スポンサードリンク

より使いやすくなったユニークなカイロや湯たんぽ

2010年 11月30日(火)

今朝のNHKニュースおはよう日本「暮らし最新事情」で鍋の話題が取り上げられました。明日から12月、本格的な冬がやって来ました。寒くなると出番が多くなるのが鍋ですが、鍋は準備も片付けも楽なのがいいですよね。スーパーなどではさまざまな鍋つゆが売られています。トマト鍋、チーズ鍋、カレー鍋などの洋風の味付けの鍋つゆ、とんこつや塩などのラーメンのような味付けの鍋つゆもあるそうです。豆乳鍋は子どもにも人気だそうですね。暮らし最新事情では、鍋の最後に食べる“〆”(しめ)も色々と紹介していました。寄せ鍋の〆は、中華麺にポン酢、こしょう、ラー油で味付けしてラーメンに。カレー鍋の〆は、つゆを煮詰めご飯にかけ、チーズをトッピングしてオーブンで焼くと、カレードリアに。豆乳鍋の〆は、パスタにチーズを加え、卵をかき混ぜて黒こしょうで、カルボナーラに。鍋の〆まで本格的で、二度おいしくいただけるので、我が家も参考にさせてもらいます。


さて、今朝のまちかど情報室は「ユニークで便利!カイロと湯たんぽ」というテーマで、新しいアイデアを取り入れることで、より使いやすくなったユニークなカイロや湯たんぽの紹介でした。

@ プチホカ

プチっとするだけですぐに温まる、繰り返し使えるカイロ(1袋)
冷え性で、通勤にカイロが欠かせないと言う女性、最近愛用しているのが、すぐに温かくなるというカイロ“プチホカ”です。中に入っているのは、酢酸ナトリウムの水溶液で、衝撃を与えると発熱しながら固体になるという性質を持っているそうです。カイロの表面に付いた小さくて丸い、薄い金属に衝撃を与えるのですが、押し曲げると、液体に直接力が加わり白い結晶に変わり始め、1分ほどで温度は40度以上になりました。温かさは30分ほど続くそうです。また、沸騰したお湯に入れれば元の液体に戻るので繰り返し使うことができます。「今までのカイロは、暖かくなるまでに結構時間がかかりますが、これなら寒いなと思った瞬間にポチっと押すと、すぐに全部が温かくなるのですごくいいです。」と女性がコメントされていました。テレビで紹介されたのは、「プチホカ2回用おやすみ羊」というもので、2つの袋に分かれています。1つが30分ほど発熱するので、通勤の行きと帰りに1つづつ使えるように工夫されていました。
URL : http://www.honyaradoh.com/

A 山型湯たんぽ

布団を支えて空間を広げる山型の湯たんぽ
寝ていると足が冷えてつらいという女性、湯たんぽは欠かせないといいますが、普通の湯たんぽでは足先までつかないので効果がありませんでした。そこで最近使い始めたのが、この変わった形の“山型湯たんぽ”です。足の大きさよりも少し高いので、足の裏全体が湯たんぽにぴったりつき、足の先まで温かくなります。また、湯たんぽが支えになるので、布団を重ねても足元が重くならないそうです。「こたつの中に足を入れているような感覚で、すごく温かいです。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.skater.co.jp

B 骨盤温泉ホットキュット

骨盤を暖めながら引き締めるという、座って使う湯たんぽ
手や足の冷えに悩んでいるという女性、ユニークな形の湯たんぽを愛用していました。この湯たんぽに座ると、お尻だけでなく全身が温かくなるそうです。骨盤を前後左右から包み込むような形に、秘密がありましたが、血管が多く通る骨盤の周辺を温めると、血行がよくなると言います。保温性の高い特殊な合成樹脂でできているので、お湯も冷めにくいようです。使用前と使用後の体温を比べていましたが、15分ほどで全身の体温が上昇し、20分経つと手の表面が6度上がって、36度以上になっていました。「腰から温めてくれるので、お腹から下、そして上へと温かさが来ます。これに座っているのはすごく心地がいいです。」と女性がコメントされていました。
URL : http://www.mydream.co.jp/

のどのイガイガや咳などの対策に便利なグッズ

2010年 11月29日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、料理をカメラで撮るだけでカロリー計算をしてくれるという新しいソフトのニュースがありました。大手通信会社と東京大学の研究グループなどが、カメラで撮影した料理の画像をもとに、自動的にカロリーを計算するソフトを共同で開発したそうです。来年1月から、スマートフォンの利用者に試験的に無料で提供されるそうですが、これならカロリー計算なんて面倒なことをしなくてすむので、私も利用したいと思っています。使い方は、カロリーを調べたい料理をカメラで撮るだけ。ソフトに登録されている10万件以上の料理データと、撮影した画像を照らし合わせ、色や形などから似た料理を探し出してカロリーが表示されるそうです。また、表示されたカロリーが高いと運動を勧めてくれたり、次の食事の摂取カロリーを教えてくれたりするそうです。ただ、まだ課題が残されていて、普通盛りと大盛りの区別がつかなかったり、幕の内弁当などさまざまな具材が入っている料理はうまく計算できないそうです。でも、簡単にカロリー計算できるので、ダイエットやメタボ対策などの健康管理に大いに役立ちそうですね。

