スポンサードリンク

力が弱ってきた高齢者の手を支えてくれるアイデアグッズ

2014年7月3日(木) まちかど情報室

今朝のまちかど情報室は、「お年寄りの“手”支えます」というテーマで、
年を重ねてくるとだんだん手の力が弱くなってしまいますが、
そんな不便を感じている人のために、
手を支えてくれるアイデアグッズの紹介でした。

@ ウィル・ワン(スプーン)
柄の部分を手に合わせて曲げられるスプーン 

by カエレバ


手の力が弱ってくるとスプーンやフォークを握っても
すべって落としてしまうことがあります。
そこで紹介されたのが、形状記憶樹脂を使ったスプーンです。
80度以上のお湯につけると、持ち手が柔らかくなって、
自分が握りやすい形に曲げることができます。
持ちやすい形にしたら、水につけて冷やせば、
その形にしっかりと固まります。
手にはめたようにピッタリフィットして落ちないそうです。

【問い合わせ先】 株式会社青芳製作所 TEL:0120−137−149 

A こぼれん盆
食器が固定されて倒れないお盆と器のセット


こぼれん盆 食器固定お盆トレー 食事補助用品

高齢になると手が震えたりして、お味噌汁などをこぼしてしまうことがあります。
そこで食器とお盆のセットが紹介されました。
お盆に穴が開いていて、そこに器がスッポリとはまるので、
お茶碗やお皿が動いたり倒れたりすることがありません。
手が不自由な家族の介護をされていた方のアイデアを商品化したそうです。

お盆に傾斜がついているので、
車椅子の様な低い位置でも食べ物が見やすく、
斜めに傾いているので、おかずをほぐしたり、
手前に寄せたりして、楽に食べられるそうです。

【問い合わせ先】 芳賀商事株式会社 TEL:0285−82−5611 

B Colle-ii ふきんスクイーザー
布巾を絞りやすくするグッズ

by カエレバ


手の力が弱ってくると布巾がうまく絞れなくなってきます。
そこで軽い力でしっかり搾れるプラスチックの棒が紹介されました。
この棒に布巾を巻きつけると握りやすい太さになります。
棒は4つの節で別々に動くので、力をそんなに入れずにギュッと絞れます。
使った後は分解して洗えるので衛生的です。

元々は、お年寄りが布巾や雑巾を絞りやすくするため
割り箸を巻いていたというのを聞いた開発の担当者が、
もっと便利な方法があるのではと1年の試行錯誤を経て生まれたそうです。

【問い合わせ先】 貝印株式会社 TEL:0120−016−410 

ユニークなサービスをするアイデア書店

2014年7月2日(水) まちかど情報室

6月24日(火)〜7月1日(火)まで、
サッカーワールドカップの中継のため
まちかど情報室は休止でした。

久しぶりのまちかど情報室のテーマは、
続々登場!ユニーク書店」ということで、
ちょっとユニークなサービスをする本屋さんが続々登場しているそうです。

@ おいしい本屋さん COOK COOP
料理を教えてくれる書店 

東京のオフィス街に去年オープンした書店で、
料理関係の本を専門に扱っています。
レシピの他に食材や調理器具の本も並んでいます。



お昼どきは、奥で料理教室が行われ、
店に置いてある本の中で紹介されているレシピを、
実際に作ってランチとして食べられます。

撮影日のメニューは、手早くできる
「タコサラダライス」でした。
オシャレな盛り付けでとっても美味しそうでした。



キッチンスタジオが併設された珍しい書店ですね。
行って、ランチを作って食べてみたいです。

【問い合わせ先】 COOK COOP BOOK TEL:03−3264−3230 

A 神保町にゃんこ堂
猫の本が揃っている書店

東京神田、神保町の一角にある老舗の書店です。
これまでは普通の本屋さんでしたが、
去年、猫に関する本ばかりを集めたそうです。

猫の雑誌や写真集、漫画や猫の医学書、



「吾輩は猫である」など猫にまつわる小説など、
およそ200種類、1000冊扱っていて、
猫好きの人たちの間で話題になり、
リピーターも増えているそうです。

本の売り上げが減ってきていたところ、
猫が大好きな娘さんが、 猫の本ばかり
集めてみたらどうかと提案したそうです。
予想外の反響があって売り上げもアップしたとのことです。

【問い合わせ先】 猫本専門 神保町にゃんこ堂(姉川書店内) TEL:03−3263−5755 

B 天狼院書店
昼寝が出来る書店

去年小さなビルの一室にオープンした書店で、
自宅にいるようにくつろいで、ゆっくり本を選べます。

ドリンク一杯注文すれば、朝10時から夜10時まで
何時間いてもかまいません。
眠くなったら、畳スペースに移って、
300円で30分間眠ることができます。

本好きのお客さんたちがオススメ本を紹介し合ったり、
情報交換の場としても使われているそうです。

長居している間に、好きな本が見つかって
買って帰ったりと、本もちゃんと売れているとのことでした。

【問い合わせ先】 天狼院書店 TEL:03−6914−3618 
Ferretアクセス解析