スポンサードリンク

合格に向けて頑張る受験生を応援するためのグッズ

2011年 1月5日(水)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、北海道苫小牧の特産品のハスカップを使った陶芸はすかっぷ焼」を紹介していました。北海道に自生するハスカップは、甘酸っぱい味で人気ですが、私は、ハスカップのジャムやゼリー、ワインやお菓子などのお土産をよく頂くので好きです。大量に捨てられるハスカップの枝を燃やし、その灰でうわ薬を作って、皿やカップなどの陶芸作品を作っていらっしゃる陶芸家がいました。陶芸を始めて56年になる、小崎彩秋(おざきさいしゅう)さんは、苫小牧市のシンボル「樽前山」の麓ににある陶芸館(苫小牧焼樽前窯陶芸館)で創作活動をしていらっしゃいます。地元の素材を使っているのが特徴ですが、中でも一際目を引くのが、あでやかな赤紫色の陶器「はすかっぷ焼」です。ハスカップの実の色を表現していますが、5年かけてやっと、うわ薬が完成したそうです。またハスカップの赤紫色を引き出す焼き方「還元焼き」で酸素量を調整しながら、焼き上がりまで16時間、さらに釜の中で冷ますこと3日間で赤紫色を出すことが出来るのだそうです。「はすかっぷ焼」は苫小牧市の認定特産品で、陶芸館で作品が展示されていて入場は無料です。


さて、今朝のまちかど情報室は「受験生 応援します」というテーマで、合格に向けて頑張る受験生を応援するためのグッズの紹介でした。大学入試センター試験まであと10日、中学や高校の受験も本格的に始まりますね。

@ 合格時計 残り時間を分かりやすくした時計
お問い合わせ : 株式会社ビジューワタナベ (TEL 03-3441-2237)
http://www.bw-shiroganedai-horlogerie.co.jp/

試験の時に気になるのが残り時間ですよね。合格時計は、そんな試験会場で役立つグッズです。高校3年生の男子、模擬試験などで時間配分がうまく行かず最後になってあわてることが多いそうです。そこで使い始めたのが、数字がいっぱいついた、残り時間が分かりやすくなる腕時計です。秘密は回転する時計の外枠にありました。この枠には残り時間が記されています。三角形の印を終了時刻に合わせて使います。時間が少なくなるにつれて文字が大きくなっていくので、目に付きやすくなっていました。最後の15分間は、黄色に色をつけてより目立つようにしてありました。文字盤の角度を変えることもできるので、机に置いたときに見やすいようにすることもできます。「残り時間を的確にぱっと目に飛び込んでくるように示してくれるので、そこで冷静に一息入れたり、見直しにあてようなどと区別が出来るので、とても助かります。」とコメントしていました。
この残り時間が見やすいという腕時計は、時計メーカーの社長が、もともと受験勉強を始めた自分の息子さんのために開発したものだそうです。受験生の声を参考にして、試験の時により残り時間が見やすくなるようにと工夫したということです。私もTOEICの時、時間ばかり気になって正面の大時計を何度も確認します。この時計があれば、時間配分できる分、余裕も持てそうな気がして、欲しくなりました。

A GO-KAKU枕 (合格枕)

快適睡眠、快適機能、五角形の合格枕
中学2年生の娘さんを持つ女性。受験まであと1年。娘さんが長丁場を乗り切れるようにとプレゼントしたのが、五角形をしたピンクの枕です。五角が合格との語呂合わせなんですね。裏側は、ローマ字でGO-KAKUと書いてあり、枕が滑るのを防ぐため、合成樹脂でできた滑り止めとなっていました。もちろん良く眠れるための工夫もされていて、枕の下の部分は、肩に沿ってアーチ型になっていますし、真ん中はくぼんでいるので、頭が安定し眠りやすいといいます。「睡眠が一番大切だと思ったので、期待込めています。希望校に合格。」と女性がコメントされていました。私は受験生ではありませんが、熟睡できるいい枕が欲しいと思っています。五角形なんでベッドがちょっとお洒落になるかなって思いました。http://www.nishikawasangyo.co.jp/