さて、今朝のまちかど情報室は「のどのイガイガ和らげます」というテーマで、空気が乾いてくると、のどがイガイガしたり、咳が気になったりしますが、そんな不快な感じを和らいでくれるグッズの紹介でした。

@ ポケット吸入器 EW-KA30

うるおいミストでのどケア!電池式でハンディタイプの吸入器
室内では、いつも加湿器を使ってのどの乾燥を防いでいるという女性、外出中は飴をなめたり、水分を小まめにとったりしているのですが、水を飲んでも、のどの奥がイガイガするのが悩みでした。そこで使い始めたのが、電池で動く小型の吸入器でした。スイッチオンで細かい霧が出てきて、のどの奥まで潤すことができるといいます。水を飲むと水分は食道に流れ、のどの上の部分は潤いますが、のどの下の気管までは届きません。でもこの吸入器を使えば、細かい霧が気管入り口の粘膜にも届くので、のどのイガイガも気にならなくなるという訳です。水を入れるタンクは、取り外して給水でき、10分ほど使えるそうです。「いつでもどこでも使えて、のどのイガイガもすぐになくなって、すっきりしてとても快適です。」と女性がコメントされていました。
URL : http://panasonic.jp/

A 自然気化式加湿器 lovepot(ラブポット)

電気不要!おしゃれでエコ!インテリアになる気化式の加湿器
家の中で手軽に持ち運ぶことができる加湿器を探していたと言う女性が使っていたのが、お洒落な鉢植えのような自然気化式加湿器でした。付属のポットに水を注ぎ、ハート型のティッシュボールを差し込むだけで電気も不要です。水を吸いやすい不織布でできていて、その水が蒸発して加湿します。表面の細かなヒダに特徴がありますが、コンパクトなままで表面積を広くし、より蒸発しやすくなるよう工夫されていました。枕元に置くと、周囲の湿度はおよそ50パーセントに保たれるそうです。「電気代もかからないし、音もしないのですごく静かで助かります。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.beseto.co.jp/

B パジャマル 口もとまで覆うパジャマ
お問い合わせ : 有限会社セルフセキュリティ  URL : http://pajamaru.com/

寝ている間にのどが乾燥してつらいという女性、これまではマスクをして寝ていたそうですが、息苦しさが気になっていたといいます。そこで使い始めたのが、大きな衿で口元を覆って、吐く息で乾燥を防げるというパジャマでした。衿に芯を入れて型崩れしないようになっていて、適度なすき間ができて顔に密着しないそうです。寝返りしても簡単にずれることもないそうです。「えりが落っこちるかなと思ったんですが、本当に落ちないです。保湿があるためか、のどのイガイガ、カリカリがなくなりました。」と女性がコメントされていました。

このパジャマ、横浜市の70歳代の女性が考案されましたが、ご夫婦で使ってみたところ、保湿だけでなく首の周りの保温にもなるので、風邪を引きにくくなったそうです。

私は寒いとフリースのネックウォーマーをして寝ますが、このパジャマ“パジャマル”ならつながっているので、肩も冷えず暖かそうで、とてもいいと思いました。

手足や腰など冷えやすいところを温めてくれるグッズ

2010年 11月26日(金)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、東京台東区の商店街で、街おこしのイベントとして今日から始まる“あしたのジョーのふるさと祭り”についてのニュースがありました。
あしたのジョーのふるさと祭り :2010年11月26日(金)、27日(土)、28日(日)
開催場所:いろは会商店街 台東区日本堤
あしたのジョーは、昭和40年代に漫画雑誌に連載されたボクシングアニメの名作ですが、東京台東区の山谷地域が舞台となったそうです。“泪橋”も、ここからすぐ近くに実際にかかっていた橋だそうです。祭りでは、特設リングで子供向けのボクシング教室も開かれます。また、来年公開される実写映画の撮影に使われた、サンドバッグ、シューズ、グローブなどの展示もされています。アニメ「あしたのジョー」の主題歌を歌われた尾藤イサオさんのミニライブもあるようです。あしたのジョーのふるさと祭りは、倒されても倒されても立ち上がろうとするジョーの姿を重ね合わせて、商店街に活気を取り戻そうとの願いで今年初めて開催されるお祭りです。公式サイト : http://joe-furusato.info/furusato_index.html


