スポンサードリンク

軽くて丈夫な和紙で作られた畳や、ネクタイ・アクセサリー

2015年1月15日(木) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「和紙で作りました」というテーマで、
和紙の軽くて丈夫な特徴を生かした畳や、ネクタイ・アクセサリーなど、
驚きの和紙を使ったアイデアが紹介されました。
手すき和紙の技術が無形文化遺産に登録されましたね。
和食に続き和紙も世界遺産に登録され誇らしい限りです。

@ ZIPANG ここち和座 置き敷きタイプ
和紙を使った畳 
和紙を使った畳で、薄くて軽いので一人で運べます。
フローリングは、お子さんが寝転んだりすると冷たいので、
廊下やキッチン、リビングなどいろいろな所に運んで
フローリングの上に置くだけで畳スペースができます。
機械ですいた和紙をこよりにして、樹脂でコーティングしてあり、
いぐさのように、中に空洞があってクッション性もあります。
軽くて、色あせにくく手入れしやすいのが特徴です。

楽天でカラーバリエーションを見る⇒ ZIPANG ここち和座
Amazonでカラーバリエーションを見る⇒ ZIPANG ここち和座

色を組み合わせてデザインを楽しむこともできます。
カラーも豊富で、ハートの形のものや丸い形のものもあります。
【問い合わせ先】 大建工業株式会社 ダイケンウェブショップ TEL:0120−787−505 

A オーダーニットネクタイ
和紙を混ぜた糸で織ったネクタイ

和紙で作られたネクタイで、軽くてオシャレです。
高級感もあり、付け心地もいいそうです。
機械ですいた和紙にコットンとレーヨンを混ぜて
特殊な糸にして織りあげているそうです。

オーダーニットネクタイの詳細・ご購入はこちらから

【問い合わせ先】 NuZee JAPAN株式会社 TEL:052−798−6911 

B くじゃくだま
和紙で作ったアクセサリー
ネックレスやブレスレットなど、宝石みたいなアクセサリーが、
手すきの和紙だけで作られています。

様々な色に染めた和紙を何枚も重ね棒状に固めます。
石のようにカチカチになりますが、和紙なので落としても割れません。
これを削って研磨剤で磨くと神秘的な柄のアクセサリーができます。
紙なので軽く、着けているのを忘れる程だそうです。

高知県の女性職人が作っています。
父親の時代から地元の土佐和紙を使っていろいろ作っていたそうですが、
娘さんの代になってアクセサリーも作り始めたようです。

くじゃくだまの詳細及び販売スケジュールはこちら

【問い合わせ先】 和紙工芸ほずみ  TEL:0887−35−7814 
Ferretアクセス解析