B 声のお守り 声で応援するお守り
お問い合わせ : (株)いのうえやす (TEL 03-3697-1185) http://www.inoueyasu.com

来年高校受験をする女子、志望校も決まり受験勉強を本格的に始めましたが、「なかなか勉強が進まないとか、落ちたらどうしようとか」の不安があるそうです。そんなとき彼女を応援してくれる、特別なお守りがありました。一見普通のお守りに見えますが、真ん中を押すと、「応援してるから頑張って。ファイト」と、声が聞こえてきました。中にICレコーダーが入っていて、メッセージをおよそ25秒間録音することができます。吹き込んだのは、お母様でした。人前では弱音を吐かないという娘さんの支えになればと贈りました。「何か気持ちが弱くなったときに聞いてもらって、頑張らなくちゃいけないと思ったときにでも聞いてもらいたい。」とお母様がコメントされていました。また娘さんも、「全然解けない問題も、これがあればたぶんできちゃうと思うので、試験の時にも持って行きたいです。」と言っていました。家族からの声の応援メッセージがあれば、辛い時に頑張れそうですね。

タグ:合格 受験生

新年、今年こそは!を応援するグッズとサービス

2011年 1月4日(火)

新年、あけましておめでとうございます。

今年初のまちかど情報室は、新年新たな気持ちで挑戦する人たちを応援するため、「今年こそ 続けます」というテーマでした。
貯金や運動など、続けようと思っていてもなかなか続かないことを応援してくれるグッズやサービスの紹介です。

私も、今年こそダイエットを成功させようと思っていますが、意思が弱くまた正月太りでさらに太ってしまいました。マイナス5キロを達成できたら〜と願っていますが・・・。

@ バンクマン(肉食系)

しゃべる貯金箱 バンクマン がっちり貯める500円玉専用 肉食系
今年こそは、家族旅行のためにお金を貯めようと使い始めたのが、しゃべる貯金箱でした。500円玉を100枚で、5万円貯めることができます。「君が貯金してくれなきゃ、僕の仕事が始まらない」など、お金を入れるたびに300種類以上しゃべるそうです。時計も内蔵されています。貯金をしないと「僕は1日に2枚でも3枚でも受け付けていますよ。」など催促までしてくれます。「かわいいです。表情とか見せてくれると入れたくなるので、貯金につながります。」とコメントされていました。すると、貯金箱が「ちゃんと忘れずに貯金してくれてよかった。」とコメント?声がアニメの声優みたいで可愛くていいと思いました。これなら貯金頑張ろうって気になりそうで私も欲しくなりました。草食系と言って、100円玉が100枚で1万円貯められるのもありました。http://www.takaratomy.co.jp/

A ネット家計簿 ココマネ
他の家庭と比べられる家計簿サイト
お問い合わせ : エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社 http://money.cocokulu.jp/money/

結婚してから家計簿をつけ始め、1年間続いたという主婦は、ネットでつける家計簿というのを使っていました。「ココマネ」は、無料の会員制サイトで、現在16万人が登録しているそうです。使った金額を入力すると自動で計算してくれ、年収や家族の人数を入力すれば、同じような家庭の平均値と比較することができます。半年前は食費が平均値を上回ってたので、外食を減らすなどした結果、平均値の半分近くまで食費を減らすことができたそうです。「一人でつけているわけじゃっていうのもあります。みなさん頑張っているというのもあるので、そのおかげで無駄づかいをしないようにと思いました。」と女性がコメントされていました。家計簿をインターネット上に公開して、参加者同士アドバイスをしあうこともできるそうです。毎日、使ったお金をココマネにつけるだけで簡単ですし、節約のポイントがつかめそうですね。

B エコエクササイズ「カンフー摩擦」
中国拳法の動きを取り入れた乾布摩擦
お問い合わせ : TAM-Project TEL:090-2699-7477 http://www.tam-p.jp/

乾布摩擦は乾いたタオルで体をこすることですが、血行がよくなって風邪もひきにくくなるそうです。その乾布摩擦に、中国拳法のカンフーを取り入れ、楽しく出来るようにしたものがカンフー摩擦です。参加者が、「体の芯から熱くなって、いい汗かきますね」とコメントしていました。双子の兄弟が考案しましたが、暖かい部屋で服を着たまま行うことが特徴です。二人一組の動作もあり、手が届かない所までくまなく摩擦できます。別の参加者が、「続けられそうですね。タオル一本だしね。」とコメントされていました。「乾布摩擦を黙々とするだけでなく、音楽にあわせて楽しくとか、楽しさを引き出せるような運動を作ろうとして作ってます。」との事でした。服を着ていても、乾布摩擦の効果は変わらないそうです。ダンスしながらカンフー摩擦、なんだか楽しそうで続くかも?と思いました。

ホームページに3分程の動画が掲載されています。


Ferretアクセス解析