さて、今朝のまちかど情報室は「外でもぽかぽか温まります」というテーマで、2010年 10月27日(水)の再放送で、たくさんの問い合わせのあった「手足や腰などを温めてくれるグッズ」の紹介でした。

詳しい商品説明は、2010年 10月27日(水)の「外でも、手足や腰など体を温めてくれるグッズ」をご覧ください。>>http://machikadojoho.sblo.jp/article/41506792.html

@ 充電式ウエストウォーマー

40度前後の温度に保ってくれる、男女兼用の充電式の腹巻き
お問い合わせ : 三洋電機株式会社 モバイルエナジーカンパニー 市販統括部
URL : http://jp.sanyo.com/eneloop/
詳しい商品説明は、2010年 10月27日(水)の「外でも、手足や腰など体を温めてくれるグッズ」をご覧ください。

Aマリ・クレール フォーラム198 吸湿発熱ほかほかフット

湿気で発熱する中敷きで、足元ホカホカのシューズ
お問い合わせ : 株式会社アキレス  URL : http://www.achilles-shoes.com/
詳しい商品説明は、2010年 10月27日(水)の「外でも、手足や腰など体を温めてくれるグッズ」をご覧ください。

BETIP GLOVE(Eチップグローブ)

装着したままスマートフォンなどのタッチパネルの画面操作ができる手袋
お問い合わせ : ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
URL : http://www.goldwin.co.jp/
詳しい商品説明は、2010年 10月27日(水)の「外でも、手足や腰など体を温めてくれるグッズ」をご覧ください。

洗濯物や洋服の収納に便利な、引っ掛けて使うグッズ

2010年 11月25日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、遺骨を樹木の周りに埋葬するという、樹木葬墓地のニュースがありました。樹木葬墓地とは、自治体が墓地として許可した場所で、遺骨を樹木の周りや芝生の下に共同で埋葬する墓地のことですが、私は今回初めて聞きました。東京都では、都心に8箇所ある都立霊園がほぼ一杯になっているため、共同で使用できる樹木葬墓地を、来年度多摩地区の小平霊園に整備するそうです。樹木葬墓地は、各地にも増えているそうですが、東洋大学の井上治代教授によると、現在国内では20箇所余あるそうです。自治体が整備するケースは横浜市に続いて東京都が2例目だそうです。ちょっとイメージがわいてきませんが、お墓参りの様子が一変しそうですね。>>樹木葬和尚の自然再生

さて、今朝のまちかど情報室は「引っ掛けて便利に使う」というテーマで、洗濯物を干すときや、洋服を収納するときに役立つ、引っ掛けると便利なグッズの紹介でした。

@ 腰ラク洗濯カゴフック

かがまなくてもいいから腰がラク!洗濯カゴを物干し竿に吊り下げるフック
腰の痛みや、しゃがんで立つときがしんどいため、洗濯物を干すのが大変だと言う女性。そこで使い始めたものが、洗濯物を入れたかごを腰の高さにぶら下げるためのグッズでした。使いかたは、ピンク色のフックを輪になった紐の間に通し、カゴをひっかけるだけでした。腰を曲げずに取りやすくなったので、洗濯物を干すのが楽になったそうです。紐には、はしごのように棒が付いているので、ねじれにくくなっていました。引っ掛ける部分にも工夫があって、カゴの持ち手をロープに巻き込むように固定することができるので、上下からしっかり押さえるため、カゴが傾いたりすることがないのだそうです。「洗濯干したり取り入れたりするのが楽です。腰も楽になった。」と女性がコメントされていました。この“腰ラク洗濯カゴフック”は、大阪の50代の男性が考えたアイディア製品でした。近所のお年寄りが、腰を屈めてつらそうに洗濯物を干しているのを見て思いついたのだそうです。URL : http://www.aisen.co.jp/

A パーカーハンガー

乾きにくいフード部分を広げて干すことができる、パーカー用の洗濯ハンガー
お子さんが3人いて、多い日には1日2回洗濯をするという女性、パーカーを干すときにはフードが乾きにくくて困っていました。フードと背中辺りの布が重なってしまう部分は、なかなか乾きません。そこで使い始めたのが、フードを引っ掛けて干せるハンガーでした。フードはクリップで留めるので、落ちる心配はありません、襟元もしっかり乾きます。さらに、ハンガーを引っ張ると幅が広がるので、袖が持ち上がって、脇の下も乾きやすくなります。風通しがよくなって、乾きも早くなるのですね。「乾きやすくていいと思います。レインコートなどもフードが付いているので干しやすいです。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.rakuten.ne.jp/gold/aichaku/

