スポンサードリンク

バーベキューで役立つ伸びる串や発電する鍋、燃えない布

2014年7月15日(火) まちかど情報室

まちかど情報室のテーマは、「バーベキューで役立ちます」ということで、
夏休みに入って子供たちとバーベキューをするときの、
ちょっとしたお悩み事を解決してくれるアイデアが紹介されました。

@ リールロースター
伸ばしてクルクル回転させながら焼く串 

バーベキューをしていると、子供は自分で焼きたがりますが、
火に近づくと危ないので心配です。
そんなお悩みを解消してくれるアイデアグッズです。

リールロースター.JPG

引っ張ると伸びるので、火に近づかなくても
食材を焼くことができます。
さらにハンドルを回せば、食材も回って満遍なく焼けます。

ウィンナーやトウモロコシ、おにぎりなど、
クルクル回して焦げにくく、上手く焼くことができます。
マシュマロも焼くと美味しいそうです。
子供さんも飽きずに盛り上がれますね。
ただし、金属の先は熱くなるので注意が必要です。

楽天(現在品切れ) ⇒【EPI・イーピーアイ】リールロースター HW-1303
Amazon(現在品切れ) ⇒ Hog Wild(ホグワイルド) リールロースター

【問い合わせ先】 株式会社ランドウェル TEL:03−6432−9550 

A WireFlame(ワイヤーフレーム)
耐熱性の布を使うバーベキューの焚火台

特殊な耐熱性の布を使用してバーベキューが楽しめます。
ステンレス製の部品を組み立てて土台にし、
ワイヤのついた布の四隅を引っ掛けます。
布の上に薪をのせて火をおこします。
その上に網をのせてお肉などを焼きます。
布が燃えそうで心配ですが、耐熱性素材なので燃えません。
この不思議な布は、繰り返し延べ50時間程使えるそうです。

by カエレバ


後始末も簡単で、水をたっぷりかけて消火させます。
残った灰をそのまま布ごとたたんで持ち帰ります。
軽くてコンパクト、持ち運びが楽で使い方も簡単で
アウトドアで活躍しますね。

【問い合わせ先】 有限会社TSDESIGN モノラル係 TEL:042−703−4933 

B 発電鍋 ワンダーポット7
料理しながらスマートフォンなどを充電できる鍋

みんなでバーベキューを楽しんでいると、
スマートフォンで動画撮影したり、
音楽を聴いたりしていて電池切れになってしまいます。
そこで、イザという時に役立つ充電できる鍋の紹介でした。
底に特殊な発電装置が埋め込まれていて、
鍋の中のお湯が100℃、外側の火の温度が550℃以上に達すると
温度差を利用して発電する仕組みになっています。


発電鍋 ワンダーポット7

持ち手の先に小さな穴が有り、専用のコードを挿して、
スマートフォンやLEDライトなどが充電できます。
コードは耐熱性になっていますが、
火の真上には置かないよう気をつけてください。
機種にもよりますがスマートフォンなら15分の調理で10%程回復します。

【問い合わせ先】 株式会社 TESニューエナジー TEL:072−751−1678 

開発のきっかけは東日本大震災でした。
ドラム缶で火をおこして暖を取っている方たちを見て、
ある技術者が、火をおこしているこの火の熱で
発電できないかと開発したそうです。
Ferretアクセス解析