スポンサードリンク

お年寄りの生活を助ける、杖・老眼鏡などのアイデア

2014年11月17日(月) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「お年寄りの生活 助けます」というテーマで、
毎日のちょっとした動作を助けてくれる
お年寄りに役立つアイデアグッズが紹介されました。

@ ひょっこり杖
踏めば起き上がるので、腰を屈めずに拾える杖 
杖を使っているお年寄りの方がちょっと不便に感じていたのが、
杖を落とした時です。屈んで拾うと転びそうになってしまいます。
そこで、腰を屈めずに拾えるアイデア杖が紹介されました。

楽天で探す⇒ひょっこり杖
Amazonで探す⇒ひょっこり杖

持ち手の真ん中が山型に浮いています。
そこを足で軽く踏むと起き上がり、
浮き上がった先端は手でつかめる高さなので、
腰を曲げずに拾えます。
持ち手が裏側になって、山型が下になってしまったら、
持ち手の端を軽く踏んで離すと、
コロッとひっくり返り山が上に来るようになります。
立ったまま拾えるので、あると楽になりますね。
【問い合わせ先】 ノイエス株式会社 TEL:06−6351−4884 

A ペンタイプシニアグラス
2本のツルがレンズをガードし、ケースが要らない老眼鏡
老眼が進んでくると、新聞などの小さな文字が見えづらくなります。
そこで、ペンのようにポケットに引っ掛けて
持ち歩けるアイデア老眼鏡の紹介でした。
2本のつるが、別々の方向に折れ曲がり、
たたむとレンズの表と裏を保護してくれる、
レンズカバーになります。

楽天で探す⇒ペンタイプシニアグラス
Amazonで探す⇒ペンタイプシニアグラス

さらに、つるにはクリップがついているので、
胸ポケットや鞄などにペンのように引っ掛けられます。
【問い合わせ先】 アイメディア株式会社 TEL:0120−496−829 

B 靴下装着補助具 らくだからだ
椅子に座ったまま楽に靴下が履ける補助具
膝や腰が曲げづらくなってくると、靴下を履くのに苦労します。
そこで、楽に靴下が履ける補助具の紹介でした。
らくだからだ.JPG
使い方は、器具を逆さにして靴下をはめ、
足元に戻してつま先を靴下の先端に合わせ
器具を持ち上げて抜くとスッと靴下が履けます。
椅子に腰掛けたまま、楽な姿勢で履けます。

お年よりは足がむくみやすいそうなので、
むくんでいる時は、持ち手をさらに前に倒すと
靴下の履き口が広がり、足が差込やすくなります。

ステンレス製で250gと軽いので、
力のない人でも簡単に使えます。

考えたのは、兵庫県の男性です。
89歳の母親が、調理用のトングに引っ掛けて、
30分近くかかって靴下履くのに苦戦していたそうで、
それを見た男性、もっといいものはないかと、
試行錯誤の末にこの器具が完成したとのことでした。

価格は4,500円(消費税別途 / 送料別途)でした。
【問い合わせ先】 宝殿石油販売株式会社 TEL:079−431−0035 

Ferretアクセス解析