催されました。
1チーム8人の団体競技で、238人が参加。
浴衣を着て、全日本枕投げ協会公認の専用の枕を使います。
枕は特殊なスポンジが入っていて、当たっても痛くないのですが、
寝るには少々柔らかすぎるようです。

太鼓と笛の合図で試合開始。
布団から飛び出し、枕を投げあいます。
守備の選手は掛け布団を手に持って、
飛んでくる枕をブロックします。
ドッジボールのように、相手の枕にぶつかったら
アウトとなり外に出なければなりません。

「先生が来たぞ!」のコールが入ると10秒間正座します。
コールした方がその間に枕を回収できるというルールです。
このコールは1回だけ使えるので、うまく作戦に利用します。

第3回全日本まくら投げ大会in伊東温泉の詳細はこちら
伊東市は温泉の町なので、観光客の数を増やそうと企画したそうです。

【問い合わせ先】 伊東市観光課 TEL:0557−36−0111 

A パデル
スペイン生まれのスポーツ パデル
パデルは、スペイン生まれのスカッシュのようなスポーツです。
テニスコートのおよそ半分の大きさで、
ラケットもテニスに比べ少し小さめです。

空気圧を少し下げたテニスボールで、
専用のラケットで打ち合います。

コートの周りは強化ガラスと金網で囲われていて、
この壁を上手く使って、ボールの跳ね返りを計算して、
打ち返します。後ろを向いたまま返したり、
股の間から打ち返したりしていました。

初心者でも長くラリーを続けられます。
1時間程コツを教えてもらえば、
誰でも楽しくできるようになるそうです。

パデルの詳細はこちら「日本パデル協会」

【問い合わせ先】 所沢フットサルパーク&パデルコート TEL:04−2991−3277 

B ハンドソープボール
ヌルヌルの手でハンドボール
手に専用の液体をつけて、わざと滑りやすくして、
ボールを掴むのも投げるのも難しいスポーツで、
ドリブル禁止でパスをつないでゴールを狙います。

ハンドソープを塗るときは、床に垂れて
足が滑ってしまわないよう、
足元に垂れない程度に手にのせます。

ボールを落としてしまったら、ペナルティーとして
又、手にハンドソープを追加で塗られます。
体の大きさに関係なく、大人も子供も一緒に楽しめます。

ハンドボール元日本代表の東俊介さんが参加されたハンドソープボールのニュース記事

【問い合わせ先】 日本バブルサッカー協会  Mail:bubble_soccer@sports-it.jp 
Ferretアクセス解析