B おまとめハンガーカバー

もらった細いハンガーを、数本まとめて使う便利なカバー
余っているハンガーを何とか活用できないかと考えていたという女性。クリーニング店でもらうハンガーは細くて、厚手のものがかけにくいです。そこで使っているのが“おまとめハンガーカバー”でした。細いハンガーを何本もまとめて一つのハンガーとして使うためのカバーです。大きさの違うハンガーをゴムでしっかり押さえていましたが、幅が出来て厚みもでてきました。これで、ジャケットなど型崩れしやすい洋服をかけることができるようになりました。フェルトで作られているので、服が落ちにくいのだそうです。内側には防虫剤などを入れるポケットも付いています。「使っていないハンガーを一まとめにし、クローゼットの中もスッキリしてよかった。」と女性がコメントされていました。デザインがとっても可愛いこの“おまとめハンガーカバー”は、神奈川の主婦のアイデアで生まれたそうです。URL :http://www.hanger-net.co.jp/top.html


ちょっとした時間で、手軽にエクササイズできるアイデアグッズ

2010年 11月24日(水)

今朝のNHKニュースおはよう日本「Check!エンターテインメント」は、来月4日から公開される「武士の家計簿」の森田芳光監督のインタビューでした。武士の家計簿は時代劇ですが、主役は刀ではなくそろばんです。激動の幕末、藩の経理係をしていた猪山直之(堺雅人さん)は、妻のお駒(仲間由紀恵さん)から、家計が火の車だと伝えられます。そこで家計立て直しを宣言し、売れるものはを売り払って家族全員で質素倹約。知恵と工夫で日々を乗り越え、武士のつつましい暮らしを明るく描いた作品です。どんな困難に合おうとも、家族でしっかりと支えあい生き抜いていく姿は、苦境に立たされている現代の私たちへ、強く賢く生きるヒントを与えてくれるような気がしました。「貧乏と思えば暗くなりますが、工夫だと思えば楽しくなります」と言うお駒の言葉が、胸にジーンときました。派手なアクションシーンはないですが、家族の心のつながりを描いた温かい映画でした。武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

さて、今朝のまちかど情報室は「もっと手軽にエクササイズ」というテーマで、運動しなくてはと分かっていてもなかなか出来ないものですが、日常生活の中でちょっとした時間を使って運動できるグッズを紹介していました。

@ カロリーウォークプラス

履いているだけでエクササイズになりシェイプアップできるオシャレな靴
会社員の女性、運動不足解消のため通勤に履き始めた靴が、このカロリーウォークプラスです。若い女性が好きそうなおしゃれな靴でした。でもこの靴、運動効果が高いそうです。秘密は、特殊な低反発の素材で作られている靴底のオレンジ色の部分にありました。スニーカーなどに使われている一般的な素材と、この靴の反発力を比べていましたが、一般的な素材はよく反撥していましたが、この低反発の素材はあまり反撥しませんでした。砂浜を歩くときのように、足を蹴り出したときの力が吸収されるので、足に負荷がかかるのだそうです。メーカーによると、お尻や太腿、ふくらはぎに筋肉が付いてひきしまるのだそうです。可愛らしくて素敵なこの靴のデザインは全部で5種類ありました。「毎日運動しつつ、おしゃれも楽しめ、無理せず続けられるようになりました。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.calorywalk-plus.com

A 骨盤エクササイズクッション プシュット

座って、骨盤周りの筋肉を正しい状態に整える、骨盤エクササイズクッション
今年3月に出産したという女性、子育ての合間をみつけて、このクッションで運動をしているそうです。座ったままでゆらゆら揺れていましたが、それがエクササイズだったんです。クッションの中は二つの袋に分かれていて、細いチューブでつながっていて、そこを空気が左右に行き来するするよう、お尻を片側ずつ持ち上げるのだそうです。骨盤が上下に動くことで、腰の周りの筋肉がほぐれ、腰痛などを予防する効果が期待できるといいます。「普段動かさないところが動いていると思います。手軽に簡単にいつでもできるというところが魅力的だと思います。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.mizuno.co.jp/

B VIVA HURA ビバフラ

ビバフラは、フラフープのようにエクササイズできる器具です。フラフープは、シェイプアップに良いと根強い人気ですよね。でも広いスペースが必要です。そこで、ダンスなど、体を動かすことが好きだと言う女性、部屋の中で手軽にフラフープをしたいと思い使い始めました。ベルトに車輪が取り付けられていて、腰を回すとその赤い軸を通って車輪に伝わり回る仕組みとなっていて、車輪を回し続けることでフラフープと同じように、お腹周りの筋肉が鍛えられのだそうです。「短い時間でも、脂肪が燃えるのが分かり、お腹の周りが熱くなります。全身使うのがいいところだと思います。」と女性がコメントされていました。このフラフープと同じような動きができるという“ビバフラ”は、韓国で開発されたそうです。メーカーによると、激しい運動なので1日5分程度から始めて、徐々に慣らしていって欲しいということでした。また、腰痛の方は使用しないようにとのことです。URL : http://www.s-circle.co.jp/

冬桜と紅葉が今見ごろの桜山公園

2010年 11月23日 火 (勤労感謝の日)

今日は勤労感謝の日で祝日です。
まちかど情報室もお休みでした。
昨日が11月22日でいい夫婦の日なら、今日は11月23日いい夫妻の日だとか?

