スポンサードリンク

もしもの時に備えておきたい災害時に役立つアイデア

2014年9月1日(月) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「“もしも”に備えます」というテーマで、
きょうの防災の日にちなんで、災害の時に役立つアイデアの紹介でした。

@ 柏葉水電池 自動吸水懐中電灯(大)
水で発電できる懐中電灯 
柏葉水電池 自動吸水懐中電灯.JPG
懐中電灯の中に緑色の電池が入っています。
電池の中には特殊な電解質が入っていて、
底にたくさんの穴が開いています。
その穴を5秒程水につけるとLEDライトが点灯します。
一度水につけるだけで、100時間程度連続して使えます。
海水や雨水、ジュースなどの水分があれば点灯します。

自動吸水懐中電灯の詳細はこちら

【問い合わせ先】 三嶋電子株式会社 TEL:03−3293−4791 

A d.a.t 防災スツール
クッション部分が取り外せる椅子

山形大学工学部の学生が考えた災害時に役立つ椅子です。
普段はオシャレなスツールとして使え、
災害時にはクッションを外して頭に被って持ち出せます。
避難先では硬い床に敷いて座布団にしたり、
枕にしたり、厚いクッションなので色々使えます。


去年、授業で宮城県石巻市を訪れ、聞き取り調査をしたところ、
避難先の硬い床の上で過ごすのが辛いという声を聞いて考えたそうです。

【問い合わせ先】 山形大学工学部バイオ化学工学科 TEL:0238−26−3156 

B MLIタッチメガホン AE-T4M
4か国語で避難誘導できるメガホン
大き目のメガホンで、4か国語で避難誘導ができます。
英語、韓国、中国語などに切り替えて、
災害時に、外国人にも避難の呼びかけができます。
登録されている音声は300種類以上あり、
地震や津波、台風や建物の火災などにも対応してアナウンスが流れます。


停止ボタンを押すまで繰り返し再生されるので、
避難した後でも、誘導の言葉が繰り返し流れます。

考えたのは、駅で地震を体験した、ある開発メンバーの方です。
駅で、言葉の分からない外国人の方が戸惑っていたのを見て、
外国語でも避難誘導ができるようなメガホンを考えたついたそうです。

【問い合わせ先】 エジソンハードウェア株式会社 TEL:011−748−6677 
Ferretアクセス解析