スポンサードリンク

帽子やベストを編んだり、のんびり手芸を楽しむアイデア

2015年1月22日(木) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「家で手芸楽しもう」というテーマで、
家でのんびり手芸を楽しんだり、
自分で編んだグッズを身に着けたいときに
役立つアイデアが紹介されました。

@ Hooked Zpagetti フックドゥ ズパゲッティ
衣類をリサイクルして作った糸 
毛糸とは違う太い糸で、布が丸まっていて
開くと柄がプリントされています。
Tシャツなどの製造工場であまった布を
リサイクルした糸で、太めのかぎ針で編みます。
糸が太いので作りやすく、ラグマットやバッグなど、
大きなものでもしっかりしたものに仕上がります。

楽天でバリエーションを見る⇒ Hooked Zpagetti フックドゥ ズパゲッティ
Amazonでバリエーションを見る⇒ Hooked Zpagetti フックドゥ ズパゲッティ

無地の糸と組み合わせたりして、デザインもいろいろ楽しめます。
毛糸とは違った作品ができますし、
コースターならすぐに作れるそうです。
【問い合わせ先】 ディー・エム・シー株式会社  Mail:info@dmc-kk.com 

A SACUTONE (サクトネ)
“てぬぐい”でできたカレンダー
手ぬぐいでできたちょっと変わったカレンダーで、
めくると月ごとに色やデザインを変えて染めてあります。
その月が終わったら、端に切れ目が入っているので、
そこから手でビリビリと裂いていき、
その生地を使って、コースターやマットなど作って楽しめます。
一ヶ月分でコースターにしたり、
パッチワークでバッグを作るなら数ヶ月分を使います。
サクトネ.JPG
SACUTONE (サクトネ)の詳細・ご購入はこちらから

1年分を使い終わったら、はたきが作れます。
棒を外して、切り取った後の残った布をつけ、
ぶら下げていた糸でしばればはたきの出来上がり。
使い終わったらはたきになるというアイデアすばらしいと思いました。

作ったのは、大阪にある手ぬぐい工場です。
新しいものを開発したいと思っていたところ、
スイス人のデザイナーがこのアイデアを提案し、
1年かけて商品化したそうです。
【問い合わせ先】 株式会社ナカニ(注染手ぬぐい にじゆら)  Mail:nakani@jmail.plala.or.jp 

B スーパーイマジネーション
広げて筒状にして作る手芸糸
自分で手編みの服を編んで着たいと思っても、
時間がかかるので、飽きてきてしまいます。
そこで、あらかじめ機械で編んである糸が紹介されました。
マフラーのように見えますが、使うときに広げてほぐすと、
筒状になっていて、好みの厚さに折り重ねて使っていきます。

薄くて柔らかい生地で、
上をしばって、裾を整えれば帽子になります。
2枚を編んでつなげるとベストになります。

帽子とネックウォーマーの作り方の動画が2本紹介されています。
(毛糸1束を3等分して、1/3でネックウォーマー、残りの 2/3で帽子を作っています。)

楽天でバリエーションを見る⇒ スーパーイマジネーション
Amazonでバリエーションを見る⇒ スーパーイマジネーション

この糸を使えば編み目がきれいで、短時間で作れるので
初心者には助かりますね。
糸の価格も2000円ちょっとなので、
私もおしゃれな帽子やベスト作ってみたくなりました。
【問い合わせ先】 ダイヤ毛糸株式会社 TEL:06−6307−2911 
Ferretアクセス解析