ご夫妻でお出かけの方も多いと思いますが、昨日のNHKニュースおはよう日本で、群馬県藤岡市の冬桜のニュースがあり、是非一度見てみたいなぁと思いました。

秋も深まり、この季節に見ごろを迎えるという冬桜。
毎年11月〜12月のこの時期に満開となります。
年に2度花を咲かせますが、4月頃に咲く春の桜より、この季節の冬の桜の方がより多くの花を咲かせるそうです。

およそ7000本の冬桜が今まさに見ごろとなっているのは、群馬県藤岡市にある桜山公園です。
桜山公園では、冬桜と紅葉が同時に楽しめるというのが特徴で、紅葉と桜を見に多くの観光客が、晩秋の花見を楽しんでいました。
日が暮れると、ライトアップされて幻想的な光景が浮かび上がります。

今から102年前に村長が桜の苗を植えたのがはじまりで、その中に冬桜の苗も混じっていたそうです。
冬に咲く珍しい桜を増やし、桜山と呼ばれるようになったようです。
でも昭和48年の山火事でほとんどの桜が焼けてしまったそうです。
頂上に数本残っただけ・・・。

有志たちが桜を復活させようと植林活動を行ったそうです。
蜂の襲撃にあったりして、大変苦労をされて現在の桜山公園が復活しました。

また桜を守るため、地元の人たちが桜の苗を育て続けているそうです。

地元の人たちに支えられ、守られ、大切に育てられた冬桜。
可憐な花をみごとに咲き誇らせていました。

冬桜の見ごろは、来月中旬までで、12月1日には、桜山まつりが開催されます。
桜山公園のライトアップは、12月12日までとのことでした。



>>藤岡市観光ガイド 桜山公園

素早く足元を温めてくれるグッズ

2010年 11月22日(月)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、三重県伊勢市の夫婦岩で行われた、愛を叫ぶイベントを紹介していました。今日11月22日は、語呂合わせで「いい夫婦の日」です。三重県伊勢市の夫婦岩は、大小2つの岩が並び、夫婦円満の象徴として観光名所になっています。その夫婦岩に向かって、夫婦や家族らが互いを思う気持ちを叫ぶ催しが昨日開かれました。12組の夫婦や親子連れが、大きな声で互いの思いを叫んでいました。参加された若いカップル、「普段言えない気持ちが言えたのでよかった」と女性がコメントされていました。ストレートな愛の言葉、羨ましかったですね。見物客も大勢訪れていて、思いを叫んだ人に大きな拍手を送っていました。

さて、今朝のまちかど情報室は「足もとポカポカに」というテーマで、仕事中や夜寝るときなど、ちょっと寒いなと思ったら、素早く足元を温めてくれるというグッズの紹介でした。

@ あんよのこたつ

ヒーターが張り巡らせてあるので、電気で温かくなる靴下
美容師の女性、仕事中足元が冷えて、靴下を重ねばきしても温かくならず辛かったそうです。
そこであんよのこたつという靴下を使い始めました。一見普通の靴下ですが、実はコードが付いていて、充電式のバッテリーがつながっていました。電気で発熱する靴下だったのです。スイッチを入れると、初めは25度だった靴下の温度が、およそ2分で32度まで上昇しました。足の裏に縫いこまれた炭素繊維の束に秘密がありました。髪の毛のような黒くて長いものですが、電気を通すと発熱する性質を持っているそうです。細くて柔軟性があるため、履き心地に影響はないということでした。靴下の温度は45度、35度、28度と3段階に調節できるそうです。「仕事しながらでも着用でき、短時間で足もとが温ったまるのが気に入ってます。」と女性がコメントされていました。この靴下、28度で使用すると、1回の充電でおよそ9時間使えるそうです。手洗いで洗濯ができますが、メーカによると、コードの接続部分をよく乾かして使って欲しいということでした。URL : http://www.kumagai-dk.jp

A HOTBODY 足布団

電気不要!60秒で温かくなる足を温めるための布団
寝るときに足の冷えが気になるという女性、これまでは湯たんぽや毛布で足を温めていました。でも、寝ている間にずれてしまうことがよくあったと言います。そこでこの“HOTBODY足布団”という、ゴムで固定できる足用の布団を使い始めました。袋状になっているところに足を入れると、すぐ暖かくなるそうです。何層にも重なった布団の構造に秘密がありました。中心には熱を多く蓄えやすいように加工された綿があり、それを保温性のある特殊なポリエチレンシートで挟んでいました。そのため熱が外に逃げず、体温だけで温かくなるそうです。「布団のどこに足を置いても温い感じを味わえるところがいいです。」と女性がコメントされていました。URL : http://www.ishiken-web.co.jp/

B マイコン制御フットヒーター

20秒で足元ポカポカ!コンパクトな省エネヒーター
オフィスで足元だけ寒いことってありますよね。そんなときに便利なのが・・・と言って、吾妻アナウンサーが机の足元で使っていたのが、厚さ3センチのコンパクトな足用の暖房器具“マイコン制御フットヒーター”でした。トースターなどにも使われているヒーターが内蔵されていて、短時間で温かくなるそうです。かがむのが大変だというお年寄りでも使いやすいように、スイッチが大きめに作られているので、座ったままでも屈まずに足で楽に操作できます。さらに、中央部分にセンサーがついているので、30分間動きを感知しないと自動的に電源が切れるそうです。消し忘れの心配がないので安心して使えますね。「あったかいと、仕事に集中できます。」と吾妻アナウンサーがコメントされていました。URL : http://www.metro-co.com

私も会社では机の下にヒーターを入れていますが、ついついスイッチを消し忘れてしまい、あわてて会社に戻って消すという事が何度もありました。これなら消し忘れでも自動的に電源OFFしてくれるので、おっちょこちょいの私向きの暖房器具だなぁと思いました。

ハリー・ポッターのクィディッチW杯

2010年 11月21日(日)

NHKニュースおはよう日本の毎週金曜日にニューヨークから島津有理子アナウンサーが放送している「NYスタイル」では、先日行われたクィディッチ大会の熱狂ぶりを紹介していました。

クィディッチとは、J・K・ローリングの小説で、世界中で大人気のハリー・ポッターシリーズに登場するファンタジースポーツです。
>>ハリー・ポッター クィディッチ ワールドカップ[10P12nov10]

映画「ハリー・ポッター」シリーズの最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1が11月19日に公開となりましたが、ちょうど金曜日が映画の公開日ということもあり、NYスタイルもハリー・ポッターにちなんだ放送でした。

クィディッチとは、魔法のほうきにまたがって空を飛び、ボールを追いかけて得点するという球技ですが、それを現実の世界でも楽しもうと考えた人がいました。
国際クィディッチ協会のアレックさんです。試しに友達とプレーしたら楽しかったと仰っていました。現在700校でクィディッチ愛好者がいるそうです。
「クィディッチW杯」は、2005年に米バーモント州ミドルバリー大学開催された大会がきっかけとなり始まったようです。

第4回目の「クィディッチW杯」は、2010年11月13日に行われましたが、優勝したのは発案した大学、ミドルバリー大学でした。

人間の世界でのクィディッチは、ほうきを股に挟み、片時もはずしてはいけないというのがルールでした。
島津有理子アナウンサーもクィディッチ参加されましたが、片手でほうきを持ち、片手でボールを操るのはかなり難しそうでした。
でも、ほうきを持って走っているだけで楽しいとコメントされていました。

島津有理子アナウンサー、こんなマントを着て、丸いめがねをかけてハリー・ポッターに扮していましたが、とってもよく似合っていました。


得点方法は2通りあり、ボールをゴールのリンクに入れると10点獲得できます。
ボールは持って走っても、蹴ってもなんでもいいそうです。

そしてもう一つの得点方法は、ハリー・ポッターでは金色のボールがスニッチでしたが、
人間の世界のスニッチは、黄色いシャツを着た人が、赤い尻尾をぶら下げていましたが、その尻尾がスニッチで、スニッチを取ると30点獲得できます。

ラグビーや、鬼ごっこ、ドッチボールなどを掛け合わせたようなもので、かなりハードで遊びを越えたスポーツとなっていました。

ニューヨークマンハッタンで13日、第4回「クィディッチW杯」が開催されましたが、46校から700人もの愛好家が参加したそうです。
優勝したミドルバリー大学の女性、最初は12人のみで始まったスポーツだったのが大会までできるようになり、しかも優勝。とても嬉しそうでした。

遊びを超えてスポーツとして真剣に取り組んでいるクィディッチ、日本でもプレーしている人、いるかもしれませんね。








 

大切な気持ちを伝える後押しをしてくれるサービス

2010年 11月20日(土)

NHKニュースおはよう日本で、高崎の干支だるまのニュースがありました。群馬県高崎市は日本一の達磨の産地ですが、工房では、来年の干支のうさぎの模様をあしらった達磨を製作していました。高崎だるまの若手職人が、達磨のPRのため、3年前から年末年始は干支の模様をデザインした達磨を作ってきましたが、今年からは「高崎の干支だるま」として、デザインを統一して販売することになったそうです。高さ10cmのだるまに、うさぎの耳や好物のニンジンなどが丁寧に描かれた可愛らしい達磨でした。>>http://takasaki.keizai.biz/photoflash/1244/
こちらの干支だるまは、高崎市のだるま屋さんと共同でデザインした、遊中川のオリジナル干支だるまです。


2010年 11月19日(金)
さて、まちかど情報室は、「大切な気持ち伝えたい」というテーマで、恋人同士や夫婦間で、ふだん言いたくても恥ずかしくてなかなか言えないとか、言わなくてはいけない時のために、大切な気持ちを伝える後押しをしてくれるグッズやサービスの紹介でした。

@ メッセージクッションミニハート

温めるとメッセージがが浮かび上がる、不思議なクッション
結婚して7年になるというご夫妻ですが、ご主人は感謝の気持ちを伝えたい時は、ちょっとしたプレゼントを渡していたそうです。今回は、ピンクのハート型のクッションでしたが、手で触っていると「スキです」という文字が浮かび上がってきました。温度が32度以上になると色が変わる特殊な染料が使われていましたが、大体手のひらと同じ温度なのだそうです。クッションは、ピンクから白に変わりメッセージが浮かび上がるという仕組みですが、メッセージは「おつかれさま」「ありがとう」「スキです」という3種類から選べます。奥様、「あんまり面と向かって言われない言葉なので、新鮮でうれしかったです。」と喜んでいらっしゃいました。裏側にカイロやポケットティッシュなどを入れるためのポケットが付いていますので、これからの季節、やさしい言葉のつまったクッションいつも使っていたいですね。冬はポカポカ、夏でもさらさらに感じられる特殊繊維が使われているそうです。URL : http://www.rakuten.ne.jp/gold/harikoinu/         

A パーソナルスタイリスト スタイリストが同行するサービス
お問い合わせ : 株式会社ルックアップ  URL : http://www.lookup-fun.jp/

大学院生の男性、交際して2年半になる彼女から、もう少しおしゃれをして欲しいといつも言われているそうです。でも、3年間自分で服を買っていないそうで、ワードローブの中には数枚しか服が入っていませんし、「外に行くときにもレパートリーがない」と悩みました。そこで利用したのが、プロのスタイリストが買い物に同行して一番似合う服を選んでくれるというサービスです。今回担当してくれたのは、有名な俳優などの衣装を手がけているというスタイリストの横田和信さんでした。料金は、全身をコーディネートして洋服代以外に1回3万円程だそうです。彼女のためにと思いきって挑戦したファッションは、アクセサリーなどの小物もきいていて、素敵でおしゃれでとても似合っていました。彼女にも好評だったそうで、「自分でもびっくりしました。満足しています。」とコメントされていました。
女性なら、たぶん3万円もあれば雑誌などを買って自分でコーディネイトすると思いますが、自分に似合う服をプロが選んでくれるというサービス、自分の気付かなかった意外な面を引き出してくれそうですね。

スタイリストは憧れの職業でした。こんな本が昔あったら・・・。スタイリストの鉄則

B マジシャン・メニュー マジシャンが演出するサービス
お問い合わせ : 有限会社アニバーサリープランニング  URL : http://anipla.jp

茨城と神奈川に住む交際して4年になるというカップル。男性は、彼女と一緒に暮らしたいと思っているのですが、なかなか言い出すきっかけがつかめませんでした。そこで、マジシャンに手伝ってもらうことにしました。男性がマジシャンの持っている丸めた紙?のようなものに火をつけると、炎の中から出てきたのは、彼女へのプレゼント、鍵でした。男性は、「もうすぐ4年になるけど、これからは神奈川に来て一緒に暮らしてください」と言うことができ、その鍵を手渡しました。

このサービスを考えたのは、イベントの企画会社です。他にもハトやトランプを使ったマジックで、大切な告白を後押ししてくれるといいますが、料金は1回3万円前後だそうです。
女性は、「うれしいです。あんまりサプライズとかしてくれる人じゃなないから。」と涙ぐんで感激されていました。男性曰く、「毎回タイミングが悪くて。今回は大成功です。」と大満足の様子でした。

告白された女性、マジシャンの取材と伝えられていたので、男性の気持ちを聞いたのは、このときが初めてだったそうです。それであんなにも驚いていたんですね。
女性への大切な気持ちが伝わった瞬間、見ていた私もやったね!と嬉しく思いました。

ワインが楽しくおいしく飲める便利グッズ

2010年 11月18日(木)

今朝のNHKニュースおはよう日本で、午前0時に解禁となったボージョレ・ヌーボーの販売店の様子を放送していました。ボージョレ・ヌーボーは、今年収穫されたブドウで作るフランス産のワインの新酒ですが、毎年11月の第3木曜日と販売日が決められていて、今年は今日、11月18日が解禁日です。日付が変わると待ちかねた人々が次々と買っていて、深夜0時にもかかわらず、大勢の人で賑わっていました。今年の特徴としては、消費者の節約志向に備え、500円のワンコインで買えるものが出ていました。ペットボトル入りで375ミリリットルのワインでした。輸入もののボージョレ・ヌーボーばかりに注目がいきますが、私もブドウの産地に住んでいますので、国産の新酒ワインもオススメしたいですね。


さて、今朝のまちかど情報室は「ワイン楽しくおいしく」というテーマで、ボージョレ・ヌーボー解禁日にさっそくワインの話題でした。ワインが楽しくおいしく飲める便利なグッズの紹介でした。

@ コルクポップスレガシー

ワンプッシュ1秒で、コルクが簡単に抜けるワンオープナー
ワインを開ける時、コルクがうまく抜けないことがありますが、コルクポップスレガシーならあっという間にコルクを抜くことができます。吾妻アナウンサーも使いましたが、一瞬で開きました。尖った針をコルクに刺してボトルの中に押し込んで使いますが、その針に秘密がありました。針の先端に穴が開いていて、ボトルの中にガスを入れ、その圧力でコルクを押し出すという仕組みでした。このガスには、味には影響がないものを使っているそうです。またホイルを切るための4つのローラー型カッターも付いているので、これ一つでワインが開封できます。「ほんとに早いですよね」と言いながら、吾妻アナウンサーが楽しそうにもコルクを開けていました。アメリカのメーカーが開発したものですが、力を入れずにコルクが簡単に抜けるので、女性やお年寄りに人気となっているそうです。ガスのカートリッジ1本で、80本抜けるとのことでした。
URL : http://www.m-share.com/

A ワインブラー フリーカップ

機能性と遊び心が詰まった、まわるワイングラス
グラスを揺らすとワインが空気に触れ香りが立つといいますが、ワインブラーはそれを見た目でも楽しんでしまおうというワイングラスです。友人とワインを飲むのが好きだという女性、最近愛用しているグラスは、テーブルの上でなんと斜めに傾いていました。軽く指で押すだけで、自然と回転するグラスで、動きのヒントになったのはコマだそうです。江戸時代の製法を受け継ぐガラス工房で一つ一つ手作りされていました。グラスの底に厚みを持たせて、重くすることで傾けても倒れにくいように工夫されています。付属の台座に立てておくこともできて、お洒落な感じのグラスです。「ちょっと押すだけで自分で回ってくれて、香りを楽しんで気軽にワインを楽しめるかなという感じです。」と女性がコメントされていました。このグラスは、江戸ガラスという伝統工芸の技術を持った工房で作られています。実はここの社長さんが大のワイン好きだということで、もっと気軽にワインを楽しんで欲しいと、こうしたユニークなグラスを思いついたそうです。
URL : http://www.tajimaglass.com/

B ワイン オートフレッシュ

ボトル内の空気を自動で抜いてワインを保管する、電動ワイン保存器具
一度にワインを飲みきれなかったときに便利です。
ワインが好きで毎晩少しずつ楽しんでいるというご夫妻ですが、「空気に触れて酸化すると、すっぱく香りがなくなってしまう。」と気になっていました。そこで使い始めたのが、ワインオートフレッシュというこの器具。ボトルの注ぎ口に取り付けると、電動で中にたまった空気を吸い出して、ワインの酸化を防いでくれる器具です。器具には空気圧の変化を感知するセンサーが付いていて、ボトルに空気が入ってしまっても大丈夫ということで、実験でボトルに小さな穴をあけ空気が入る状態を作ってみました。すると、スイッチが入って、自動で空気が抜けました。ご主人、「自分の感覚じゃなくて、機械がちゃんと確実にやってくれているところが非常に安心です。」とコメントされていました。URL : http://www.globalwine.co.jp/
鈴木奈穂子アナウンサーが、ちょっとだけ飲みたい人や、赤・白・ロゼとかいろんな種類を飲みたい人にとっても便利ですねと仰っていました。

我が家もワインが大好きで、信州産の美味しいワインを一升瓶で買ってきて飲んでいます。このワインオートフレッシュならいつまでも美味しいままで飲めるので、あると重宝しますね。

井筒ワイン 赤 2010年1.8L 無添加 新酒予約



Ferretアクセス解析